チュートリアル/建築

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

Minecraftの初心者にとっては、食料の確保とモンスターから身を守ることは意外と大変なことです。

夜の間に自分の大切なアイテムや命を守るためにも、建築をして保護することは必要不可欠なことです。

基本的な家[編集 | ソースを編集]

一概に「家」といっても、3×3の小さな家からお城のようなものまでいくらでも、どこまでもつくることができます。材料も素材も思うがままに自分だけのオリジナルの家を建築することができます。

その中でもこの節では超基本的な、かんたんな家を紹介します。

四角い家[編集 | ソースを編集]

四角い家は、可能な限り小さく、四角く作った家です。それはスタック(64個)の約半分でできる手軽なものである3×3×3で作ることができます。ベッドかまど作業台チェストを置くスペースくらいはあります。見た目は良くないとは言え、モンスターから身を守ったり、自分の貴重なアイテムを守ったりするには十分です。ずっと自分でアイテムを持っているのではなく、定期的に大切なアイテムはこの家のチェストに入れておいておきましょう。

要塞[編集 | ソースを編集]

永久的な基地を作成する場合は、これが最良の選択です。これは、クモを締め出すためにネズミ返しを備えた大きな要塞化された壁や、濡れた・乾いた堀(任意)で構成されている。これは家全体を取り囲みます。これは、農場、家や持っている他の建物も意味する。また、破壊された場合に備えて、城のように内部に二次要塞を建設することもできます(以下の話題を参照)。さらに、壁の各角に監視塔を構築したいと思うでしょう。これは、Mobから壁をきれいに保つのを助けるためです。可能であれば、これらの塔は、はっきりと見て、壁に対して何かを撃つことができるように、角から突き出る必要があります。そして、次に壁の全長のため、または2つの塔の間の半分の地点に最小限なものを置くことでさらに良く行うことができます。この種類の建物は、大量のアイテムを持つプレーヤーにお勧めします。

[編集 | ソースを編集]

本質的に、(想像上の)狙撃兵と大砲を含む戦闘を持っている以外で、城と立方体の大きな違いの1つは、城の方が実際に良く見えることになっているということです。見栄えを良くするために、立方体を伸ばし、ブロックや階段を 2 ブロックごとに追加します。

丸石は、任意のブロックに置き換えることができます。

丸石、木材、またはその両方を使用して、城のすべての4つの側面にこれを構築しましょう!

サバイバルモードの城の構築の例:

地上バンカー[編集 | ソースを編集]

半埋めの構造は、地上発射港として窓を減らせるという地下避難所の利便性を持っています。

また、鉄のドアやトラップドアは、大群を締め出すときに良い選択です、またはさらに良いものは複数のピルボックスやベースに接続したトンネルの地下システムです。

自立構造[編集 | ソースを編集]

平らな土地に建てられ、完全に開いている基本的な家です。これらの家は見つけやすく、複数の階がある場合もある。平均して、これらの家は2〜約10スタックの材料を使用します。

地下の家[編集 | ソースを編集]

家を建てる代わりに、Minecraftが提供するものを使用しましょう、洞窟やその他の自然に生成された構造に家を建てるようにしてください。これでは最小限の資源で済みますが、ツルハシには非常に多くの費用がかかる可能性があります。この家は見つけることが難しいので、大きい目印を立てることをお勧めします。

差し掛け小屋[編集 | ソースを編集]

一部の独立した家、および一部の洞窟である家です。両方の世界の理想的な組み合わせです。ツルハシで、地下に多くの部屋を作りながら、母屋のための材料を収集することができます。

スペースニードル[編集 | ソースを編集]

これらの家は基本的に狂気の高さに至ることが大きなポイントです。これは優れた景色を提供し、特に下の何層かが黒曜石で作られている場合は、非常にクリーパーへの耐性があります。しかし、これは非常に拡大しにくく、非常に大量の材料を費やしており、むしろ単調です。エレベーターを構築するなど、できれば双方向設計が可能で、第3の問題は解決します。

間借り[編集 | ソースを編集]

NPC村を見つけたら、村人の家に家を作ることができます!これらはすでに使用する準備ができて生成された家であり、拡張はいくつかの予備材料の助けを借りて行うことができます。ピースフルモードでない場合は、ゾンビの侵略を引き起こす可能性があることに注意してください。

シンプルな額縁の建物[編集 | ソースを編集]

シンプルで見栄えのいい家は、正方形または長方形に配置された4~5ブロックの高さの柱を作ることによって構築できます。これらの柱は丸石で作ることができます。丸石の針で上部を結合します。その後、木材で隙間を埋めます。また、窓を追加することもできます。屋根を作るには、上部を覆い、その上にピッチ状に木の階段を設置します。原木と白い色付き粘土(または羊毛)を使用すると、チューダーの家を作る代わりになります。

地下シェルター[編集 | ソースを編集]

これは、爆撃シェルターや核シェルターのように、地下・海の下にある隠れたタイプのタイプであり、非公開のシェルターを作ります。見つけるのが難しいかもしれないので、そこにあることを知らせるための目印を作成します。地上のシェルターよりも安全です。利点は1つです:誰も自分を見つけることができないため、保護されています。また、地雷があるポイントとしても使えます。デメリットは、窓がないので、実際にシェルターから出て外を見なければならないこと(または、外を見るために地面に穴を開けなければならないこと)と、拡張は全てつるはしを必要とするということです。また、穴を壊して溶岩や水があると動けなくなり、死ぬ可能性が高くなります。それかクリエイティブでやるとよい。

鋳造と成形[編集 | ソースを編集]

鋳造と成形は、他の方法とは少し異なります。造型の場合は、や他の安価で燃えない材料を使って、中空にしたいブロックをすべて埋めます。その後、溶岩で埋め、溶岩が沈むのを待ち、溶岩源ブロックを覆い、で覆い、最後に土を壊します。

鋳造とは、溶岩源のブロックを何層にも重ねて埋め、その上に水を注ぎ、黒曜石にすることを意味します。これは非常に難しい作業で、ミスをするとダイヤモンドのつるはしが必要で、水や溶岩を効果的に運ぶためには大量のバケツが必要で、溶岩を使った作業は危険であることは言うまでもありません。必要とされる大量の溶岩を入手するには、溶岩湖を見つけるか、ネザーに行くことをお勧めします。(続きは後ほど)

新しいものを求めるなら、木の上に溶岩を置いてみて、それが自分に合っていると思われるときだけ水を追加します。

ネザーの家[編集 | ソースを編集]

これは基本的にネザーで建てられた家であれば、どのような種類のものでもOKです。丸石などの耐爆風ブロックで作ることを強くお勧めします。

目印[編集 | ソースを編集]

山への目印[編集 | ソースを編集]

山の隣であれば、松明をいくつか置いておくのが簡単な目印になります。その上に溶岩を乗せてもいいですね。

銅像[編集 | ソースを編集]

像、特に大きな像は、特定の場所を示すのに使用することができます。

必要なもの:

  • 丸石または。それらは好ましい建築材料であるが、どんなブロック、例えば羊毛金ブロックも同様に使用することができる。
  • 任意でガラスブロックまたは板。
  • 看板。繰り返しになりますが、任意です。たくさんの像を建てたい場合は、どの像がどの像なのかを伝えるのに使うかもしれません。
  1. 像の土台を作ることから始めます。10×10は、行う必要があります。
  2. 作りたい形を作るためにブロックを配置します。クリーパーからスライム、胸像からフルサイズまで、彫像の作成に創造的になりましょう!
  3. 像に印をつけます。これも任意です。

光ビーコン[編集 | ソースを編集]

ビーコン/柱は、あなたの家/お気に入りの鉱山がある場所を示すために使用することができます。

必要なもの:

  • 松明×4、溶岩バケツ、グロウストーン×5、ガラス×4。
  • 沢山の砂や土など。
  • 水バケツ×2。
  • 調理した豚肉(任意ですがダメージを受けた場合に備えて。ピースフルでは不要です)
  1. 3ブロックの深さの水たまりを作ることから始めます(柱から2ブロック離れていることを確認してください)。
  2. 土・砂などを使って、「柱跳び」を使って、継続的に雲の高さまで柱を作っていきます。これで柱ができました。
  3. 次に照明です。まず4本の松明を一番上のブロックより1ブロック下に置き、一番上のブロックをグロウストーンに変えて、その周りに残りの4本の松明を置きます。4つのブロックの上にガラスを置き、真ん中に溶岩を置きます。
  4. その後、水の中にジャンプして(心配しないでください-水は落下ダメージを停止します)、すると光のビーコンができています。

ビーコンブロックを使うこともできますが、これらは作るのにお金がかかり、ゲームの序盤ではクラフトできません。

航海用の塔や灯台[編集 | ソースを編集]

航海用の塔と灯台は、海への旅行の後に家路を見つけるのに役立つように作成することができます。希望の高さの塔を作るにはブロックを何種類か少なくとも十分な量、光源、またその塔に登るのに十分なはしごが必要になります。

  1. 柱を作るために柱ジャンプの方法を使用することから始めて、それは丸石などのより安定した材料を使用することをお勧めします。この柱は、お好みの高さになるように建てましょう。周りにバルコニーを追加するのは自由ですが、登れる穴を残しておきましょう。必要に応じて、グロウストーン松明、またはレッドストーントーチを上部に追加することができますが、必要でなければ、これは後でもできます。
  2. 塔の側面から落ちます。落ちるときは、柱にくっつきながら、真下にはしごを置きます。被害の心配がない場合は、単純に落ちて、上に登りながらはしごを置くという方法もありますが、その場合は、上に登りながらはしごを置くことで、上に到達することができます。近くに水がある場合は、より深い水の中に飛び込むのがおすすめです。
  3. これで柱に簡単に行けるできるようになるはずです。すでにそうしていない場合は、上部に何種類か光源(何個か持っていればグロウストーンが望ましい)を配置します。
  4. 他にも、レッドストーントーチの点滅照明や、音符ブロックに取り付けられた時計など、任意で複雑にすることもできる。

溶岩柱[編集 | ソースを編集]

もう一つの便利な目印の道具は溶岩柱です。灯台よりも少し高価ですが、昼でも夜でも簡単に見つけることができます。構築するには、溶岩バケツ1つと、希望の高さの柱を1つ構築するのに十分な材料が必要です。

  1. 地面に3×3×1の正方形を掘ります。正方形の側面が壁になっていることを確認してください。
  2. 格子の右外側(中央から2ブロック離れた場所)に柱を建てます。これは、砂のような弱く、できれば崩れやすい材料で作ります。
  3. 希望の高さに達したら、土台の中心部の真上に2ブロックの長い歩道を作ります。
  4. 柱に戻り、中央の上にあるブロックと柱の間にある連結ブロックを1つ破壊します。
  5. 柱から、できるだけ後ろに歩いて、中央のブロックの上に自分の溶岩を置きます。その後、外側の柱を破壊します。溶岩に触れると燃える可能性があるので注意してください。
  6. これで、柱の高さにまたがる3×3の溶岩の柱ができました。溶岩は、1で掘った3×3×3×1の穴に落ちるので、溶岩が外に流れ出てダメージを受けることはありません。それでも不安な場合は、柱の周りにガラスの壁を作ってみましょう。

燃えるネザーラックの山[編集 | ソースを編集]

燃えるネザーラックの山を積んで帰る方法もあります。丘や山の上にたくさんのネザーラックを積んで、全体に火をつけるだけです。

農場[編集 | ソースを編集]

農場は、比較的時間効率の良い方法で再生可能資源を手に入れる方法です。詳しくはアイテムMob農場のチュートリアルを参照してください。

鉱山と採掘[編集 | ソースを編集]

詳細はチュートリアル/採掘のページを参照してください。