We have begun migration of most wikis to our new host, Amazon Web Services. All but the top 100 wikis are in read-only mode until the migration is complete. Estimated completion: TBD -- Update: Fri 10/20 11pm UTC - We have encountered some unexpected issues. Our staff is working around the clock to complete this process as quickly as possible. Thank you for your patience.

Windows 10 Edition

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft: Windows 10 Edition
Mclogo.svg
製作

Mojang logo.svg Mojang AB
Microsoft studios

プラットフォーム

Windows 10.svg

開発言語

C++

最新バージョン

1.2.3

リリース日

Digital - Windows Store
2015年7月29日

レーティング

ESRB: E10+[1]
PEGI: 7+[2]
DEJUS: 10[3]

サイズ

79.02~79.97 MB

ライセンス

プロプライエタリソフトウェア

ソースコードの入手

不可能

リンク
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
Minecraft:Windows 10 Edition という名称は、ゲーム内では使用されていません。
最新の情報は Bedrock Edition のページをご覧ください。

Minecraft: Windows 10 Edition は、一般的な Windows 10 プラットフォーム上で実行するための特別な Minecraft Pocket Edition である[4][5]。なお、 この Edition は Pocket Edition と同様に、いくつかの追加要素や同じ機能が実装されており、また、HoloLens などのデバイスで実行することが可能となっている[6][7][8]

この Edition は2015年7月4日に発表され、ベータ版はキャンペーン価格として £7.69、US$9.99、€9.89、1,000円で発売されていた。これは Windows Store 上でのみ購入できる。また、Java Edition を既に購入している場合は無料で Windows 10 Edition を得ることが可能となっている[4]。2016年12月19日の1.0リリースをもって、この Edition はベータ版ではなくなった。その後キャンペーン価格終了により通常価格 3,150円となった。

Bedrock Edition 1.2 がアップデートされた際に、ストアでのタイトル(ストアでのアプリの名称)が Minecraft for Windows 10 に変更された(ゲーム上では Minecraft となっている)。

開発[編集 | ソースを編集]

Mojangのブログ上での公式発表に先立ち、Minecraft を HoloLens 上で実行しているプロモーションビデオが Microsoft によってあらわになった[9]。Windows 10 で実行されている Minecraft のバージョンは、Lydia Wintersと Microsoft の従業員によってSurface Proで行われた、プレイの様子やゲームとの相互作用を紹介するために公開されたデモのものである。これはElectronic Entertainment Expo 2015コンベンションにて行われた[10]

Minecon 2015 では、Windows 10 Edition の開発についていくつかのインサイトを与えている。それは、Microsoft は一般的なアプリを Java でサポートしていない事が原因で、Minecraft の Java バージョンを実行することができなかったと説明している[8]

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition の既存の要素に加え、Windows 10 Edition では Xbox Live を使用して他の人と最大7人でプレイできるようになっている。これは Beta版がリリースされた直後から利用できるようになっている。もちろん、モバイル端末や Amazon Fire TV などの他の端末とPocket Realmsおよびローカルマルチプレイを通じてマルチプレイをすることは可能である。

その他にもいくつかの限定要素があり、Windows 10 の GameDVR を内蔵した複数のコントロール方式、プレイヤーのフィードバック機能、ゲームプレイの共有や記録する機能が追加されている[4][11]

その他のプラットフォーム[編集 | ソースを編集]

Microsoft HoloLens[編集 | ソースを編集]

E3 2015 で行われたデモの様子。Lydia Winters のワールドがテーブルの上に映しだされ、"Reality" モードでプレイしている

Jens Bergenstenは、Minecraft のホログラフィックバージョンが開発されていることを、2015年1月21日に行われた Microdoft の Windows 10 のイベント後にツイートした。これは、 2つの Minecraft のプロジェクトである "a toy" と "closer to the game" が行われていた際に述べられたことだ[12]

E3 2015コンベンションの Microsoft のセグメントでは、HoloLensと Surface Pro 3 の両方が Minecraft Windows 10 Edition のデモ用としてゲームを実行して、シームレスに遊んでいる様子を見ることができた[10]

また、2つの異なるモードが紹介されている。その1つが "wall" であり、壁に Minecraft のワールドがホログラフィックで投影される。プレイヤーは Xbox のコントローラーでプレイすることができる。投影サイズの変更や別視点を見るには、コントローラーを必要とせずに左右のどちらかにあるピアリングから操作が可能となっている[13]。もう1つのモードが "reality" であり、コントローラー不要で現実世界の物の上に 3D のワールドを投影することができる。

reality モードでは、プレイヤーがワールドに直接触れつつプレイが可能で、ヘッドセットの音声コマンドやハンドジェスチャーの機能を使用できる。音声コマンドでコマンドを実行することができるため、例えばワールドのどこかを視点の中心にして "lightning strike" と言う。すると、その視点の場所に雷を落とすことができる。他にも、"markup" でビーコンの縦に伸びるビームで視点の面積をマークアップすることもできる。ゲーム内でのコマンド以外に、"close up" や "overview" などでワールドの見方の変更やカメラの拡大縮小ができる。ハンドジェスチャーでは、特定の場所にズームする際や、垂直にワールドを動かすのに用いることができる。

Oculus Rift[編集 | ソースを編集]

Oculus Rift は Windows 10 のみの対応しており、すべての機能に加えて完全3Dでプレイができるようになる。これは Windows ストアと Oculus ストアから購入可能である。

2015年9月15日に、Oculus RiftMinecraft 向けにリリースされることが発表され[14]、2016年の春にリリースが予定されていた[15]。その後2016年8月15日にプレイ可能となった。

脚注[編集 | ソースを編集]