天候

提供: Minecraft Wiki
Weatherから転送)
移動先: 案内検索
2つのバイオームにおける天候。


Minecraft では、天候(英:Weather)は降雨雷雨で構成されている。どちらも時折発生し、一時的ではあるがワールド全体に影響する。[1]

振る舞い[編集 | ソースを編集]

異なる天候での日照度の比較。

天候の種類は様々な要因により発生する。その要因には現在地のバイオームの気温高度が含まれる。

悪天候の最初の発生はシード値ごとにあらかじめ設定されている。例えば、一番目のワールドで最初の嵐が2日目に発生した場合、同じシード値で別のワールドを作成すると、こちらでも2日目に嵐が発生する。嵐の持続期間は平均0.5–1日で、嵐と嵐の間隔は0.5–7.5日である。嵐はベッドを使用することで、時間帯に関係なくスキップすることができる。

チートを有効にしているプレイヤーは、次のコマンドのいずれかを入力して現在の天候を変更できる。

  • /weather rain <時間>
  • /weather thunder <時間>
  • /weather clear <時間> : 悪天候を晴天に変更する。

<time> パラメーターは天候の持続時間(秒単位)である。/toggledownfall[Bedrock Edition限定] もまた、悪天候と晴天を切り替える。

効果[編集 | ソースを編集]

悪天候の度合いにより、日照レベルが下がる。そのため、村人は嵐が過ぎ去るまで家に帰る。

天体(太陽)が見えなくなるほど、空そのものが暗くなる。悪天候の度合いに応じても暗くなる。ただし、雲そのものが雨や雪を降らせるわけではない。雨が降っている間、太陽は見えないものの、日の出と日の入りに伴う光は見ることができる。

[編集 | ソースを編集]

雨が降っている丘の様子。

雨は気温0.15–0.95のバイオームでしか発生しない。暴風雨では日中であっても明るさレベルは12まで下がる。[2]

雨は(火矢の火を含む[3])を消す。しかし、ネザーラックに着いた火は消えず[4]溶岩黒曜石に変えることはない。Mobに着いた火は雨に触れると消え、日中にスケルトンゾンビが炎上するのを妨げる。反対に、エンダーマンスノウゴーレムに弱いため死ぬことがある。エンダーマンは雨に濡れない場所が見つかるまでランダムにテレポートする。オーバーワールドに連れてきたブレイズは雨に濡れると死ぬ。

雨によって発生する他の効果は次の通りである。

  • 雨が降っているとがよく釣れるようになる。[5]
  • 移動中でなければオオカミは体を震わせる。(特定のバージョンのみ)
  • 乾いている耕地を湿らせる。[6]
  • 大釜に徐々にが溜まる。

雨のパーティクルがブロックに当たると効果音が発生し、16ブロック以内であればどこでも聞こえる。このパーティクル(及びサウンド)は設定でパーティクルを「最小」にすると見えなく(聞こえなく)することができる。‌[Java Edition限定]

[編集 | ソースを編集]

降雪の一例。

降雪は気温0.15未満のバイオームか一定以上の高度で発生する。暴風雨と同じく、雪嵐でも日中の明るさレベルは12まで下がる。

雪が降ると、非透過ブロックの上にが再生成される。[7] Bedrock Editionでは、雪の層は時間経過とともに重なり高くなっていく。雪は透過ブロックには積もらない。

火のついているエンティティが雪に触れても火が消えないことには注意。

に落雷している。森を歩き回るクリーパーが見える。もっと近くに落雷していれば、帯電クリーパーになっていたであろう。

雷雨[編集 | ソースを編集]

雷雨はどのバイオームでも発生する。嵐の時以上に辺りが暗くなり、明るさレベルは10に下がる。しかし、空からの明るさレベルは5とみなされるため、日中であっても敵対的なmobがスポーンするようになる。[8]

[編集 | ソースを編集]

雷雨の間、雷は頻繁に発生する。ランダムに落雷し、落ちた場所にはが生じ、付近の可燃性の材質のものは着火する。しかし、通常は燃え広がる前に雨で鎮火する。雨に濡れるブロック(上に何らかのブロックが無い)にのみ落雷することに注意されたし。

雷はエンティティに対し 5♥♥♥ のダメージを与える(難易度ノーマル時)。これに火によるダメージは含まない。クリーパーに落雷すると帯電クリーパーになり、村人ウィッチになり、ブタゾンビピッグマンになり、ムーシュルームは茶色のムーシュルームになる。

雷によりランダムでスケルトントラップがスポーンすることがある。スポーン確率は地域難易度に応じて変動し、イージーでは3.75–7.5%、ノーマルでは7.5–20%、ハードでは11.25–33.75%となる。

雷鳴は落雷の度に発生するサウンドである。落雷位置から160,000ブロック以内にいるプレイヤーに聞こえる。雷鳴は落雷位置との距離に関係なく即座に聞こえる。

雷は /summon lightning_bolt コマンドによって手動で呼び出すことができる。エンティティとして召喚するものの、コマンドやセレクターで選択することはできない。

雷雨の間に召雷エンチャントを付与したトライデントを投げると、投げた場所に落雷する。

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

Classicで降る雨。
Java Edition Classic
October 22, 2009雨が紹介された。
October 22, 2009雨足が弱く見えるようになった。
?単なる装飾目的で雨が導入された。仕組みは単純で、ブロックが雨を遮断するかのテストに使われていただけであった。
0.27 SURVIVAL TESTF5 で雨を切り替えられるようになった。
0.29_01クリエイティブモードでのみ切り替えられるようになった。
Java Edition Indev
February 18, 2010F5 で切り替えられなくなった。
Java Edition Alpha
v1.0.4冬季が追加された。ワールドの生成中、25%の確率で雪の降るワールドになり、絶え間なく雪が降る。この機能はバイオームの導入により最終的には削除された。
v1.2.0?冬季が削除され、バイオームが導入された。
Java Edition Beta
1.5天候が導入された。ティザー動画の公開後、雨・降雪・雷雨が実装された。[9] Classic での雨と同じようだが、2種類のサウンドが再生されている。
落雷でクリーパーが帯電クリーパーに、ブタゾンビピッグマンに変身するようになった。
1.5_01ガラス階段ハーフブロックといった特定のブロックを通り抜けて雨が降るバグが修正された。
1.6?はしごを下りる時、一番下まで到達するか向きを変えるまで雨が静止して見えるバグが修正された。
水中で雨や雪が降るバグが修正された。
Java Edition
1.0.0Beta 1.9 Prerelease降雪によってレッドストーン松明苗木レールが壊れるようになった。
Beta 1.9 Prerelease 5上記のバグが修正された。
1.3.112w23a天候の変化が追加された。
1.7.2?雷雨の間、レンダリングの明るさが低下するようになった。以前は空が暗くなったが、敵対的mobがスポーンしても地面が暗く見えることはなかった。
雷雨の間、はより暗く見えるようになった。
1.814w03a雷に打たれた村人ウィッチに変身するようになった。
14w30a/summon LightningBolt コマンドで雷を手動で呼び出せるようになった。
1.915w38a地域難易度に応じた確率で、落雷によりスケルトントラップがスポーンするようになった。
16w04a雨のサウンドが更新された。
Pocket Edition Alpha
0.12.1build 1天候とその変化が追加された。
build 2降雪時の雪のタイガバイオームが、霜に覆われたような見た目に変化した。
build 9水中から雨が見えるようになった。
雨によるラグがより少なくなった。
Pocket Edition
1.0.0?睡眠で天候がスキップされるようになった。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1天候が追加された。
TU5雨の縁が改良された(雨の中で見上げた時)。
TU25CU141.17雷雨時に雲が黒くなり、雨と雷雨との違いが分かるようになった。
TU31CU191.22Patch 3天候の変化が追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「天候」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

奈落に降る雨。
  • 雨と雪は雲の上から降っている。Notch によると、嵐の時に雲の上にある灰色は、雲の別の層であり、雨の源であるとのこと。[10]
  • ゲームシステム上、雨と雪は同じ天候効果とみなされている。コマンドで雪を降らせることができないことから明らかである。
  • 雨と雪は実際には奈落(第-1層)までの1ブロックに降っている。クリエイティブモードで奈落に浮かぶと見ることが可能である。ただし、下のブロックが存在しないため雨から発せられるパーティクルは見えない。
  • 雷には関連付けられた画像ファイルが無い。雷はゲームエンジンに直接コーディングされており、ダイナミックでよりリアルな雷の表現が可能になっている。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]