マップテーマ

提供: Minecraft Wiki
Themeから転送)
移動先: 案内検索
Grass Block Revision 2.png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
これらの機能は、以前の古いバージョンの Minecraft に存在するものです。

テーマ(Theme)とは、レベル (ワールド) 生成ルーチンがワールドの作成に用いる生成スタイルの事である。2010年1月7日の0.31への更新の際に追加され、Indev段階のゲーム機構に動的に作用するものであった (例えばモンスターの出現地域やワールド境界の液体など)。"Paradise" と "Woods" テーマはIndevの2010年2月14日の更新で追加された。テーマはInfdev段階で削除されたが、AlphaBeta、及び現在の正式版のバイオームと相似ているものであった。

Normal[編集 | ソースを編集]

典型的な通常(normal)の、小さい(small)、島(island)のワールド。等角投影視点にて。

"Normal"、通常のマップテーマ。地上にはまばらに樹木が存在する他は便利な平地となっている。天候は雲がところどころにあるものの常に晴れであり、昼と夜の時間は等しい。地下には全種の鉱石があり、岩盤そばには通常溶岩が存在している。

境界の液体:

Hell[編集 | ソースを編集]

典型的な地獄(hell)の、小さい(small)、島(island)のワールド。等角投影視点にて。

"Hell"、地獄はテーマ機能の導入と共に実装された2番目のマップテーマである。地獄では日中如何なる時間帯であっても、全てのMobが出現しうるほど暗い。全ての水は溶岩に置き換えられ、の代わりに草地がワールド生成時にのみ生成されていた。キノコは地上に豊富に存在している。農業は可能だが、作物の生長は非常に遅かった (1昼夜経過で作物の段階が1つ進む)。後にネザーへと置き換えられるものである。

境界の液体:溶岩

Paradise[編集 | ソースを編集]

典型的な楽園(paradise)の、小さい(small)、島(island)のワールド。等角投影視点にて。

第3のマップテーマは他のテーマよりも楽なものであった。通常(normal)のテーマよりも広い砂浜と豊富な植物が存在していて、時間は常に「昼」(太陽は沈まない) で、敵性Mobは地下にのみ出現する。農業は非常に早く行うことが可能だ (植えてから収穫可能まで30∼45分)。

境界の液体:

Woods[編集 | ソースを編集]

典型的な森林(woods)の、小さい(small)、島(island)のワールド。等角投影視点にて。

第4のマップテーマは、通常(normal)と地獄(hell)の中間の形態である。日中は常時曇りで明るさレベルが低くなり、植物は地上全体で少なくなっている。さらにキノコは地上の隅々に群生している。

境界の液体:

参考[編集 | ソースを編集]