提供: Minecraft Wiki
Tall Grassから転送)
移動先: 案内検索
Grass.pngFern.pngDead Bush.png
Tall Grass.pngLarge Fern.png
透過

する

発光

しない

爆発耐性

0

回収道具

再生

草、シダ、高い草:可
低木:不可

スタック

可 (64)

可燃性

ある

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ
データ値
草、シダ、低木
dec: 31 hex: 1F bin: 11111
高い草
dec: 175 hex: AF bin: 10101111
名前空間ID

草、 シダ 、 枯れ草: tallgrass
高い草: double_plant

(Grass)(Console Edition では背の高い草 (Tall grass))は非固体ブロックで、が入手できる。草の色はバイオームに応じて変化する。通常は草ブロックと同じである[1]

入手[編集 | ソースを編集]

どの草も通常の方法で壊すと、種をドロップするか何もドロップしないかのどちらかとなる。ハサミを使うと、アイテムとして入手できる。 「高い草」は普通の「草」、「高いシダ」は普通の「シダ」をドロップする。

を流すことで、高さに関係なく草を破壊することができる。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

草が育つほとんどのバイオームでは、草ブロックから1~2ブロック分の高さの草が生える。

シダジャングルタイガメガタイガバイオームでしか見られない。

低木は砂漠メサで見られる枯れ木と見た目がまったく同じだが、自然に生成されることはない。

骨粉から[編集 | ソースを編集]

骨粉を草ブロックの上に撒くと、周辺に草を生長させたり花を咲かせたりすることができる。

シダや丈の高い草に用いると、さらに大きくすることができる。

低木[編集 | ソースを編集]

低木は枯れ木と全く同じ見た目をしているが、棒の代わりに種を落とし、ブロックの中心からランダムにずれて生える‌[Computer Edition限定]。低木はコマンドでのみ入手可能で、そのコマンドは /give @p minecraft:tallgrass 1 0 である。Pocket Edition ではこのブロックは 'Fern' となっているがテクスチャは草になっている。

用途[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

どの草も、ハサミ以外で破壊されると、8分の1の確率で種をドロップする。

植木鉢[編集 | ソースを編集]

シダは植木鉢に植えることが可能である。

技術的情報[編集 | ソースを編集]

草はその ID とデータ値によって定義されている。また草には、将来のバージョンでブロックデータの機能を置き換えるとされている、ブロック状態が存在する。

ID[編集 | ソースを編集]

名前 ID名 ブロックID
tallgrass 31
高い草 double_plant 175

データ値[編集 | ソースを編集]

Block 31 (minecraft:tallgrass)
データ値 説明
0 枯れ木
1 高い草
2 シダ
Block 175 (minecraft:double_plant)
データ値 説明
0 ヒマワリ
1 ライラック
2 2ブロックの高い草
3 大きなシダ
4 バラの低木
5 ボタン
8 すべての大きな植物の上半分。低い3bitの0x7は、下のブロックに導出される。

ブロック状態[編集 | ソースを編集]

minecraft:tallgrass

名前 初期値 説明
typedead_bush 枯れ木tall_grass
fern
シダ

minecraft:double_plant

名前 初期値 説明
halfupper,lower上半分か下半分か
variant sunflowerヒマワリsyringa
ライラックdouble_grass
高い草double_fern
大きなシダdouble_rose
バラの低木paeonia
ボタン
facingnorth,south,east,west向いている方向。ゲーム内では使われていない。
上半分は常にnorthであり、下半分は常にeastである。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Beta
1.6 背の高い草が 実装された。[2] 小麦の種は、この更新前に草のブロックを耕すことによって生成されるために使用.
1.6.6 骨粉を草ブロックに使うことで、即席で背の高い草を生やせるようになった。
1.8 Pre-release 草とシダがハサミで採取可能になった。以前は、外部ツールなしで高い草をアイテムとして入手することはできなかった。高い草はインベントリ内では白黒で表示され、枯木の「低木」のバリエーションとして設置できていた。
湿地バイオームが大幅に変更され、雨林が完全に削除されたため、三角形のシダは生成されなくなった。
Java Edition
1.0.0 クリエイティブモードでシダの作成が可能になった。
1.2.1 12w03a シダがジャングルバイオームで生成されるようになった
12w05a のように、草ブロックを他のブロックが上書きして設置されるようになった。以前は草を壊す必要があった。
1.5.1 ダメージ値が3の高い草は未だに「草」と呼ばれ、バイオームごとの色分けがされているが、形状が低木や枯木のようになった。
1.7.2 13w36a 高い草と高いシダが追加された。
タイガと雪のタイガにシダが生成されるようになった。
1.8 緑色の低木(ダメージ値が3以上)の見た目が通常の低木と同じになった。
1.8.1 pre1facing状態がminecraft:double_plantに追加されたが、視覚上の違いはない。
Pocket Edition Alpha
Pre-release 背の高い草が追加されたが、入手することはできない。
0.5.0 草が種を落とすようになったが、入手できないままだった。
0.8.0 高い草とシダが生成されるようになった。
0.9.0 build 1 高い草と高いシダが追加された。
高い草とシダが生成されるようになった。
build 5 背の高い草が燃えなくなった。
0.11.0 build 14 高い草と高いシダのピクセルが四角になった。
高い草とシダの高さがランダムになった。
0.14.0 build 3 全てのバリエーションの草のヒットボックスが1ブロックを専有しなくなった
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1 草、背の高い草、シダが追加された。
TU7クリエイティブモードにシダが追加された。
TU12のように、草ブロックを他のブロックが上書きして設置されるようになった。以前は草を壊す必要があった。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Grass」、「Fern」、「Double Tallgrass」、または「Large Fern」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 草は雷で直接着火することはない。しかし近くの炎は延焼する。奇妙なことに、草の上面に火を付けることはできるが、そのままでは燃えない。高い草に火が付いた際、立方体であるかのように火が表示される。
  • 現実世界で草は種子を作らないし、シダは胞子を出すが、どちらもMinecraftでは種をドロップする。
  • 草はブロックから少しずれて描画されることで、ブロックの上にぽつぽつ点在するのではなく、より連続的に見えるようになっている。
    • これにより時折草の一部が他のブロックに貫通して見えることがある。[3]
  • 草は洞窟で溶岩に近い土や、まれに岩盤の上に生成されることもある。時折砂浜の砂など、草ブロック以外の上に生成されることもある。
  • サーバーのスポーン保護エリア内でも、草ブロックに骨粉を使うことで草花を生成させることができる。
  • あらゆるブロックは草を上書きして設置され、その場合は種はドロップしない。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. https://twitter.com/jeb_/status/73075715410632705
  2. http://notch.tumblr.com/post/5775170768/the-changelist-for-1-6
  3. MC-63199 – "Grass shows through block" resolved as "Works as Intended"
    MC-19005 – "tall grass texture goes through blocks" resolved as "Won't Fix"