スプラッシュポーション

提供: Minecraft Wiki
Splash Potionsから転送)
移動先: 案内検索
スプラッシュポーション
Splash Potions.gif
希少度

通常

再生

?

スタック

不可

データ値

dec: 373 hex: 175 bin: 101110101

名前空間ID

splash_potion

スプラッシュポーション(Splash Potion)は、投げることが出来るポーションの亜種である。

醸造[編集 | ソースを編集]

ポーションやスプラッシュポーションに用いる材料や、既知のレシピについては醸造の項目を参照してほしい。JebによるとBeta 1.9 Pre-release 3では161通りの組み合わせが、後のバージョンでは2,653通りの組み合わせが可能になるという[1]。無論これほどの組み合わせが現時点であるというわけではないが。

Mobへの効果[編集 | ソースを編集]

どのスプラッシュポーションを、どの相手に対して用いるかによって効果は様々である。

通常通りのポーションの効果 ブレイズ, クリーパー, エンダーマン, スライム, ガスト, マグマキューブ, スノウゴーレム, ウシ, ニワトリ, ヒツジ, ブタ, シルバーフィッシュ, アイアンゴーレム
「毒」の影響を受けない クモ, 洞窟グモ, エンダードラゴン
「毒」と「再生」の効果を受けない
「負傷」で回復
「治癒」でダメージ
スケルトン, ウィザー, ウィザースケルトン, ゾンビ, ゾンビピッグマン
「毒」「負傷」のダメージを85%削減
自身の「毒」への耐性
ウィッチ

Mobの攻撃力変化[編集 | ソースを編集]

「弱化」「力」「力Ⅱ」のスプラッシュポーションを何種かのMobにかけると、Mobの攻撃力が変化する。基本のダメージを元に変化するので、難易度によって基本のダメージが変化すれば、その分ポーション効果適用時の攻撃力も変化する。以下の表では武器を持っていないか、通常通りの武器を持っている場合にのみ適用される。

Mob 難易度 基本ダメージ 弱化 力Ⅱ
エンダーマン イージー 4♥♥ 3♥♥ 6♥♥♥ 7♥♥♥♥
ノーマル 7♥♥♥♥ 5♥♥♥ 10♥♥♥♥♥ 13♥ × 6.5
ハード 10♥♥♥♥♥ 7♥♥♥♥ 15♥ × 7.5 19♥ × 9.5
ゾンビピッグマン
ウィザー[備考 1]
イージー 3♥♥ 2♥ 5♥♥♥ 6♥♥♥
ノーマル 5♥♥♥ 3♥♥ 8♥♥♥♥ 11♥ × 5.5
ハード 7♥♥♥♥ 4♥♥ 12♥ × 6 16♥ × 8
ゾンビ イージー 3♥♥ 2♥ 4♥♥ 6♥♥♥
ノーマル 4♥♥ 2♥ 7♥♥♥♥ 10♥♥♥♥♥
ハード 6♥♥♥ 3♥♥ 10♥♥♥♥♥ 15♥ × 7.5
クモ
洞窟グモ
イージー 2♥ 1♥ 3♥♥ 5♥♥♥
ノーマル 2♥ 0♥ 5♥♥♥ 8♥♥♥♥
ハード 3♥♥ 0♥ 7♥♥♥♥ 12♥ × 6
ブレイズ[備考 1] イージー 4♥♥ 3♥♥ 5♥♥♥ 7♥♥♥♥
ノーマル 6♥♥♥ 4♥♥ 9♥♥♥♥♥ 12♥ × 6
ハード 9♥♥♥♥♥ 6♥♥♥ 13♥ × 6.5 18♥ × 9
ウィザースケルトン イージー 5♥♥♥ 4♥♥ 7♥♥♥♥ 8♥♥♥♥
ノーマル 8♥♥♥♥ 7♥♥♥♥ 12♥ × 6 16♥ × 8
ハード 12♥ × 6 10♥♥♥♥♥ 16♥ × 8 20♥ × 10

「スプラッシュ 弱化のポーション」の影響を受けている洞窟グモから攻撃を受けても、難易度ノーマル・ハードでは毒を受けない。これはプレイヤーはダメージを受けないためである。

一般的に、「スプラッシュ 弱化のポーション」は攻撃ダメージを次の量減らす。

  • 難易度イージーの場合:1♥
  • 難易度ノーマルの場合:2♥
  • 難易度ハードの場合:3♥♥

一般的に、「スプラッシュ 力のポーション」は攻撃ダメージを次の量増やす。

  • 難易度イージーの場合:1♥か2♥
  • 難易度ノーマルの場合:3♥♥
  • 難易度ハードの場合:4♥♥か5♥♥♥

一般的に、「スプラッシュ 力のポーションⅡ」は攻撃ダメージを次の量増やす。

  • 難易度イージーの場合:3♥♥
  • 難易度ノーマルの場合:6♥♥♥
  • 難易度ハードの場合:9♥♥♥♥♥

備考[編集 | ソースを編集]

  1. a b Mobの接触ダメージについてのみ適用される。

スプラッシュポーション[編集 | ソースを編集]

現時点で醸造可能なスプラッシュポーションの名称、効果、ダメージ値の一覧を以下に挙げる。 スプラッシュポーションの基本的な持続時間は、常に対応する飲むことが出来るポーションの3/4になっていることに注意してほしい。

アイコン 名称 ダメージ値
スプラッシュ ありふれたポーション 16384
スプラッシュ水入りビン

正の効果を持ったスプラッシュポーション[編集 | ソースを編集]

アイコン 名称 持続時間 ダメージ値 メモ
スプラッシュ 再生のポーション 0:33 16385 時間経過で体力を38♥ × 19回復させる アンデッド(スケルトンゾンビゾンビピッグマン)は再生の効果を受けない
スプラッシュ 再生のポーション 1:30 16449 時間経過で体力を85♥ × 42.5回復させる
スプラッシュ 再生のポーションⅡ 0:16 16417 時間経過で体力を39♥ × 19.5回復させる
スプラッシュ 俊敏のポーション 2:15 16386 -
スプラッシュ 俊敏のポーション 6:00 16450
スプラッシュ 俊敏のポーションⅡ 1:07 16418
スプラッシュ 耐火のポーション 2:15 16387 -
スプラッシュ 耐火のポーション 6:00 16451
スプラッシュ 耐火のポーション (打ち消し済み) 2:15 16419
スプラッシュ 治癒のポーション 即時 16389 アンデッドは治癒効果でダメージを受ける
スプラッシュ 治癒のポーション (打ち消し済み) 即時 16453
スプラッシュ 治癒のポーションⅡ 即時 16421
スプラッシュ 力のポーション 2:15 16393 -
スプラッシュ 力のポーション 6:00 16457
スプラッシュ 力のポーションⅡ 1:07 16425
スプラッシュ 暗視のポーション 2:15 16390
スプラッシュ 透明化のポーション 2:15 16398

負の効果を持ったスプラッシュポーション[編集 | ソースを編集]

アイコン 名称 持続時間 ダメージ値 メモ
スプラッシュ 毒のポーション 0:33 16388 アンデッド、クモ洞窟グモは毒の耐性がある
スプラッシュ 毒のポーション 1:30 16452
スプラッシュ 毒のポーションⅡ 0:16 16420
スプラッシュ 弱化のポーション 1:07 16392 -
スプラッシュ 弱化のポーション 3:00 16456
スプラッシュ 弱化のポーション (打ち消し済み) 1:07 16424
スプラッシュ 鈍化のポーション 1:07 16394 -
スプラッシュ 鈍化のポーション 3:00 16458
スプラッシュ 鈍化のポーション (打ち消し済み) 1:07 16426
スプラッシュ 負傷のポーション 即時 16396 アンデッドは負傷効果で回復する
スプラッシュ 負傷のポーション (打ち消し済み) 即時 16460
スプラッシュ 負傷のポーションⅡ 即時 16428

醸造不可能なスプラッシュポーション[編集 | ソースを編集]

これらのスプラッシュポーションはプログラムコード上存在して機能するが、醸造することは出来ない。これらは主に強化・レベルⅡのポーションとして存在しているようだが、通常の醸造プロセスではどちらか片方しか与える事が出来ない。要するにこれらポーションはポーションに両方の効果を与えるようにデータ値を修正したものである。すべてのポーションはクリエイティブモードのインベントリー内に存在している。

アイコン 名称 持続時間 ダメージ値
スプラッシュ 再生のポーションⅡ 0:45 16481
スプラッシュ 俊敏のポーションⅡ 3:00 16482
スプラッシュ 力のポーションⅡ 3:00 16489
スプラッシュ 毒のポーションⅡ 0:45 16484

ダメージ値一覧[編集 | ソースを編集]

Thrown splash potion
内部ID

PC: 16
PE: 86

ネットワークID

PC: 73

名前空間ID

PC: potion
PE: thrownpotion

投げられたスプラッシュポーションはエンティティデータを持ち、様々なプロパティを持つ。そのIDはpotionである。

Pocket Editionではこれは残留ポーションとは別である。PC版では共に同じエンティティであり、Potionタグでどちらになるかが決められる。

  • Nbtsheet.png エンティティデータ
    • すべてのエンティティに共通するタグ テンプレート:Nbt inherit/entity/templateを参照
    • すべての投射物に共通するタグ テンプレート:Nbt inherit/projectile/templateを参照
    • Nbtsheet.png shake: 矢がブロックに当たった時の「揺れ」
    • Nbtsheet.png ownerName: エンティティを投げたプレイヤーの名前
    • Nbtsheet.png Potion: ポーションの効果。投げられたポーションはここで設定されたアイテムとして描画される。
    • Nbtsheet.png potionValue (deprecated): Potionタグが存在しない場合、この値は投げられたポーションのダメージ値として使用される。

「ポーションジャンプ」[編集 | ソースを編集]

「スプラッシュ 負傷のポーション」とジャンプを同時に行うと、プレイヤーは通常1ブロックしか飛べないところを2ブロックの高さまで飛び上がることが出来る。着地をしたい地点を後ろにして試してみよう。再生のポーションも使うことで死を免れることができるので、お勧めである。

これはMobやプレイヤーがダメージを受けたときにノックバックも発生する為に可能な技である。ノックバックでは垂直方向にも運動量が発生する。この運動量をジャンプ高度の拡大に用いるのだ。


ギャラリー[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.0.0Beta 1.9-pre4スプラッシュポーションが追加された。
Oct 14, 2011Jebは、スプラッシュの水入り瓶は論理的にエンダーマンブレイズにダメージを与える筈だが、コーディングは価値があるが実装は難しいとコメントしていた。
1.3.112w17aスプラッシュポーションをクリエイティブで使用してもインベントリから削除されなくなった。
12w22a12w21b以降の新しいクリエイティブアイテム選択にスプラッシュポーションを追加。
1.4.212w32aまだ醸造できないが、暗視のスプラッシュポーションを追加。
12w34a透明化のポーションを追加。
暗視のポーションが醸造できるようになった。
12w38aウィッチが攻撃にスプラッシュポーションを使用するようになった。
12w39bワールドエディターでカスタムポーションを作成できるようになった。[2]
1.814w27a跳躍のスプラッシュポーションを追加。
1.8.11.8.1-pre1跳躍のポーションを延長できるようになった。
1.915w31a水入りスプラッシュ瓶、ありふれた、濃厚な、奇妙なスプラッシュポーションを追加。
15w33aスプラッシュポーションが残留ポーションの醸造に必要になった。
15w33cスプラッシュポーションを醸造台の中に設置できるようになった。
15w34a水入りスプラッシュ瓶を投げても水流は設置されずに火が消えるだけになった。
15w43aイグルーの地下の醸造台に弱体化のポーションが生成されるようになった。
1.1116w32aエンティティIDをThrownPotionからpotionに変更
16w35a水入りスプラッシュ瓶がエンダーマンとブレイズにダメージを1♥与えるようになった。
Pocket Edition Alpha
0.12.1build 1スプラッシュポーションを追加。
0.13.0build 1サバイバルで跳躍のポーションを入手できるようになった。
0.16.0build 4限定要素として衰弱なポーションが追加された。
Legacy Console Edition
TU7CU11.0Patch 1スプラッシュポーションを追加。
TU141.04暗視と透明化のスプラッシュポーションを追加。
TU46CU361.38Patch 15水入りスプラッシュ瓶を追加。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • スプラッシュ 透明化のポーションをスパイダージョッキーに対して用いても、クモのみが透明になる(バグ?)。
  • スプラッシュポーションの効果は着弾した場所から約5ブロック移動する。その時間が短くなるにつれて、エンティティが中心から遠くなる。時間パラメータを持たないポーションの場合、代わりに効果が弱められる。
  • スプラッシュポーションの効果は半径内にいるプレイヤーに影響する。これは、有害なポーションでは危険だが、有益なポーションでは便利である。
    • 一緒に集まったプレイヤーのグループはすべて、中心からの距離に応じて1つのポーションの効果の影響を受ける。
    • スプラッシュ 治癒のポーションはプレイヤーのダメージを回復するが、アンデッドに対してはダメージを与える。
    • スプラッシュポーションは、耐火、再生などをゴーレム、ネコ、飼いならされたオオカミなどの友好Mobに付与する唯一の方法である。オオカミへの餌付けを除き、これらのMobを回復させる唯一の方法でもある。
  • スプラッシュポーションは、小さな爆発的なダメージを与えられるが、クリエイティブモードでこれを行ってもクリーパースケルトンにダメージは与えられないようである。
  • Jebは、スプラッシュポーションによりエンダーマンブレイズを論理的にダメージを与えられるだろうが、このコーディングは価値があるがそれよりも実装が難しいだろうと言っていた。[3]
  • スプラッシュポーションの効果は予想よりわずかに少ない。目の高さでブロックの方を向き、ポーションを投げるとまっすぐではなく最長の時間が与えられる。
  • 毒のスプラッシュポーションはPvP以外のマルチプレイヤーでもほかのプレイヤーに影響を与える。
  • 負傷のスプラッシュポーションは、エンチャントされていない防具を通り抜けるため、PvPで非常に効果的である。
  • エンダーマンがスプラッシュポーションの直接ターゲットになっている場合、ポーションの効果が付与される前にテレポートする傾向がある。しかし、自分に向けられていないポーションのスプラッシュ半径に入った場合は付与される。
  • /giveコマンドで、3種の基礎ポーション(濃厚、ありふれた、奇妙な)のダメージ値に16,384を追加することで、通常得る事が出来ないスプラッシュ版の基礎ポーションを作り出すことが出来る。
  • エンダーマンやクモ、洞窟グモにスプラッシュ 透明化のポーションを用いると、目は透明にならない。
  • ポーションで殺されると、死亡メッセージに「<プレイヤー名>は魔法で殺された」と出る。
  • ヒツジの羊毛も透明化のポーションの効果を受けない。
  • スプラッシュ 負傷のポーションは、技術的には最強の武器である。これは単位時間当たりに与えうるダメージ量が最大であるからだが、射程距離がそう大きくは無いし、自身もダメージを受けてしまうので一般的には非効率的といえるだろう。

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]