raids.datフォーマット

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。

raids.datファイルは、各Minecraftワールドデータ毎に存在するdataフォルダー内にあり、そのワールドの襲撃の情報を保存するために用いられている。GZIP圧縮されたNBTファイルになっている。

また、raids_nether.dat及びraids_end.datにもネザーやジ・エンドでの襲撃の情報が保存されるので、オーバーワールド以外のディメンションでも襲撃を発生させることができる。

フォルダ構造[編集 | ソースを編集]

  • (ワールド ディレクトリ)
    • data
      • raids.dat
    • DIM-1
      • data
        • raids_nether.dat
    • DIM1
      • data
        • raids_end.dat

NBT構造[編集 | ソースを編集]

  • Nbtsheet.png: ルートタグ
    • Nbtsheet.png NextAvailableID: 次に発生する襲撃のID
    • Nbtsheet.png Raids: 襲撃の情報を含むタグのリスト
      • Nbtsheet.png:襲撃
        • Nbtsheet.png Active: 1または0 (true/false)。襲撃がアクティブかどうか
        • Nbtsheet.png BadOmenLevel: 襲撃を起こした際の不吉な予感のレベル。襲撃者の防具、武器へのエンチャント確率への影響と追加ウェーブを引き起こす
        • Nbtsheet.png CX: 襲撃の中心地点のX座標
        • Nbtsheet.png CY: 襲撃の中心地点のY座標
        • Nbtsheet.png CZ: 襲撃の中心地点のZ座標
        • Nbtsheet.png GroupsSpawned: 襲撃で発生したウェーブ数
        • Nbtsheet.png HeroesOfTheVillage: 襲撃で襲撃者を倒したプレイヤーのリスト。襲撃が勝利の状態で終了すると村の英雄の効果を取得する
          • Nbtsheet.png: プレイヤーのUUIDを含むリスト
            • Nbtsheet.png UUIDLeast: プレイヤーのUUIDの下位側
            • Nbtsheet.png UUIDMost: プレイヤーのUUIDの上位側
        • Nbtsheet.png Id: 襲撃のID
        • Nbtsheet.png NumGroups: 襲撃のウェーブ総数
        • Nbtsheet.png PreRaidTicks: 襲撃者の最初のスポーンまでの間隔(ティック)
        • Nbtsheet.png PostRaidTicks: 全てのウェーブがクリアされた後の間隔(ティック)
        • Nbtsheet.png Started: 1または0 (true/false)。襲撃でウェーブが発生した場合にtrueとなる
        • Nbtsheet.png Status: 襲撃の状況
        • Nbtsheet.png TicksActive: 襲撃開始からの経過時間
        • Nbtsheet.png TotalHealth: 進行中のウェーブ内の全襲撃者の最大体力の合計
    • Nbtsheet.png Tick: 内部時計

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.14 18w47a 全てのディメンションにraids.datが追加された。
19w13a HeroesOfTheVillageのリストが追加された。