Hi Gamepedia users and contributors! Please complete this survey to help us learn how to better meet your needs in the future. We have one for editors and readers. This should only take about 7 minutes!

プリティー・スケアリー・アップデート

提供: Minecraft Wiki
Pretty Scary Updateから転送)
移動先: 案内検索
プロモーション画像 (更新と同時に公開された)[1]

プリティー・スケアリー・アップデート (Pretty Scary Update)は2012年10月25日木曜日に正式公開された、1.4.2に位置付けられるメジャーアップデートである[2]。主な変更点は数種類の新しいもしくは異なるバリエーションのMob(ウィッチコウモリ村人のゾンビウィザースケルトン)、装備と設置ができる、新しいボス(ウィザー)、コマンドブロック金床ビーコン、新しい食料(ジャガイモニンジンパンプキンパイ)、ブタをコントロールするためのニンジン付きの棒、そして新しい装飾用のアイテム(額縁植木鉢丸石の壁)の追加である。

プリティー・スケアリー・アップデートの開発が始まったのは2012年8月16日に1.3.2がリリースされた直後である。1.4に向けて12w32aから12w42bまで15のスナップショットがリリースされた。1.4 Pre-releaseが公開されたのは2012年10月19日であり、Mod作成者は2012年10月24日の正式稼働に向けてModの修正に取り掛かることができた[3]

Mojangはこのリリース後Mobが窒息するバグを発見し、正式公開日を1日遅らせた。1.4.1 Prereleaseが2012年10月23日に公開され[4]、リリースが1日遅れることとなった。

Mojangはさらに別のバグを見付け、"サーバーにおける激しいメモリリーク"を修正した。この時、フェンスと丸石の階段の描画が正しいものとなり、1.4.2 Prereleaseとして2012年10月24日にリリースされた[5]。1.4.2は1.4の初めての正式公開版であり、2012年10月25日に公開された。

Mojangは1.4.3 Pre-releaseを2012年11月1日に公開した。Mojangによると"プリティー・スケアリー・アップデートのリリース以降、我々は多くの報告された不具合を可能な限り修正するよう取り組むため非常に忙しくなった。我々は“既に修正していないか?”や“他のことに支障が出ていないかな…"と疑問に思うほど多くの時間を費やして多くの修正をした。[6]このアップデートで100以上のバグを処理しており、主なものは: “where are we now”の曲が無くなっていた、ラグが原因でランダムになっていた落下ダメージ、トロッコに乗っているときの落下ダメージ、エンチャント済みの本の利用、スライムの当たり判定、そして看板がクライアント側でテキストを失う現象である。

Mojangは1.4.4 Pre-releaseを2012年11月8日に公開した。ここでは1.4.3 Pre-releaseの2つの大きな不具合を処理しており、それは“上に向かって泳ぐことができない”バグと“松明が壁の間を飛び回る”バグである[7]。 1.4.4は2012年11月14日に正式公開された。

Mojangは更に1.4のパッチを出しており、1.4.5を2012年11月16日に公開し、LANサーバーの機能が壊れている問題を修正した。この不具合はクライアント側で起こっているものであり、1.4.5のクライアントは1.4.4のサーバーで遊ぶことができる。Mojangは1.4.5を11月20日に公式に公開した。

アップデートの正式名称はPAX Prime 2012のMinecraftパネルで明かされ、その後スナップショット12w36aが公開された[8]Dinnerboneはスナップショット12w40aのリリースとともに1.4の公開予定日を初めて明かし、"リリースの準備"態勢に完全に入った[9]

プリティー・スケアリー・アップデートには初めModding APIが含まれることが予定されていたが、後のバージョンに持ち越された[10]

1.3.2以降発生している光源バグは部分的に修正された。Dinnerboneは初め変更したものをスナップショット12w39a/bに導入していたが、Dinnerboneは以前のものに差し戻し1.5に延期するとツイートした[11][12]
次のバージョンのMinecraft (おそらく1.5)に延期された他の変更点にはレッドストーンの変更と[13]、描画システムの整備が含まれている[14][15]

追加要素[編集 | ソースを編集]

豆知識[編集 | ソースを編集]

2012年10月26日にMojang公式のYouTubeチャンネルに投稿されたトレーラーにプリティー・スケアリー・アップデートの主な要素がいくつか紹介されている。このトレーラーは以前にMojangのアップデートトレーラーを作成したHat Filmsによって作成された。

脚注[編集 | ソースを編集]