シロクマ

提供: Minecraft Wiki
Polar bearから転送)
移動先: 案内検索
シロクマ
Polar Bear.png
Baby Polar Bear.png
体力値

30 ( × 15)

攻撃力

大人のみ
イージー: 4♥♥
ノーマル: 6♥♥♥
ハード: 9♥♥♥♥♥

大きさ

大人:
高さ:1.4ブロック
幅:1.3ブロック
子ども:
高さ:0.7ブロック
幅:0.65ブロック

スポーン条件

雪の降るバイオーム

ドロップ

ドロップを参照

経験値

1~3

内部ID

JE: 102
BE: 28

名前空間ID

JE: polar_bear
BE: polarbear

Marsh Davies Mojang avatar.png クマは離れていれば愛らしい。これは現実世界と同じように Minecraft でも当てはまります。彼らは抱擁と毛皮に見えるかもしれませんが、歯が沢山あり、何が誰が、または誰が(彼らの)食事を構成するかについて戸惑うことなく誰もが分かります。
Marsh Davies[1]

シロクマ (Polar Bear) は、雪の降るバイオームにのみ出現する中立的Mob である。

スポーン[編集 | ソースを編集]

シロクマは雪の降るバイオーム(雪原、雪山、樹氷、氷山など)に大人と子どものセットでスポーンする。

ドロップ[編集 | ソースを編集]

倒されると、シロクマは75%の確率で生鱈を、また25%の確率で生鮭をそれぞれ0~2個ドロップする。ドロップ増加のエンチャントをつけて攻撃すると I レベルごとに1個入手できるアイテムが増える。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

シロクマには友好的、中立的、敵対的の3つの状態が存在する。子どものシロクマは友好的である。大人は中立的だが、攻撃されると敵対的になる。子どものシロクマが攻撃されると、41 × 21 × 41の直方体の範囲内の全ての大人は攻撃者に対して、難易度に関係なく敵対する(ただし、難易度ピースフルではプレイヤーへの攻撃にはダメージが発生しない)。子どもの周囲 16 × 8 × 16 の範囲内の大人を攻撃しても、攻撃された大人の周囲 21 × 21 × 21 の範囲内の他の大人が敵対する。シロクマは偶然他の Mob によって敵対的に変化する場合もある。

シロクマは後ろ足で立って、前足を攻撃してきた者に叩きつけることで攻撃する。シロクマの泳ぐ速さはプレイヤーよりも早いため、プレイヤーが逃走するのを困難にしている。

子どものシロクマの成長速度を速めることはできない。

データ値[編集 | ソースを編集]

シロクマは、Mob の特性と関連付けられたエンティティデータを持つ。エンティティID は polar_bear である。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.10 2016年3月7日Jeb が新たな Mob のヒントである「基本」色を公開した。
2016年4月8日Jeb がシロクマの画像をツイートした。
16w20a シロクマが追加された。
1.11 16w32a シロクマのエンティティID が PolarBear から polar_bear に変更された。
Pocket Edition
1.0 build 1 シロクマが追加された。
1.1 build 1 エンティティID が polarbear から polar_bear に変更された。
シロクマがピースフルの時にプレイヤーを攻撃しなくなった。
Legacy Console Edition
TU43CU331.36Patch 13シロクマが追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Polar Bear」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • Jeb によると、彼の息子の Björn が産まれたあとにシロクマが追加された。偶然にも「Björn」はスウェーデン語で「クマ」の意である[1]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]