Pocket Edition Alpha 0.8.0 build 2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Alpha 0.8.0 build 2
エディション

Pocket Edition

種類

Build

リリース日

2013年11月22日

Alpha 0.8.0 build 2は、Alpha 0.8.0の最初のBuildバージョンである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • 描写距離が遠くなった
  • 色が新しくなった
    • 草の色
    • 空の色
    • 距離が離れた時の水の色
  • ほとんどのテクスチャがPC版と同じになった(砂利など)

ブロック[編集 | ソースを編集]

アイテム[編集 | ソースを編集]

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • エンティティの光源がPC版と同様になった
    • 光の色合い
    • 立ち位置での影の方向
  • 手に持つアイテムのレンダリング
  • ホットバーが透けるようになった
  • インベントリ内のアイテムを選択すると、選択したスロットのアイテムが置き換えられる
  • クラフトできるレシピが最初に表示されるようになった
  • テキストフォーマットを作り直した
  • ステンシルシャドウ
  • 手に持つアイテムが3Dで描写されるようになり、歩く時は上下に揺れ、左右を向くとその方向に動くようになった
  • ブロックにアニメーションが付いた
  • 遠く離れると水は不透明になる(iOSのみ)
オプション
  • 描写距離
    • far (256ブロック)
    • farthest (400ブロック)
    • スムーズライティングが削除された(常にオンになった)
    • 高画質が常にオンになった
    • デフォルトの描写距離はfarになった
  • インデックス付きVBOを使用するレンダリングをリファクタリングした
    • のモデルが作り直された
    • インベントリはVBOキャッシュを使ってレンダリングされる
    • 新しい空はトライアングルファンでレンダリングされている
  • 遠いチャンクと近くのチャンクはパフォーマンス上の理由から2つに分けられる
    • 霧は遠くのチャンクでのみ起こる
    • 透明なのは近くのチャンクのみ
    • アルファテストのみのチャンクは遠くに隠されている
  • 松明が不透明ブロックになった
  • ミプマップ(iOSのみ)
  • 3Dの雲に新しいテッセレーションアルゴリズムが付いた
  • テクスチャアトラスとテクスチャジェネレーターが新しくなった
  • ステートリークを避けるたにリファクタリングされたOpenGLが使われている(動物はアルファテストされていないなど)

修正[編集 | ソースを編集]

11個のバグを修正

  • MCPE-28 - PTAB7200 又はその他タブレットでゲームパッドが小さい時での、Xperia Playのクリエイティブスクロールバグ
  • MCPE-61 - 農地の横に水流が流れ込む(視覚バグ)
  • MCPE-347 - テクスチャバグ(レンガ)
  • MCPE-992 - Mobが深い水を通れない
  • MCPE-1524 - 雲の上を見下ろしたときのバグ
  • MCPE-2804 - 火がTNTに着火しない
  • MCPE-2937 - チャットでのクラッシュ
  • MCPE-4140 - 繁殖バグ
  • MCPE-4736 - クモの腹部が無い
  • MCPE-4887 - スケルトンの下半身が無い
  • MCPE-5411 - クリエイティブでワールドを読み込むと墜落する