Pocket Edition Alpha 0.15.4

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Alpha 0.15.4
PEAlpha0 15 4.png
エディション

Pocket Edition

リリース日

iOS, Android, FireOS - 2016年7月28日
Windows Phone, Windows 10 - 2016年7月29日

プロトコルバージョン

Alpha 0.15.4は、Alpha 0.15.3のバグやクラッシュの一部を修正するためにリリースされた。 iOS、Fire OS、Windows Phone、Windows10に関しては、0.15.3で修正予定だったバグなども修正されている[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • 悪役スキンパックの追加
  • Xbox Liveアカウントにサインインする際のアニメーション

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • ローカライズを修正
  • いくつかのテクスチャのバグを修正
  • Windows 10 Editionの描写距離の延長
  • VR
    • 騎乗時のHUDを修正
    • パフォーマンスとエクスペリエンスを修正

修正[編集 | ソースを編集]

13個のバグを修正

  • VRで雨や雪が顔にかかると発生する快適性の問題を修正。
  • Gear VRで没入型モードでジャンプする際にリード線が手から外れなくなった。
  • Gear VRでリードが正しいテクスチャを表示し、クラッシュが起こらないようになった。
  • インベントリ画面でのクラッシュを修正。
  • ウマのコンテナ画面でラベルが表示されるようになった。
  • サバイバルモードで骨粉とスポーンエッグが消費されるようになった。
  • Win 10番でメニュー画面から終了するBボタンが動作するようになった。
  • 新しいワールドを作成または入力するとクラッシュすることがあった問題を修正。
  • 描画距離を最大に設定してワールドを移動するとクラッシュすることがあった問題を修正。
  • ワールド名にUTF-8の記号があるワールドがWin 10のプレイタブに表示されるようになった。
  • プレイヤーが新しいワールドを作成する際に発生していたいくつかの問題を修正。
  • MCPE-15449 – スーパーフラットで岩盤を突き破って落ちることができる
  • MCPE-16197 – 伸びたピストンの土台に隣接するスライムブロックをピストンで押すことはできるが、引っ張れない

脚注[編集 | ソースを編集]