We are currently performing an upgrade to our software. This upgrade will bring MediaWiki from version 1.31 to 1.33. While the upgrade is being performed on your wiki it will be in read-only mode. For more information check here.

Pocket Edition Alpha 0.12.0

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Alpha 0.12.0
Pocket Edition Alpha 0.12.0.png
エディション

Pocket Edition

リリース日

Windows 10 - 2015年7月29日

Alpha 0.12.0[1]は、Windows 10 Edition Beta 向けにリリースされた最初のバージョンである[2]。これはAlpha 0.12.1と同様の内容の Windows 10 プラットフォームにのみにリリースされた、意図されたバージョンであり、元々は2015年7月29日に Pocket Edition と同時にリリースされる予定だった。しかし、開発中に障害が生じたため、その他の端末向けへのリリースは先送りとなった[3]

以下には、Pocket Edition には存在しない Windows 10 Edition にのみ追加された要素がある。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • コントローラーがサポートされた
  • 設定
    • スニークとジャンプのボタンの位置を逆にする設定
      • スニークボタンはジャンプボタンがあった場所に配置され、ジャンプボタンは右へ移動される
    • 自動ジャンプ機能を有効/無効にする設定

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

アイテム[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

クリエイティブインベントリの追加[編集 | ソースを編集]

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

変更点[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • ゲームのアイコンが変更された
  • グラッフィック
    • 遠くにいくにつれて、水の色が水色から濃い青色に変わっていくようになった
    • 限定要素: 雪の多いタイガバイオームの葉が霜で覆われたようになった
  • 一時停止ボタンとチャットボタンが移動された
  • スクロールバー
    • 常に表示されるようになった
    • テクスチャーが新しくなった
  • プレイヤーが溶岩を泳ぐことができるようになった

Mob[編集 | ソースを編集]

  • 炎上時に焼けるようなパーティクル効果が発生するようになった
  • Mob を倒すと経験値をドロップするようになった
スライム
  • ジャンプするときにパーティクルが発生するようになった
マグマキューブ
  • 自然にスポーンするようになった
  • 倒すと分裂するようになった
ゾンビピッグマン
  • 中立的Mobになった
  • ネザーにスポーンするようになった
村人
  • AIが改善された

アイテムブロック[編集 | ソースを編集]

ボート
  • インベントリアイコンが新しくなった
    • パドルが加わった
    • 色によっても変わるようになった
ネザーリアクター
  • クラフトすることができなくなった
  • クラフトメニューやクリエイティブインベントリから削除された
  • 破壊することで3個のダイヤモンドと6個の鉄インゴットがドロップするようになった
  • 機能しなくなった
食料
積雪
  • 限定要素: 降雪によって雪が複数の層に積もるようになった
  • 限定要素: 重力の影響を受けるようになった
  • クラフトレシピが新しくなり、革を必要とするようになった

Windows 10での限定要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • タイトル画面
    • ボタンが岩のようなテクスチャーになった
    • 選択しているスキンをプレイヤーモデルとして回転させて見ることができ、その上に現在のプレイヤー名が表示されるようになった
    • 設定ボタンが「プレイ」ボタンの中央下に配置されるようになった
      • 「設定」ボタンのアイコンがレンチに変わった
    • スキンの選択タブが設定からタイトル画面の設定ボタンの右に移動された
    • 言語ボタンがPC版と同様のアイコンになった
    • 「プレイ」ボタンが現在よりも小さくなった

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

  • PC版と同様のサバイバルインベントリおよびクラフトUIになった
  • キーボードがサポートされた
  • ホットバーのスロット数が9個になっている

設定[編集 | ソースを編集]

  • 6段階の描画距離設定

修正[編集 | ソースを編集]

3個のバグを修正

  • Sony Xperia Play のタッチパッドの修正
  • MCPE-3671 – 溶岩から抜け出すことができない[4]
  • MCPE-8750 – 書式設定を削除する際に、新しく文字を入力することができない[5]

脚注[編集 | ソースを編集]