ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Pocket Edition Alpha 0.1.0

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
v0.1.0 alpha
MCPE0.1.0.jpeg
エディション

Pocket Edition

リリース日

Xperia PLAY - 2011年8月16日

プロトコルバージョン

不明

0.1.0の他の
エディション
初期のPocket Editionのアイコン。

v0.1.0 alphaは、Minecraft: Pocket Editionの正式版として最初のバージョンであり、Xperia PLAY向けにリリースされた[1]

0.1.0 Alphaのリリースは当初すべてのAndroidで予定されていたが、見送られた。このバージョンでは方向キーが黒色となっており、メニューはv0.1.1 alphaと同様に表示される。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • ランダムに生成されるワールド
  • ブロックの設置と破壊
  • プレイヤーを招待し、マルチプレイができる(ローカルネットワーク
  • マルチプレイのワールドをオフラインプレイ用にデバイスに保存できる
  • MinecraftのAssetsフォルダ内にminecraftpe.apkというファイルが存在する
  • デバイスの性能に応じた設定(Fancy GraphicsとLower Graphicsが存在)
  • タッチ画面操作と自動ジャンプ(0.1.1で正式に追加)

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

  • Java Edition Alpha v1.2.0からBeta 1.7.3までに使用されたジェネレーターが使われている
    • そのバージョンに存在したすべてのバイオームが実装されていたわけではないと思われる
生成される構造物
  • 樹木
    • オークの木
    • シラカバの木
    • マツの木
  • 鉱脈

ブロック[編集 | ソースを編集]

デモ版[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition初のデモ版。

日時は明らかになっていないが、Alpha 0.1.0のデモ版がXperia Play向けにリリースされていた。またassets.minecraft.netには、誤って公開されたとされるプロトタイプ版が「mcpe01_canada.apk」の名で存在していた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • Android 3.0以降のデバイスではプレイ時に多くの確率でクラッシュする

全般[編集 | ソースを編集]

  • インベントリ内でのブロックアイコンが3Dで表示されるようになった
  • 描画に霧のようなものがかかるようになり、描画距離が狭まった
  • 歩行時やブロックの設置時の音のバグ

トレーラー動画[編集 | ソースを編集]

  1. 「Say hello to Minecraft - Pocket Edition」 – Www.mojang、2011年8月16日