Pocket Edition 1.1.5

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.1.5
リリース日

FireOS – 2017年8月1日
iOS, Android, Windows 10, Windows 10 mobile, Gear VR, Fire TV – 2017年8月3日
Apple TV - 2017年8月7日

1.1.5は、既存のマーケットプレイスへの新たなコンテンツの追加、いくつかのバグ修正がなされたアップデートである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

マーケットプレイス[編集 | ソースを編集]

  • スチームパンク テクスチャパック
  • 無限のダンジョン EX
  • サバイバー スキンパック
  • 王様とこじき スキンパック
  • スポーツ スキンパック
  • サマー フェスティバル スキンパック

変更要素[編集 | ソースを編集]

マーケットプレイス[編集 | ソースを編集]

PureBDCraft
  • 醸造台、ホッパー、レッドストーンコンパレーター、ケーキ、レッドストーンリピーター、ネザースター、大釜に変更を加えた
  • コンクリート、コンクリートパウダーのテクスチャを鮮やかな色に変更した
  • ラマのカーペットを置くスロットを追加
  • オフハンドスロットを追加
  • カスタムドロップダウンメニューを追加
  • GUI スロットの背景などを変更した
  • メインメニューのタブを白い数字などが読みやすいように変更した
  • スプラッシュテキストを変更した
  • 矢(エンティティ)を追加
  • 新しい矢の種類を追加
  • 衰弱の矢を追加
  • 堅焼き粘土をテラコッタに変更した(日本語版を除く)
  • ビーコンのビームのテクスチャを修正
  • HD 画質の雲のバグを無くすために、雲のテクスチャを削除
  • 地図のアイコンを修正し、森の洋館・海底神殿のアイコンを追加
  • ボタンを調整
  • ストアでの「New」のアイコンを修正
  • エヴォーカー、ヴィンディケーター、村人ゾンビのサウンドを追加
  • 新しい GUI のボタンを実装
  • エンダードラゴンが透明になる問題を修正
  • シュルカーの色を調整

修正[編集 | ソースを編集]

  • リソースパックを使用した状態でワールドに再読み込みすると、時計とコンパスのテクスチャがおかしくなるバグを修正
  • トリップワイヤーのテクスチャが変更された
  • スキン選択画面が最適化され、全てのスキンが表示されるようになった

コンテンツ・アップデート(2017年8月17日)[編集 | ソースを編集]

コンテンツ・アップデート (Content Update) は、2017年8月17日に行われたマーケットプレイス内へのコンテンツ追加、変更がなされたアップデートである。

このアップデートは 1.1.5 だけでななく、1.2 の Build バージョンにも行われている。

追加要素[編集 | ソースを編集]

マーケットプレイス
  • 以下のワールドが公開された
    • クレーター
    • 難破船
    • モンスター バトル アリーナ
    • 恐竜の島

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般
  • iOS でのストアで表示されるテキストが変更された
    • 中国語を主にした地域のみとなっている
マーケットプレイス
  • 石器時代テクスチャパック
    • ネザーに生成される全てのブロックのテクスチャが追加された
    • ステータス効果を表示する画面に、ステータス効果のアイコンが表示されるようになった

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. MCPE/WIN10/GEAR VR - 1.1.5 – Minecraft Feedback