Player.datフォーマット/Written Books

提供: Minecraft Wiki
< Player.datフォーマット

2019年5月26日 (日) 10:14; Chrom 24 (トーク | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定なら UTC)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
    •  resolved: 省略可能。本を最初に開き署名した後に作成され、1にセットされる。JSON内のターゲットセレクタをパースするかどうかを決定するために使われ({score:{name:"*", ...}}に該当するプレイヤーを選択するなど)、このときターゲットセレクタの内容が確定する。
    •  generation: 本の複写段階。0:オリジナル、1:オリジナルのコピー、2:コピーのコピー、3:ボロボロ。1より大きい値を持つ本はコピー不可である。このタグが存在しない場合、オリジナルとして扱われる。通常のゲームプレイで「ボロボロ」になることはないが、「ボロボロ」は「コピーのコピー」と同じ動作になる。
    •  author: 記入済みの本の著者
    •  title: 記入済みの本のタイトル
    •  pages: 本のページのリスト
      • 本の1ページ分の情報。ゲーム内では本と羽根ペンに書き込むことで生成される。各々のページはダブルクォートで囲まれた文字列である(ダブルクォート自体は\"、改行は\n、バックスラッシュ自体は\\で表される)。コマンドや外部ツールで作成された場合、JSONオブジェクトや、文字列ないしJSONオブジェクトの配列やエスケープされていない文字列も使用できる(コマンド#JSONテキストを参照)。