Player.datフォーマット/Fireworks

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
    •  Explosion: 花火の星用のタグ
      •  Flicker: 1 or 0 (true/false) - trueであれば打ち上げた時に爆発後のパチパチという効果(グロウストーンダスト)が得られる。このタグは存在しない場合がある。
      •  Trail: 1 or 0 (true/false) - trueであれば打ち上げた時に爆発後の軌跡を描く効果(ダイヤモンド)が得られる。このタグは存在しない場合がある。
      •  Type: 花火の形。0:小玉、1:大玉、2:星状、3:クリーパー状、4:破裂。他の値は「不明な形状」と表示され[1]、小玉として描画される。
      •  Colors: 花火の爆発の最初の色に対応する整数値の配列。カスタムカラーコードを使った場合、ツールチップでは「カスタム」と表示されるが、打ち上げ時には正しい色で描画される。整数値のフォーマットは表示用プロパティcolorと同じである。
      •  FadeColors: 花火の爆発の褪色に対応する整数値の配列。Colorsと同じフォーマット。このタグは存在しない場合がある。
    •  Fireworks: ロケット花火用のタグ
      •  Flight: 飛翔時間(クラフト時に使った火薬の量)。-128から127の値をとる。
      •  Explosions: この花火によって発生する爆発を表すcompound型のリスト
        • 上で説明している、花火の星のExplosionと同じフォーマット
  1. (訳者註)1.12までの話。1.13以降は「小玉」と表示される。