Pi Edition

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Pi Edition
Pi Edition.png
製作
プラットフォーム

Linux (ARM のみ)- Raspberry Pi

開発言語

C++[1]

最新バージョン

0.1.1

リリース日

2013年2月11日[2]

レーティング

?

サイズ

~4 MB

ライセンス

プロプライエタリ

ソースコードの入手

一部のみ可能

リンク
Grass Block Revision 2.png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
このバージョンの Minecraft は更新されていません。

Minecraft: Pi Edition は、Raspberry Pi 向けに開発された Minecraft である。Alpha 0.6.1 時点の Pocket Edition をベースにして少しの機能縮小、いくつかの改良と複数のプログラム言語に対応している。Pi Edition は初級プログラマーの教材用を意図して開発されている。ダウンロードは無料で公式ダウンロードページから可能で、備わっている API を用いてのゲームコードを開き変更することが奨励されている[3]

開発は Pocket Edition の開発者である Aron NieminenDaniel Frisk により行われている。

開発[編集 | ソースを編集]

リリース[編集 | ソースを編集]

Minecraft: Pi Edition は、2012年11月24日に Mojang のウェブサイト上でアナウンスされた[4]

コンパイル済みの、0.1 というバージョン番号が与えられたビルドが Mojang のリポジトリに存在したが、現在は暗号化され誰もアクセスすることは出来ない。当初アップロードされたときは、短い期間であるが保護されておらずダウンロードできてしまっていた。2012年12月20日に、Mojang の公式サイトに Pi Edition リリースの告知が投稿されたが、すぐに削除され実際にリリースはされなかった。

Minecraft: Pi Edition が一般向けにリリースされたのは2013年2月11日のことであり、以前のリリース告知文が再び公開された[2]。しかし、Pi Edition のウェブサイトでは公開日が2012年12月20日のままとなっている。

Raspbian への追加[編集 | ソースを編集]

2014年9月15日にラズベリーパイ財団は、Minecraft: Pi Edition が Raspbian のオペレーティングシステムにデフォルトでインストールされることが発表された[5]

その後、Minecraft: Pi Edition を 'minecraft-pi' としてダウンロード、インストールができるようになった。ターミナルで sudo apt-get install minecraft-pi を実行することで、インストールすることができる。

開発中止[編集 | ソースを編集]

Pi Edition はその後アップデートが一度も行われず、開発者からそのことに関する言及も無かった。その後 2016年1月25日に Tommaso Checchi が Reddit に以下のような投稿をした。

今の開発陣はサポートを続けていないし、MCPE 0.9 での技術的な開発に着手しているよ。これは Raspberry Pi での実行が難しくなることを意味していて、実際に 2015年には Pi Edition に関するコードの削除が行われたんだ。
いつの日か、開発を再開をするかもしれないよ。でもその一方で、Raspberry Pi で Windows 10 が動作するから、 Win10 Edition を実行することができるんだ!僕はそれが「何か」だと思ってるよ。
Tommaso Checci による Pi Edition の開発中止に関して[6]

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

Pi Edition は多くの点で Pocket Edition に非常に似ている。Pocket Edition の Old ワールドのように見えない壁があり、プレイヤーのスキンはデフォルトスキンのまま(char.png のファイルを差し替えることでスキンを変更することができる)である。さらに、タイトルとワールド選択の画面は、Pocket Edition が 0.7.0 にアップデートされるまでは一緒であった。

しかし、プレイヤーはスニークすることができるにもかかわらず、ダッシュすることはできない。現在、鉄の剣を持ってゲームが開始するようになっているが、Mob がスポーンしないため意味を成さない。弓も使えるが、使うと、別のアイテムを選択するかログオフするまで、プレイヤーは永遠に弓を引き続けてしまう。

Pi Edition には、Pocket Edition Alpha 0.6.1 時点で存在しているブロックを全て含まれている。ゲームモードはクリエイティブのみとなっており、クラフトと製錬はできない。

ブロック
道具
植物
内部ブロック

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • Pocket Edition では Alpha 0.12.1 でスニークが追加されたにも関わらず、それよりも2年以上も古いこの Pi Edition では既に追加されていた。
  • プレイヤー名は常に「StevePi」になる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

Promotional Content