We have begun migration of most wikis to our new host, Amazon Web Services. All but the top 100 wikis are in read-only mode until the migration is complete. Estimated completion: TBD -- Update: Fri 10/20 11pm UTC - We have encountered some unexpected issues. Our staff is working around the clock to complete this process as quickly as possible. Thank you for your patience.

Pocket Edition

提供: Minecraft Wiki
PEから転送)
移動先: 案内検索
Pocket Edition
Pocket Edition.png
製作
プラットフォーム

AndroidiOSFire OSWindows 10
Gear VRApple TVAmazon Fire TV

開発言語

C++[2]

最新バージョン

iOS 以外: 1.1.5
iOS: 1.1.7

リリース日
Xperia PLAY
2011年8月16日
Android 4.2以降
2011年10月7日
2013年1月30日 2.3以降
2013年8月15日 3.0以降
2015年7月29日 4.2以降
iOS 8.0以降
2011年11月17日
2013年8月15日 5.0以降
2016年4月27日 6.0以降
2016年6月13日 8.0以降
Fire OS 3.0以降
2012年9月13日
2014年4月2日 3.0以降
Windows 10
2015年7月29日
Gear VR
2016年4月27日
Apple TV
2016年12月19日
Fire TV
2016年12月19日
レーティング
サイズ
  • iOS: 160 MB
  • Android: 端末により異なる
  • Amazon: 71.7 MB
  • Windows 10: 199.66 - 204.15MB
  • Gear VR: 131.99 MB
  • Apple TV: 229 MB
  • Fire TV: 72.4 MB
ライセンス

プロプライエタリ

ソースコードの入手

不可

リンク
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
当記事 Pocket Edition は過去のゲームについて述べています。
最新の情報は Bedrock Edition のページをご覧ください。

Minecraft: Pocket Edition は、Mojang AB が開発しているモバイル端末向けの Minecraft である。当初は Xperia PLAY[注釈 1]限定として、2011年8月16日に Google Play[12]で、価格$6.99/£4.28/5,49€/600円で発売された。同時に無料デモ版もリリースされている。その後2011年10月7日に一般の Android 端末向けにリリースされた[13]iOS 端末向けの Pocket Edition は、2011年11月17日に iOS App Store で発売されている[14]。これは MineCon 2011 での Minecraft 1.0 公開の前日であった。また2012年8月13日には Amazon Appstore 上でも購入可能となった。2014年4月2日に Fire TV コントローラーがサポートされ、Amazon Fire TV 用にリリースされた。体験版(Demo/Lite 版)もあり、ワールドデータの保存は出来なかった。2013年10月21日からはダウンロードできなくなっている。2014年12月10日には、Windows Phone 向けに Windows Store で公開された。しかし、後にリリースは打ち切られた[注釈 2][15]。その後、E3 2017 にて 1.2ベター・トゥギャザー・アップデート)が予告され、2017年9月21日に旧来の Pocket Edition 系列と Xbox One Edition が Bedrock Edition として統合された。Pocket Edition は最終的に AndroidiOS 以外に Windows 10 (Windows 10 Edition)、Samsung Gear VR (Gear VR Edition)、Apple TV (Apple TV Edition)、Amazon Fire TV (Fire TV Edition) のプラットフォームで提供された[16][17][18][19]。なお、現在 Pocket Edition として残っているのは Apple TV Edition のみとなっており、Nintendo Switch Edition が2017年の冬もしくは2018年に統合される予定である。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

ゲームの目的は原作である Java Edition、また対比される Console Edition と同じく、サンドボックス風環境での仮想現実空間での構築になっている。Pocket Edition には他の Edition にもある醸造満腹度、そしてネザージ・エンドといったサバイバル要素の実装はされている。マルチプレイは Android と iOS 間で行え、プラットフォーム間の互換性があるが、完全版と Demo/Lite 版との間には互換性はない[20]

ホットバーおよび他の要素は、モバイル機器向けの標準的なゲームプレイに最適化されている。操作はタッチパネルに加え、Android 版ではソフトキー経由で行われる(Android 版・iOS 版共に同じゲームプレイを提供している[21])。タッチパネルによるゲームプレイという不利な点があるものの、幾つかの機能は改善されている。例えば、クラフトシステムは MATTIS システムが用いられ、アイテムを捨てるにはホットバーのアイコンを長押しすることで実行できるようになっている。携帯端末の画面上で見やすくするために、ブロックが強調して表示されるわけではなく、概説することを目的としている。Windows 10 Edition でのクラフト方法はモバイル端末版とは異なり、Java Edition と Console Edition のクラフトシステムに似ている。発売当初の Pocket Edition のグラフィックは Minecraft Alpha(鮮やかな緑の草ブロック、古い丸石のテクスチャなど)に似よった感じで発売されたが、Alpha 0.8.0 アップデートによって Java Edition と同様なグラフィックとなっており、Java Edition のように太陽の位置によって光着色や陰影の描画が良くなっている。Java Edition との違いは以下のとおりである。

  • Mob は Java Edition と似たような相違点がある。下記の 生き物 の節を参照。
  • マルチプレイは以下の4つの接続方法が存在する。
    • LAN 経由で5人のプレイヤーがシングルサーバーで遊ぶ。
    • Pocket Realms を使用する(Alpha0.7.1 以降)。Pocket Realms は Alpha 0.7.6 で閉鎖されたが、Alpha 0.15.0Realms として可能になった。
    • ユーザーが作成した外部サーバーを通して遊ぶ(Alpha 0.7.4 以降)。
    • Xbox Live を通して遊ぶ。

多様性[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition はより鮮やかなグラフィックで、地形が改良されていたり限定的なアイテムがあったりと、Java Edition とはいくつか異なっている。開発チームは Pocket Edition が独自の多様な進歩を遂げて、Java Edition の最新バージョンの状態にすることを開始すると述べた[22]

開発[編集 | ソースを編集]

リリース[編集 | ソースを編集]

Twitter に公開された初期の試作品の動画では、Xperia PLAY で動作しているのが分かる。その後 Alpha版がリリースされ、2011年10月7日には Xperia PLAY 以外の Android でも利用できるようになった。Android 一般で動作するバージョンは9月29日にリリースされる予定[23]だったが、いくつかの修正を必要とする致命的なバグにより、リリースは10月7日まで遅れた。

iOS 版は Mojang のインタビュー[24]で2012年までのリリース予定が確認された後、2011年11月17日に発売された。

Alpha[編集 | ソースを編集]

0.7.1まで使用されていたロゴ

Android 版と iOS 版の初期リリース後、平行して更新が行われ、同じ要素が両方のプラットフォームに追加されている。Alpha 段階では、様々なゲームプレイの要素が Pocket Edition に導入されている。例えばクラフト製錬、多数のブロックアイテムMob、そして更なるゲームモードが Java Edition に近づけるべく実装されている。Minecraft: Pocket Edition の開発チームが密着して連携していたように、Java Edition にリリースされた要素は、Pocket Edition に同時期にリリースされる。

フルリリース[編集 | ソースを編集]

2016年11月11日、1.0エンダー・アップデート)がリリースされると発表された。後に2016年12月19日に正式リリースされた。

Build[編集 | ソースを編集]

Mojang はバグ報告を主としたフィードバックを得るため、2013年11月22日に Android ユーザーを対象とした、正式版のテストバージョンのリリースが開始された[25]。このテストバージョンで多くのバグが修正され、ゲームがある程度の安定性を持ったら正式にリリースされている。

Alpha 0.8.0~Alpha 0.12.1のバージョンではGoogle+上のグループで開発 Build のバグ報告等が行われ、テストバージョンがリリースされると Play Store 上で通常のアップデートとして利用できた。しかし、Google+ ではグループの作成が自由であるため、それによる偽グループや開発者を装ったユーザーが多く現れ、2015年7月17日に公式グループは削除された[26][27][28]。2015年11月3日に、PE Beta チームは Alpha 0.13.0 ベータプログラムの開発 Build の更新履歴などを公開する専用のブログが発表された[29]

成功[編集 | ソースを編集]

Java Editionnが1,300万の売上をしたと同時に、2013年12月の時点で Pocket Edition は16.5万も売り上げていた。この計算は0.8.0のアップデート後に発表された[30]

2015年1月9日には、Jeb は Pocket Edition が3,000万部以上を販売[31]したと発表した(当時、Java Edition は1,800万以上を販売していた)。

開発は控えめであると考えられているが、Pocket Edition はどの Edition よりも人気が高く、大成功と見なされている。

このアプリは常に App Store のトップチャート[32]や Google Play の有料アプリセクション[33]のトップ10にランクインしている。

操作[編集 | ソースを編集]

iOS およびその他[編集 | ソースを編集]

iOS や他の端末では、画面の左下にある方向キー (D-Pad) を使って移動を制御できる。前進すると斜め方向に移動できるボタンが表示される。スニークボタンはその中央に配置されており、ジャンプボタンは右下に存在する。スニークはボタンを2回タップすることで切り替えできる。ジャンプボタンとスニークボタンの位置の入れ替えは、設定のコントロールから行える。重要なことだが、プレイヤーが1ブロックの段差に向かって移動すると、自動的にブロックの上へジャンプする。これは設定のコントロールから無効にすることもできる。設置したい場所をタップすることでブロックを設置できる。ブロックを壊すには Java Edition と似たような方法ではあるが、マウスボタンをクリックするのではなく、タップしたまま押し続ければよい。分割コントロールを使用すると、画面中央に十字線が表示されるようになり、Java Edition と同様にブロックの破壊や設置ができる。第三者視点の切り替えは設定のゲーム項目からスライダーで変更ができる。インベントリー画面を開くにはアイテム欄の右にある3つの点 (・・・) の描かれたボタンをタップする。ホットバー上のアイテムを長押しすることで捨てることが出来る。このアイテムがスタックされている場合、スタックされている分を捨てる。チェストやかまどのようなコンテナーのインタフェース以外では分割することは出来ない。

Xperia PLAY[編集 | ソースを編集]

*PlayStation キーボードを引き出して操作する。

PlayStationTriangle.svgインベントリを開く

PlayStationCircle.svgホットバーを右スクロール

PlayStationX.svg:ジャンプ(クリエイティブモードでは、二度押しすることで飛行モード切り替え

PlayStationSquare.svg:ホットバーを左スクロール

方向キー:移動

左タッチパッド:スニーク

右タッチパッド:視点移動・方向変更

Select:クラフトメニューを開く(サバイバルのみ)

L1:ブロックの破壊

R1:ブロックの設置

Menu:一時停止

*飛行するには、すばやくジャンプボタンを二回連続押してジャンプする。上昇するには画面のボタンの反対側を押しつつ方向ボタンの上を押す。下降するにはジャンプボタンを押しながら下を押す(クリエイティブ限定)。

タブレット向き機能[編集 | ソースを編集]

各端末には「分割コントロール」の設定がある。これはより大きな画面に適している。十字マークが画面中央にあり、画面右半分でカメラを回転させることができる。

複数のスロットのホットバーを可能する画面サイズの違い以外にも、タブレットバージョンのゲームは他のデバイスとマルチクロスプラットフォームをプレイする機能があり、したがって他のバージョンと同じである。

Windows 10 Edition[編集 | ソースを編集]

Windows 10 Edition では、3つの操作オプションがある。

  • キーボード:Java Edition と同様に操作できるが、各キーの割り当てを変更することはできない。
  • タッチスクリーンー:Windows 10 PC のタッチスクリーンを用いた操作法。基本的な操作は Pocket Edition と似ている。
  • コントローラー:互換性のあるコントローラーを用いた操作法。ボタンの配列は Console Edition と似ているが、各ボタンの操作の割り当てを変更することができる。

システム要件[編集 | ソースを編集]

Android iOS
バージョン Android 4.2 Jelly Bean 以降(Alpha 0.11.1 以前では Android 3.0 以降、Alpha 0.7.2 以前では Android 2.3.0 以降が最低要件) iOS 8.0 以降(Alpha 0.14.3 以前では iOS 6、Alpha 0.14.1 では iOS 5、 Alpha 0.7.2 以前では iOS 4.3.3 以降が最低条件)
プロセッサー 浮動小数点演算に対応した CPU("ARM-v7a code") 600 MHz ARMv7 Cortex CPU
800 MHz Apple A5 CPU
グラフィック OpenGL ES 2.0 に対応している端末
ストレージ 12.5 MB(ワールドの保存領域として約100 MB から 1 GB があったほうがよい) 9.5 MB(ワールドの保存領域として約100 MB から 1 GB があったほうがよい)
データ接続 任意(Realms へのアクセス) 任意(Realms へのアクセス)
対応機器

Sony Ericsson Xperia Play[34]
Sony Ericsson Xperia X10i

Sony Ericsson Xperia Ray[35][36]
Sony Ericsson Xperia Mini Pro[36]

iPod Touch(第3、第4、第5、第6世代全般)
iPhone(3GS、4、4S、5、5C、5S、6、6 Plus、6s、6s Plus)
iPad(第1、第2、第3、第4世代全般、Air、Air 2)
iPad Mini(第1、第2、第3、第4世代全般)
iPad Pro

要求されるスペックより低い端末でも、カスタム ROM イメージ、カーネル、CPU のオーバークロックの有無によらず正常に動作することが知られている。

便利なヒントと小ワザ[編集 | ソースを編集]

  • バッテリーを充電済みにすること。または充電しながらプレイすること(3D ゲームはバッテリーが急速に消耗する)。ただし、バッテリーを長持ちさせたいというなら、やめておいたほうがいいだろう。
  • サーバー上でプレイする前に操作に慣れておくこと(松明の付いているブロックを、簡単に間違えて壊してしまいかねないので)。
  • ホットバー上のアイテムを長押しすることで捨てることができる。
  • P2P ネットワークでは、TCP/UDP ポート19132を要求する。
  • ブロックの設置や採掘の正確性について問題を抱えているなら、分割コントロー (Split Controls) を有効にしよう。これで Java Edition や Console Edition のような十字が画面に表示され、正確に設置できるようになるだろう。視点を移動させるために指を大きく動かす必要はない。
  • Java Edition に古い Pocket Edition のワールドを移植したい場合は こちらの手順(英語) を参照してほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ゲーム公開前のデモ動画では、スムースライティング機能が存在していた。これは多くの端末でバグを発生していたので削除された。Alpha 0.7.0 ではデフォルトにされ、Alpha 0.8.0 では無効にすることができない。
  • Android 版のファイルシステム内に terrain.png ファイルがあるが、これは Java Edition のそれとほとんど同一のものである。このファイル中にはには未実装のアイテムが含まれている。
  • Old ワールドのバリアの壁は高度限界によってカットされており、その上にプレイヤーが登ることができる。
  • Java Edition のブロック設置・破壊範囲は4~6ブロックだが、Pocket Edition では6~9ブロックとなっている。
  • 移動しながらインベントリまたはポーズ画面を開くと、自動的に前進や自動ジャンプ、泳ぐことがコマンドなしにできる。インベントリ及びポーズ画面を閉じると解除される。
  • エンダードラゴンよりウィザーの方が早く実装された唯一の Edition である。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

メニュー画面[編集 | ソースを編集]

メインメニュー[編集 | ソースを編集]

ワールド選択画面[編集 | ソースを編集]

オプション[編集 | ソースを編集]

インベントリ画面[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 動作確認されているのはグローバル版もしくはヨーロッパ版であり、日本版(NTT ドコモ版、イー・モバイル版)ではない。
  2. 打ち切り後(配信終了後)Windows 10 Mobile 向けにはしばらくたった頃再度リリースされている。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. http://www.twitch.tv/mojang/v/6949826
  2. “@johnmbergman The Pocket Edition is ported to C++
    (訳:@johnmbergman Pocket Edition は C++ でコーディングされています。)”
    @jeb_, 2011年10月8日
  3. https://itunes.apple.com/jp/app/minecraft-pocket-edition/id479516143
  4. https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mojang.minecraftpe
  5. http://www.amazon.com/gp/product/B00992CF6W/
  6. https://www.microsoft.com/ja-jp/store/games/minecraft-windows-10-edition-beta/9nblggh2jhxj
  7. Minecraft: Pocket Edition PEGI Rating
  8. Minecraft: Pocket Edition ACB Rating
  9. https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mojang.minecraftpe
  10. https://www.microsoft.com/pt-br/store/apps/minecraft-pocket-edition/9wzdncrdzsbb
  11. https://www.microsoft.com/pt-br/store/apps/minecraft-windows-10-edition-beta/9nblggh2jhxj
  12. https://play.google.com/details?id=com.mojang.minecraftpe
  13. “Minecraft - Pocket Edition will be released today!
    (訳:Minecraft: Pocket Edition は今日リリースされるよ!)”
    @Kappische, 2011年10月7日
  14. http://appleinformer.org/2011/11/minecraft-pocket-edition-for-ios-now-available-for-download/
  15. http://www.windowscentral.com/minecraft-pocket-edition-comes-windows-phone?utm_source=wpc&utm_medium=twitter
  16. https://mojang.com/2015/07/announcing-minecraft-windows-10-edition-beta/
  17. https://www3.oculus.com/en-us/blog/minecraft-now-available-on-oculus-for-gear-vr/
  18. https://minecraft.net/en/article/apple-tv-edition-released
  19. https://www.amazon.com/gp/product/B01NCJDPER/
  20. http://mojang.com/2011/11/18/minecraft-pocket-edition-on-ios/
  21. “The Android and iOS version of Minecraft - PE are developed simultaneously.
    (訳:Android 版と iOS 版の MCPE は同時進行で開発されています。)”
    @Kappische, 2011年12月3日
  22. http://www.twitch.tv/jbernhardsson/b/519822083
  23. https://www.youtube.com/watch?v=rCcsuPH4vJY
  24. http://www.unboundgamer.com/_/minecraft-pocket-edition-interview-with-mojang-r393
  25. https://mojang.com/2013/11/android-beta-program-for-minecraft-pe/
  26. https://twitter.com/missmarzenia/status/621982409140105216
  27. https://twitter.com/missmarzenia/status/621984399349948416
  28. https://twitter.com/missmarzenia/status/621992330313236480
  29. https://twitter.com/missmarzenia/status/661531497527164928
  30. http://www.theguardian.com/technology/2013/dec/17/mojang-minecraft-pocket-edition-apple
  31. https://twitter.com/jeb_/status/553645486524350465
  32. http://www.apple.com/jp/itunes/charts/paid-apps/
  33. https://play.google.com/store/apps/collection/topselling_paid?hl=ja
  34. https://www.youtube.com/watch?v=jO-y5wzmK4E
  35. http://twitpic.com/6wimvs
  36. a b https://twitter.com/Kappische/status/122338591966896128
  37. https://www.youtube.com/watch?v=kZPuMUAh5J4