ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

As part of the Unified Community Platform project, your wiki will be migrated to the new platform in the next few weeks. Read more here.

Old

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はBedrock Edition限定の要素です。
Old ワールドタイプを使用して生成したワールド

Oldオールド)は Bedrock Edition 限定のワールドタイプである。このワールドタイプの役割は、無限ワールドがうまく機能しないローエンド端末のためのものである。

創造[編集 | ソースを編集]

Old ワールドを作成するためには、ワールド作成画面の「ワールドタイプ」から「古い」を選択する必要がある。 また、オプション画面のビデオ設定から「ワールド(世界)を有限にする」で切り替えることもできる。その場合生成されるワールドは全て Old ワールドとなる。

構造物[編集 | ソースを編集]

Old ワールドは 256×256 の有限ワールドで生成され、端は不可視の岩盤の壁で覆われている。現在はいずれかでバイオーム(覆われた森)が生成されるが、ワールドのサイズが限られているため、通常は一度に多くのバイオームは生成されない。

構造物などは普通に生成される。たが洞窟要塞廃坑といったその他の構造物は滅多に生成されない。

Old ワールドでは、ネザージ・エンドにはアクセス出来ない。アクセスするためには、ワールドタイプを下記のように無限に変更する必要がある。

無限ワールドへの変換[編集 | ソースを編集]

Old ワールドを無限ワールドに変換するには、ワールド選択画面からワールド編集画面に移る必要がある。 その画面で、「ワールド(世界)を無限に!」を押すことで切り替えられる。変換したワールドでは、インポートインベントリ、地形、構造物などの情報は保たれたまま無限ワールドになる。元の Old ワールドの名前は <WorldName>-old となる。

歴史[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha
0.1.0Pocket Edition の最初のバージョンと共にリリースされた。このバージョンではこのワールドタイプしかなかった。
基本的にわずか3つのバイオーム(森林、タイガ、砂漠)の地形で生成された。
0.1.3サボテンが砂漠に生成されるようになった。
0.9.0Old に加えて Infinite(無限)Flat(フラット)のワールドタイプが選択できるようになった。
ワールドジェネレーターが変わり、構造物バイオームが追加され、葉の色が変わった。
0.11.0Old ワールドが無限ワールドに変換できるようになった。
0.16.0build 1Old ワールドが削除(選択)できなくなった。
build 5Old ワールドが再追加された。
Pocket Edition
1.0.0alpha 0.17.0.1Added the end dimension in old worlds, which is inaccessible without commands.
Bedrock Edition
1.2build 1Old ワールドの周囲が不可視の岩盤で覆われなくなった。
1.10.0beta 1.10.0.3Due to villages being overhauled, village generation is now rarer.

問題点[編集 | ソースを編集]

「Old」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]