Mod/Modの導入

提供: Minecraft Wiki
< Mod
移動先: 案内検索
Rose (2D).png
このページには古い情報、またはゲームから削除された機能についての内容が含まれています。
これらの機能は、以前の古いバージョンのMinecraftに存在するものです。
このページの内容は、Mojang StudiosまたはMinecraft Wikiのサポート対象外です。

Modを使用する際の注意[編集 | ソースを編集]

Mod を導入する前に Minecraft のバックアップを取っておこう。Mod の導入により、セーブデータが破損してしまう可能性があるからだ。また、バックアップが何らかの弊害により破損することも考えうるため、バックアップは一度きりではなく常に行っておくこと。 さらに念を押して言うが、Mod の導入は安易な気持ちで行ってはならない。それだけ簡単にワールドを破損できてしまい、何より Mojang によるサポートは一切ないため復旧は難しい。

Minecraft のバージョンが変わると、それまでに導入していたほとんどの Mod は使い回しできないだろう。再びその Mod を使うには、そのバージョン用に更新された Mod を導入する必要がある。それまでプレイしていたワールドはそのまま使えるが、アイテムやブロックなどの ID が変更されている場合、該当するものは消滅する。

また、たとえそのバージョン用の Mod が公開されていたとしても、正常に動作するかは保証できない。

他に初心者でも容易に Mod を導入できる Mod パックというものもあり、インストーラー式のため複雑な作業を必要としない。

前提Modの導入[編集 | ソースを編集]

  • ファイルの圧縮/解凍や適切なアーカイブユーティリティ(WinRAR、7zipなど)の使い方を知ること。
  • 適切なバグレポートの提出する方法を知ること。
  • Modとその前提条件を実際にインストールする方法を知ること。
  • 規約を読むこと。
  • どのModが互いに競合し、どのModが競合しないかを知ること。
  • 規約を読み直してください。

これらの方法を知らなくても導入できるが、Minecraftのコピーが破損した場合は、Modコミュニティの誰か(できればModの作者)に修正や方法を求める必要がある。

最近のModローダー(前提Mod)では、インストーラーを使い、自動で導入できることが多い。

注:MCPatcherを使用し、手間を省くことができる。

Modの導入[編集 | ソースを編集]

「minecraft.jar」というコンピューター上のファイルは、Minecraftを実行するために必要なものすべてを提供している。例:ワールド生成、ブロックの表示、Mob、アイテム、レシピの管理。MinecraftにMODを追加すると、Minecraft.jarを取得し、必要な変更で上書きされる。minecraft.jar内で実行されるこれらのファイルはすべて、「難読化」と呼ばれる過程で実行される。基本的には、「レシピ」のような単語を「bf」のような単語に変更する(技術的には、すべてのクラス名、変数名、識別子は1〜3文字の無意味な名前に変換される)。

さらに、ゲーム内の各エンティティ(Mob、アイテム、ブロックなど)にはIDがあり、マップ上で説明できる。 Minecraftに新しいコンテンツが追加されると、新しいIDが使用される。

これには非常に重要な意味がある:

  • これにより、Minecraftのプレイ方法が根本的に変わる。したがって、Mojangはいかなる場合でもユーザーを支援することはできず、クラッシュ、データ損失などの責任を負わない。
  • MODの中には、かわいい子犬をワールドに追加するようなことだと言うものもあるが、実際には、Minecraftのユーザー名/パスワードを盗んだり、キーロガーをインストールするなどの悪意を持って作成されている可能性がある。これは、次の場合に懸念される。
    • ダウンロードしたmodに実行可能ファイルが含まれており、それを実行する。
    • ダウンロードしたmodがMinecraftランチャーを変更する必要があることを通知する

(Minecraft.jarは一般にメインアプリケーションディレクトリにあり、以下で説明する「minecraft.jarではない。インストールするMODにこれらのアクションが含まれていない場合、非常に安全であると感じられるはずである。 RisugamiはModloaderとその他の優れた、安全な、人気のあるmodを作成し、新しいバージョンではmodがより安全になったた。ダウンロードしてインストールする前にmodの投稿のコメントを読んだほうがよい)

  • Minecraftが更新されると、作成者はすべてのmodを再更新する必要があり、場合によっては再ダウンロードしてフォルダーに配置する必要がある。Minecraftの更新時のmodでは、Mojangはソースを難読化するため、modローダーの最新バージョンもダウンロードする必要がある。Mojangがアップデートで使用することを選択したID番号をmodが使用するとさらに問題が発生し、世界が奇妙に見えたり、完全に壊れて使用できなくなる可能性がある。 Modの作成者は独自の自由意志でこれを行い、更新するのに数週間かかる場合がある。ただし、これは、作成者にそれを嫌がらせする必要があるという意味ではあない。
  • 2つのMODが同様のことを行う場合、両方とも「bf」(または「レシピ」)ファイルを変更しようとするため、互換性がない可能性がある。(これは修正可能。最近では、MODには、競合を修正するためにブロックとアイテムIDを変更するプロパティファイルが付属している。)
  • 新しいエンティティをワールドに追加している可能性があるため、MODを削除する必要がある場合(Minecraftの更新などにより)、そのワールドは互換性がなくなる。

Modのダウンロード[編集 | ソースを編集]

MODをダウンロードするリストの最適な場所は、WikiのModページである。MODを見つけるための信頼できる場所であり、頻繁に更新される。 または、MinecraftフォーラムのMODセクションでMODを見つけられる。このセクションには600ページを超えるページがあるため、探しているMODや優れたMODを見つけるのは面倒である。

TooManyItemsコピーなどの大きなmodのコピーであるmodを取得する場合、マルウェアが含まれている可能性があるため、元のトピックから目的のmodを取得することをお勧めする。ダウンロードするファイルのいずれかがクラス、png、またはオーディオファイル、またはそれらのアイテムを含むフォルダーではなく、インストーラーではない場合、それらは開いてはいけない。modをjarに入れる前に、コンピューターのウイルス対策プログラムを介してzipファイルまたはフォルダーを実行し、低品質のサイトからmodをダウンロードし、それらをアンチウイルスプログラムでスキャンすると、コンピューターの問題を防ぐことができる。

バックアップの作成[編集 | ソースを編集]

単にリスクなしでmodをテストする場合は、.minecraft全体だけをバックアップする。それを復元すると、すべてが事前に変更された状態(ワールドを含む)に戻る。

より永続的で複雑な方法でmodを実行する場合は、次の推奨事項に留意する必要がある:

  • .minecraft/savesで世界をバックアップする
  • 以前にmodをインストールしていた場合は、誤ってmodをアンインストールしないよう、minecraft.jarもバックアップしたほうがよい。
  • 統計と実績を安全に保持したい場合は、ディレクトリ.minecraft/statsをバックアップしたほうがよい
  • Minecraftの変更されていないバージョンから再びその世界にアクセスしたい場合は、カスタムMODのみのアイテムをチェストに入れてはいけない。それを行うと、MODを削除してからチェストを開いたり破壊したりすると、Minecraftがクラッシュする可能性がある。これを誤って行った場合、チェストの上に立って、/setblock ~ ~-1 ~ airと入力するとよい。チェストとその中のアイテムは削除される。

新しいmodをインストールするたびに、ワールドのバックアップを行う必要がある。

補助Mod[編集 | ソースを編集]

  • 他のmodが提供するコマンドの一部を使用するため、他のmodが機能するのに絶対に必要なmodが多くある。これらはユーティリティmodとも呼ばれる。これらのmodには、ModLoader(一般にmodを追加するため)、およびMinecraft Forge(modloaderのより高度なバージョン)が含まれる。 一部のmodに必要なこれらのmodは、Minecraftを実行する前にmodとともにインストールする必要がある。これらがないと、MODは機能せず、Minecraftがクラッシュすることもある。

Modの作成者は、アイテムIDを変更するための構成ファイルを提供する場合がある。競合するIDを見つけて変更する。MinecraftまたはMODの更新プログラムが公開されたときに、同じアイテムIDを使用するか、クラッシュする必要があることを覚える必要がある。

クラッシュした際の対処[編集 | ソースを編集]

  • Minecraftをコマンドラインモードで実行し、スタックトレースを取得
  • このスタックトレースをmodの作成者のWebサイト/フォーラム/スレッドにエラー報告として投稿
  • クラッシュを修正できない場合は、次のセクションを参照しMinecraftとワールドを復元
  • Minecraftを再起動するだけで消える。

Minecraftの復元[編集 | ソースを編集]

modを削除するには3つの方法がある

  1. (modがこの方法でインストールされている場合のみ).minecraftフォルダーのmodsフォルダーに移動し、そのフォルダーからmodを削除。 (Modloaderの最新バージョンのみ)
  2. Minecraftのバージョンを復元し、世界を維持。
  3. アップデートさせる。 これを行うには、「ログイン」の上のボタンをクリック。

Minecraftを復元するには、AppDataフォルダーに移動し、ローミングに進む。.minecraftフォルダーをデスクトップ(または任意の場所)に移動し、Minecraftランチャーを開き、ユーザー名とパスワードが正しいことを確認してログインする。Minecraftランチャーは、新しい.minecraftフォルダーをローミングフォルダーにダウンロードする。 完了したら、modded .minecraftフォルダーを開き、Savesフォルダーに移動する。 modのない.minecraftフォルダーについても同じことを行う。modの入っている.minecraftフォルダーからワールドを取得し、新しい.minecraftフォルダーのsavesフォルダーに配置する。ワールドは素晴らしいはずだが、ワールドのmodアイテムはすべて消える。

クラッシュを修正するには、次の問題解決リストを参照

- minecraft.jarのMETA-INFフォルダを削除したか?

- ModLoaderを忘れていないか?

- MODに競合するアイテムまたはブロックIDがないか? その場合、ほとんどのmodには、ブロックやアイテムIDを変更するためのプロパティファイルがある。

- modloader.txtを調べ、競合しているブロックIDを確認

- modが現在のバージョンのMinecraft向けに作成されているか?

- modの依存関係をインストールしたか? たとえば、Planees Modが機能するにはTurboModelThingyが必要であり、SDKのGuns ModのModloaderではModLoaderMPが必要である

- Modloaderの適切なバージョンがあるか?

- 適切なバージョンのmodを使用しているか?

- MODを正しくインストールしたか?(MODのREADMEファイルを参照)

BlackScreenFixなど、ゲームを自動的に復元するユーティリティもあるhttp://dl.dropbox.com/u/62819837/BlackScreenFix.exe

簡単なチェックリスト[編集 | ソースを編集]

  • META-INFフォルダを削除
  • 競合するMODが無いことを確認
  • Modloader MODを使用している場合は、正しいバージョンのModloaderがインストールされている事を確認
  • MODのバージョンを確認
  • YouTubeチュートリアルを検索(正しいOSとmodのバージョンを使用してビデオを視聴)

Modの導入方法[編集 | ソースを編集]

旧ランチャー[編集 | ソースを編集]

  • Windows 95/98[SE]/2000/ME/XP
  1. スタートをクリック
  2. 実行をクリック
  3. %appdata%
  4. minecraft.jarを開く(minecraftとしか表示されない場合もある)
  5. アーカイブソフトウェアを使用しフォルダを開く(もっとも一般的なものは7ZipとWinRAR)。これを行うにはminecraft.jarをクリックしプログラムから開くにカーソルを合わせる
  6. META-INFフォルダを削除
  7. クラスファイルをこのフォルダにコピー。クラスファイルをコピーしたら、フォルダを終了
  8. 特定のMODでは、ファイルを他のダイレクトリにコピーする必要がある。例:

- Resourcesフォルダ(メインの.minecraftダイレクトリに存在)
- Configフォルダ(メインの.minecraftダイレクトリに存在)
- .minecraftフォルダ
ダウンロード先の指示に従い、ファイルのコピー先を明確にする

  • Windows Vista 以降

方法1:

  1. スタートアイコンをクリック
  2. C:/ユーザー/(ユーザー名)/Appdata/roaming/.minecraftへ
  3. binを開くとminecraft.jarが表示される(minecraftとしか表示されない場合もある)
  4. アーカイブソフトウェアを使用しフォルダを開く(もっとも一般的なものは7zipとWinRAR)。これを行うにはminecraft.jarをクリックしプログラムから開くにカーソルを合わせる
  5. クラスファイルをこのフォルダにコピー。クラスファイルをコピーしたら、フォルダを終了
  6. 特定のMODでは、ファイルを他のダイレクトリにコピーする必要がある。例:

- Resourcesフォルダ(メインの.minecraftダイレクトリに存在)
- Configフォルダ(メインの.minecraftダイレクトリに存在)
- .minecraftフォルダ
ダウンロード先の指示に従い、ファイルのコピー先を明確にする

  • Linux

minecraft.jarは~/.minecraft/bin/にある。Nautilus(または他のほとんどのファイルブラウザー)からCtrl+Hを押し、.minecraftに移動する隠しフォルダーを表示。コンソールでls -a~/と入力すると.minecraftダイレクトリが見つかる。binフォルダーに移動し、アーカイブマネージャーなどを使用してMinecraftのjarファイルを開く。zipまたはrarからjarに入れたいmodを抽出。アーカイブマネージャーのウィンドウを閉じる。プレイを開始!

  • Mac

これはターミナルを使用しMODをインストールする方法である

1. アプリケーション→ユーティリティに移動、ターミナルを開く
2. 次の行を1行ずつ入力:
cd ~<br>
mkdir mctmp<br>
cd mctmp<br>
jar xf ~/Library/Application\ Support/minecraft/bin/minecraft.jar<br>
3. ターミナルの外部で、すべてのファイルとフォルダをmctmpダイレクトリにコピー
4. ターミナル内に戻り次のように入力

rm META-INF/MOJANG_C.*
jar uf ~/Library/Application\ Support/minecraft/bin/minecraft.jar ./
cd ..
rm -rf mctmp

  • 全てのOS

ほとんどのオペレーティングシステムでは、Minecraftのメインメニューの[テクスチャパック]ボタンを選択するとMinecraftフォルダーが開く。そこから「上」をクリックすると、.minecraftディレクトリに移動する。

新ランチャー[編集 | ソースを編集]

  1. 1.6以上のランチャーを開き、MODに必要なMinecraftのバージョンがインストールされている事を確認
  2. ランチャーの[プロフィールの編集]をクリックし、ゲームダイレクトリを開く
  3. サブフォルダー"versions"に移動
  4. 必要なバージョンのフォルダーの名前を別のものに変更。この例では「1.8.3」の名前を「1.8.3_Modded」に変更。
  5. 1.8.3_Moddedフォルダーを開く
  6. 「1.8.3.jar」の名前を「1.8.3_Modded.jar」に変更
  7. 「1.8.3.json」の名前を「1.8.3_Modded.json」に変更
  8. テキストエディタで「1.8.3_Modded.json」を開き、「id」:「1.8.3」を「id」:「1.8.3_Modded」に置き換え、ファイルを保存して閉じる
  9. jarファイルを開き、その中のすべてのファイルを見ることができる。これを行うには、.jarを.zipに変更して解凍する。新しいjarフォルダーとjsonのみが必要なため、そのダイレクトリの他のすべてを削除。WinRARまたは7-Zipは必要ない。modファイルを「1.8.3_Modded」新しいjarフォルダーにコピーアンドペーストする
    1. ファイル拡張子はデフォルトで非表示になっている可能性があるため、ファイルエクスプローラーに非表示にしないよう指示する必要がある。Windows 10では、上部の[表示]をクリックし、[ファイル名拡張子]というボックスを見つけて確認する。古いバージョンのウィンドウでは、[整理]に移動してボックスを見つける必要がある
  10. META-INFを削除(必要な場合)。(META-INFファイルを削除する必要があるかどうかを必ず確認。一部のmodは、それなしでは実行できない場合がある。削除しない場合は、いつでも戻って削除できる。)
  11. 1.6以上のランチャーを起動
  12. [プロフィールの編集]をクリック
  13. 「バージョンを使用」で、「1.8.3_Modded」を選択
  14. [プロフィールを保存]をクリック
  15. 通常どおりログインして再生

1.6.1以降の導入方法[編集 | ソースを編集]

Minecraft 1.6.1以上用のMODをインストールするには、Minecraft Forgeを使用するか、手動で2つの方法で実行できる。その両方について詳しく説明する。

(これらの手順は、1.6.1以降のすべてのバージョンで動作する)

Minecraft Forgeでの導入[編集 | ソースを編集]

まず、好きなMODを見つけてダウンロードする。.jarファイルである必要がある(稀に.zipの場合がある)。これはMODのダウンロードにおいて優れたウェブサイトである(注:このウェブサイトではMODを入れるMinecraftの特定のバージョンのMODを検索できる)。 MODをダウンロードしたら、Minecraft Forgeホームページにアクセスし、リストからバージョンを選択する。このチュートリアルでは例として1.8.8を使用する。修正するバージョンの.jarファイルをダウンロードして実行し、[OK]をクリックするだけで放置する。その後インストールされMinecraftが起動される(注:Minecraftを少なくとも1回開いている必要がある)。.minecraftフォルダを見つけ、「mods」という名前の新しいフォルダがあるはずである。

ダウンロードしたMODファイルをこのフォルダーにドラッグアンドドロップし、Minecraftランチャーを開く。[プレイ]をクリックする前に、左側の[プロフィールの編集]をクリックする。[バージョンの選択]ドロップダウンメニューで一番下に移動すると、[1.8.8Forge]バージョン(またはMODの入っているバージョン)が表示される。 それをクリックして[OK]をクリックし、[プレイ]をクリックする。特に複数のMODを使用している場合、ロードに通常より時間がかかる。ワールドを開始し、MODが何であれ、Minecraft Forgeを使用してMODを正常にインストールされる。

手動での導入[編集 | ソースを編集]

この節は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。

この方法は少し難しい。まず、.minecraftフォルダーに移動して「バージョン」に移動し、「1.9.4」フォルダーのコピー、またはMODを入れるバージョンを作成。新しいコピーの名前を、たとえば「1.9.4mod」に変更する。次に、新しい「1.9.4mod」フォルダー内で、「1.9.4.jar」ファイルの名前を「1.9.4mod.jar」に変更し、「1.9.4.json」ファイルの名前を「1.9.4mod.json」に変更する。これらは、含まれるフォルダーと同じ名前である必要がある。次に、メモ帳で「1.9.4mod.json」ファイルを開き、すべての1.9.4テキストを1.9.4modに置き換え、保存して閉じる。次に、WinRARまたは7Zipを使用し、「1.9.4mod.jar」ファイルを開く。 「META-INF」フォルダーを削除し、再度、WinRARまたは7Zipを使用して、別のウィンドウでmod .jarファイルを開く。 mod jarから1.9.4modバージョンjarにすべてをコピーする。

Minecraftランチャーを開き、バージョンドロップダウンメニューに移動する。「1.9.4mod」バージョンが表示される。それを使用して、Minecraftを開く。modが最高の結果を出せば、うまくいっている。

Mod同士の互換性の確認[編集 | ソースを編集]

  • WinRARや7-Zipなどのアーカイブユーティリティで「minecraft.jar」フォルダーを開き(上記参照)、ダウンロードしたフォルダーからmodcraftファイルをminecraft.jarフォルダーにドラッグ。ほとんどのmodでは、modが機能する前にminecraft.jar内の「META-INF」フォルダーを削除する必要がある。

クラッシュした際の対処[編集 | ソースを編集]

  • MODがブロックまたはアイテムIDと競合している可能性がある。modを入手した場所をチェックし、他の誰かが同じエラーを抱えているかどうかを確認し、解決策があるかどうかを確認。
  • 「META-INF」フォルダを削除するのを忘れている可能性がある。ほとんどのmodでは、modをロードする前にこのフォルダーを削除する必要がある。
  • RisugamiのModloaderとAudio Modなどの他のMODは、MODがクラッシュし続ける場合(またはMinecraftがユーザーの意志でミュートされている場合)とても役立つ

インストーラー[編集 | ソースを編集]

modを自動的にインストールするプログラムがいくつか作成されており、ファイルをminecraft.jarに手動でコピーする必要がなくなった。 MCManagerやMCPatcherなど、これらのプログラムの一部は、ツールとエディターにある。

関連項目[編集 | ソースを編集]