Mod/Forge Modの導入

提供: Minecraft Wiki
< Mod
移動先: 案内検索
Cleanup.svg
この記事はスタイルガイドの基準を満たす必要があります。 [議論]
この記事を整理してくださる協力者を求めています
このページの内容は、Mojang StudiosまたはMinecraft Wikiのサポート対象外です。
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。

Minecraft ForgeとはMinecraftを改変しやすい環境にしたバージョンである。

Forgeの導入手順[編集 | ソースを編集]

1.まず、Forge公式サイトにアクセスする。

2.インストールしたいバージョンを選択する。

3.インストーラーを選択する。

※Windowsの場合、”Installer”を選択してください。

4.広告のページに飛ばされるので5秒待つと右上にSkipが表示されるのでSkipを押す。

※下側は広告なのでその部分をクリックしないでください。

Forge

5.Skipを押すとダウンロードが開始するので保存場所を選択する。

※ブラウザーによっては警告が出るので警告を無視して保存してください。

6.ダウンロードしたファイルをダブルクリック(ファイルを押してエンターキーを押す)する。

7.Forgeのインストーラーが起動するのでInstall Cliant をクリックしインストールする。

8.Minecraft Launcherを開く。

9.起動構成をクリックし新規作成というボタンをクリックする。

10.インストールしたバージョンを選択する。

11.保存する場所を選択する。

※vanillaのワールドとmodが入っているワールドが混在するとエラーが起きる可能性があるので保存場所を別々にすることをお勧めします。

12.作成したプロファイルを保存し起動画面に戻る

13.プレイボタンの右を押すとプロファイルの一覧が表示されるので先ほど作成したプロファイルを選択し一覧を閉じる。

14.プレイをクリックする。

15.Minecraftのメニュー画面が表示されたら一旦Minecraftを閉じる。

16.選択した保存場所をファイルを開くとModsなどのファイルが生成されているはずなのでそこにmodファイルを入れる。

※現在のoptifine(軽量化mod)はインストーラー型に移行されつつあるのでそのファイルをそのままmodsファイルに入れてMinecraft forgeを起動するとエラーが起きます。 また、modのファイルはforgeのバージョンに合わせてください。

17.再びMinecraft Forgeを起動する。

18.Modsボタンをクリックすると導入したmodファイルが表示されているのでmodsファイルにいれたmodが表示されていれば導入が成功。