Minecraft Earth: 持ち物

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Buttercup.png
このMinecraft Earthの記事は書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?
Minecraft Earthの持ち物には、アイテムやモブが無制限にスタックされている。

持ち物(英:Inventory)は、プレイヤーがクラフトしたり、アドベンチャータッパブルから集めたプレイヤーのアイテムをすべて保持することができる機能である。

特徴[編集 | ソースを編集]

通常のMinecraftとは異なり、Minecraft Earthでは持ち物はインベントリスロットでアイテムやブロックのスタックできる量は実質的に無制限である。アイテムのスタックが999を超えると、1000の倍数で表示される; 例えば、1,273個のアイテムは "1.3K "と表示される。

持ち物にはクラフトグリッドがないため、ダメージを受けたアイテムを組み合わせて修復することはできない。また、持ち物には防具スロットがない。

Mobを保持することができ、達成感を得ることができる。まれにタッパブルで敵対的なMobがドロップし、それを集めてビルドプレートに置くことができる。

持ち物管理[編集 | ソースを編集]

通常のMinecraftとは異なり、インベントリには同じ道具をスタックすることができる。そして、使用して耐久性が低下したツールはスタックから取り除かれる。空のバケツもスタックしますが、水や泥、溶岩を入れると、そのバケツはそのバケツの種類に対応する別のスタックに移動する。

スタックは、ツールの使用状況によって分割されている道具のスタックを除いて、分割することはできない。さらに、ブロックも分けてメインインベントリからホットバーに移動させることはできない。例えば、プレイヤーのインベントリに調理済みの鶏肉が37羽あり、アドベンチャーに持って行きたい場合、調理済みの鶏肉37個をすべてホットバーに移動しなければならず、プレイヤーが冒険中に死亡した場合、スタック全体が失われるリスクがある。

アドベンチャー[編集 | ソースを編集]

メインのインベントリと、アドベンチャーで使用される「バックパック」のインベントリがある。

アドベンチャー中、メインのインベントリにはアクセスできなく、プレイヤーはアドベンチャー外ではいつでも持ち物からホットバーにアイテムを移動させることができ、冒険が始まる直前にアイテムを移動させる時間が与えられる。アドベンチャー中にインベントリを開くと、バックパックのインベントリだけが表示され、そのインベントリにはアドベンチャー中で集めたアイテムとホットバーの中身が含まれている。

アイテムを収集すると、最初にホットバーの空のスロットが埋められ、ホットバーが一杯になった後に、アイテムを集めるとバックパックのインベントリの方におくられる。

死亡せずにアドベンチャーを終了した場合、(アドベンチャーの時間が終了するか、プレイヤーが手動で終了する)バックパックの中のすべてのアイテムはメインインベントリに転送される。ホットバーの空のスロットに集められたアイテムはホットバーに残り、プレイヤーが望むように手動でメインインベントリに転送することができる。

アドベンチャー中に殺された場合、プレイヤーのメインインベントリは保持されるが、ホットバーとバックパックの中のアイテムだけが失われる。