Minecraft 4k

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 4k
Minecraft 4k.png
製作

Markus "Notch" Persson

プラットフォーム

クロスプラットフォーム(Webベース)

開発言語

Java

最新バージョン

?

リリース日

2009年12月2日[1]

レーティング

?

サイズ

"Way less than 4 kb"[2]
(2.52KB)

ライセンス

?

ソースコードの入手

不可

リンク
この記事はスタイルガイドの基準を満たす必要があります。
そのため、この記事を整理して下さる協力者を求めています議論ページには提案があるかもしれません。

Minecraft 4kは、「4kb未満」のプログラムを対象にしたJavaプログラムコンテスト Java 4KのためにJavaで開発された Minecraftのバージョンである[2]Markus "Notch" Perssonにより2009年12月2日[3]に公開された。

機能は非常に限定されており、 ブロックの設置と破壊しかできず、設置できるのは草ブロックだけである。マップは自動生成されず毎回同じで、構成するガラス、草ブロック、、及びレンガ (ブロック)はランダムに配置される。マップは64x64x64と非常に小さく、空は無くただ暗黒が広がっている。ゲームの仕様は、ブロックの破壊に時間がかからない、ブロックを無制限に設置できる、少ないブロック数、昼夜のサイクルが無い、Mobがいない、マップは有限、とClassicに似たものになっている。右クリックと左クリックの動作が現在のMinecraftのものとは逆になっている。マウスを動かすと視点がBetaでF8を押したときのように「スムーズ」に動き、これを変更する方法は無い。また操作方法を変更する手段は無く、メニューにアクセスすることもできない。

このゲームは無料で楽しむことが出来たが、元ページへのリンクが切れており、公式的にプレイすることは出来ない。

しかし、アーカイブが残っているため、事実上プレイすることが可能である。

ID ブロック
0 空気
1 草ブロック
2
3
4
5 レンガ
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • マップは透明なバリアに包まれていて、プレイヤーはその外に出ることができない。
  • マップ空間は64×64×64(262,144ブロック)である。
  • 通常のMinecraftのように木を破壊したときに周辺の草が消えることが無い。
  • 実行ファイルのサイズが2.52KBしかない[2]
  • 左クリックでブロックの設置、右クリックで破壊、と操作が逆になっている。
  • アプレット上でマウスがアクティブで無い状態では、移動やジャンプが出来ない。
  • マウスの中クリックと左クリックの機能が同じである。
  • Shiftキーで移動または停止状態を保持できる。

脚注[編集 | ソースを編集]