Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

Minecraft: The Story of Mojang

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft: The Story of Mojangの通常のDVDカバー画像

Minecraft: The Story of Mojangは 2 Player Productions によって製作された、Mojang Studiosの歴史と開発についてのドキュメンタリーである。(PG-13に指定されている) この映像は2011年2月21日に発表され、2012年12月22日にXbox Liveにおいて配信され、さらに翌日他のプラットフォームにおいても公式にリリースされた。[1]

Kickstarterページと出資金[編集 | ソースを編集]

2 Player ProductionsはKickstarterというサービスを通じてウェブ中の人々から出資金を受け入れた。 これらの出資金は2 Player Productionsが映画に資金を供給するための出資金である。2 Player Productionsは3月26日土曜日、アメリカ東部夏時間2時49分に資金受け入れを停止した。最終的に、プロダクションは目標の150,000ドルの140%以上である、210,197ドルを獲得した。出資者は3,631名のみで、これは平均出資額が約58ドルだということを意味する。全ての出資者は報酬を得た。報酬の種類は出資された額に対応する(より多くの額を出資すると、より多くの報酬を得られることになる)。 2011年3月9日に、2 Player Productionは目標だった150,000ドル越えに到達した。翌日、何人かの人々に返金が行われ、合計額は145,000ドルまで落ち込んだ。その後、合計金額は徐々に増え、最終日、最後の数分に支援者が出資した際に急増した。2 Player Productionsは全員に感謝する、出資者のみの長いアップデートを投稿した。Minecraft: The Story of Mojang は一時Kickstarter上で3番目に出資されたプロジェクトとなった。[要出典]

出資への特典[編集 | ソースを編集]

出資額 特典
1ドル以上 全ての寄付者はは特別デジタル支援者キットおよび、プロダクションのブログへの、開発経路を通した独占的なアクセスを得た。
15ドル以上 この映画のサウンドトラックのデジタルダウンロードを獲得し、、クレジットの「thank you」部分に名前が入る。
30ドル以上 このキャンペーンのために特別に製作された「サポーター・エディション」の2枚組DVDおよび、サウンドトラックのデジタルダウンロード、クレジットへの記名。
60ドル以上 2Playerの署名付の「サポーター・エディション」DVD、(ボーナストラック/リミックス入りの)映画のサウンドトラックの物理的コピー品(現物)、特別な「クリーパー」のネジ巻き仕掛けのおもちゃ、およびクレジットへの記名。
100ドル以上 Minecraftの風景の、額入れに適した特製のポスター、プロダクションの署名付DVD、サウンドトラックの物理コピー、「クリーパー」のおもちゃ、クレジットへの記名。
250ドル以上 Markus "Notch" Perssonのサインと番号入りである、Minecraftの風景の、額入れに適した特製のポスター、プロダクションの署名付DVD、サウンドトラックの物理コピー、「クリーパー」のおもちゃ、クレジットへの記名。
350ドル以上 映画のクレジットで上映される、自分の創作のMinecraftのビデオ(15秒以内)、Notchのサイン及び番号入りのMinecraft特製風景ポスター、プロダクションの署名付きのDVD、サウンドトラックの物理コピー、「クリーパー」のおもちゃ、クレジットへの記名。19人の人のみがこの報酬を得られた。
500ドル以上 唯一の「箱ブタ(Minecraftのブタ)」の貯金箱、Notchのサインと番号入りのMinecraftの特製風景ポスター、プロダクションの署名付のDVD、サウンドトラックの物理コピー、「クリーパー」のおもちゃ、そしてクレジットへの記名。
2500ドル以上 MojangABのスタッフのサイン入りの、展示台に乗った実際のツルハシ、「箱ブタ」の貯金箱、Notchのサイン及び番号入りのMinecraftの特製風景ポスター、DVDのコレクターズエディション、サウンドトラックの物理コピー、「クリーパー」のおもちゃ、クレジットへの記名。
10000ドル以上 映画での制作責任者のクレジット、IMDB上での創作物の特集、Mojangスタジオでの1日滞在と、ストックホルムでのオフィスの大オープンパーティへの招待(ストックホルムへの航空運賃と宿泊は出資者負担)。その他このリストにまとめられた報酬。


豆知識[編集 | ソースを編集]

  • Minecraftには、Minecraftの映画を制作した2 Player Productionsに言及している「Woo, 2pp!」というスプラッシュテキストがある。
  • 概念実証(proof-of-concept)映像で、かかしをMOBとして将来リリース可能だとアナウンスした。[2]
  • スノーゴーレムのアイデアは概念実証映像で最初に言及された。
  • 2012年12月22日(Minecraft: The Story of MojangがXbox Liveで配信されたとき[3])、2 Player ProductionsはThe Pirate Bayに「我々は最初にここに来たかった、なぜならこの映画は結局のところここに落ち着くと知っているからだ…」と説明を書いた映画を投稿した。[4]

脚注[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]