Minecraft: Story Mode/Gameplay

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

Minecraft: Story ModeはTelltaleの過去作Tales from the Borderlandsなどに似たエピソード型のポイント&クリック型の物語型グラフィックアドベンチャービデオゲームである。プレイヤーはアイテムを集めたり、パズルを解いたり、conversation treesを使用してプレイヤー以外の登場人物に話しかけることで話を理解し次に何をするか決められる。他のTelltaleのゲームと同様、プレイヤーが下した決断は、今後のエピソードの話の要素に影響を与える。[1]しかし、主要登場人物の死などの、成熟した感情的な意味合いを持つTelltaleのこれまでのゲームとは異なり、Story Modeは家族向けの作品として知られているため、決断は重要で感情的なものではあるが、成熟した画像や主題は含まれていない。[1]Minecraftの中心的な要素であるクラフトや建築の要素も、同様の方法でゲームプレイに含まれている。[1]ゲームの特徴は、Telltaleの他のエピソードゲームと同様のクイックタイムイベントと、道路上の瓦礫の周りでのハンドル操作などのアーケードゲームのような操作の両方で行われる戦闘やその他の行動序列である。[2][3]また、新しい登場人物と原作の主題を混ぜて、完全にオリジナルのMinecraft体験ができるようになっている。

脚注[編集 | ソースを編集]