MINECON 2011

提供: Minecraft Wiki
MineCon 2011から転送)
移動先: 案内検索
MINECON 2011 のロゴ
MINECON 2011 のトレーラーのスクリーンショット

MINECON 2011 は、2011年11月18日にアメリカ・ネバダ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイにて開催された2回目の MINECON であり、同時にゲームの正式リリースも行われた[1]

MINECON では、Minecraft 正式版のリリースや Minecraft コミュニティーのメンバーによる基調講演(Notch のものを含む)、建築コンテスト、突発的に行われた様々な Minecraft の話題の授業、コスプレコンテスト、展示、世界中の Minecraft の有名人との会合、記念品の販売など、多くのわくわくするようなイベントが行われた。

MINECON 2011 の参加者は計4,500人で、年齢は新生児から105歳までで、24ヵ国からの参加者がいた。イベントには誰もが参加できたキックオフパーティー、そして21歳以上のみが参加可能な deadmau5 を呼び物にした「Into the Nether」パーティーが行われた。

開催場所[編集 | ソースを編集]

マンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノ
所在地:アメリカ合衆国 ネバダ州 ラスベガス サウスラスベガスブールバード 3950

チケット[編集 | ソースを編集]

チケットは、開催初日である2011年11月18日の99日前、8月11日に発売された。9月30日までの早期購入価格は99ドルであった。その後、価格(入場価格を含む)は139ドルになった。しかし、10月28日にはチケットは売り切れた[2]。価格にはホテルの宿泊費や交通費など MINECON 以外の費用は含まれていない。Notch はチケットの発売開始日に、ツイッターにて「チケットを何枚売っても MINECON の開催は金銭的損失になるだろうが、感情的な勝利!」と述べている[3]

最初の500人のチケット購入者は、「The Ultimate Fan Experience」を景品とした抽選会に参加できた。景品はマンダレイ・ベイ・ホテルとカジノの費用、基調講演とプレゼンテーションの VIP 席、そして Mojang チームとの食事であった。抽選はプレイヤー名 Joseph という人が勝ち取った[4]

マント[編集 | ソースを編集]

Notch は MINECON 2011 参加者に対して、MINECON 2011 マントを贈呈すると告知した。この告知は短時間で削除され、おそらく秘密にすべきだったのだろうと言われている。9月27日に MINECON 参加者への詳細情報とともに、公式マントの画像が公開された[5]。マントは全参加者に対して10月10~11日に贈呈された。

動画[編集 | ソースを編集]

トレーラー[編集 | ソースを編集]


開会式[編集 | ソースを編集]


基調講演[編集 | ソースを編集]


プレリリース[編集 | ソースを編集]


ビデオブログ[編集 | ソースを編集]


コスチュームコンテスト[編集 | ソースを編集]


舞台裏[編集 | ソースを編集]


閉会式[編集 | ソースを編集]


脚注[編集 | ソースを編集]

Promotional Content