Markus Persson

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Markus Persson
Notch.jpg
本名

Markus Alexej Persson

誕生日

1979年6月1日(41歳)[1]

職業

ゲーム開発者, Mojang Studios

国籍

スウェーデン人

ウェブサイト

mojang.com/notch

主な肩書き

Minecraft製作者、
Mojang ABオーナー

別名

Markus Alexej

Twitterアカウント

@notch

Minecraftアカウント

(金文字で).1 Notch (金文字で)

ドロップアイテム

リンゴ

Notchface.png

2010年ももうすぐで終わる!僕はそれを夢見ていたよ!

Notchによる2010年12月29日

Notchノッチ)というハンドルの方が著名な Markus Alexej Perssonマルクス・アレクセイ・パーション)は、Minecraftの製作者でありMojang Studiosのオーナーである。

来歴[編集 | ソースを編集]

Perssonがプログラミングを始めたのは7才の時で、使ったのは父親のコモドール128である。最初にゲーム (テキストベースのアドベンチャー) を作ったのは8才で、type-inプログラムの助けを得てのものだった。2005年には、King.comでゲーム開発者として勤務を開始し、2009年にJalbumのプログラマーとして転職するまで続いた。Minecraftの売り上げが伸びた後、Jalbumでの仕事をフルタイムからパートタイムへと切り替え、2010年6月にはフルタイムをMinecraftへと注力するために離職した。Mojangの多くの従業員 (CEOであるCarl Mannehを含む) は前Jalbum従業員である。仕事以外では、Ludum Dare、LD12、そしてJava 4Kゲームプログラミングコンテンストのようなコンペに度々参加している。彼はスウェーデンに引っ越すまではデンマークの両親の元にいて、学校へはそこで通っていた。

NotchはMojangに自身のウェブサイトを持っている (リンク)。

ゲームその他の仕事[編集 | ソースを編集]

Notchは数多くの仕事を行っていて、以下に挙げているものはその一部である。

ゲーム:

  • MEG4kMAN。昔ながらのグラフィックが特徴のロックマンのクローンゲーム。
  • Left 4k Dead。Left 4 Deadにインスパイアされたゾンビシューティングゲーム。
  • t4kns。リアルタイムストラテジーゲーム。
  • Miners4k。レミングとディガーにインスパイアされたゲーム。
  • Hunters4k。一人称視点のシューティングゲーム。
  • Dungeon4k。ダンジョン探索ゲーム。
  • Sonic Racer 4k。盗まれたスプライトを使ったレースゲーム。
  • Dachon4k。重力ベースのシューティングゲーム。
  • l4krits。ルクソールのクローンゲーム。
  • Blast Passage。ボンバーマンとガントレットの8ビットマッシュアップ。
  • Bunny Press。Ludum Dare 14のために作られた暴力的なパズルゲーム
  • Breaking the Tower。テンポの遅い策略ゲーム。
  • The Europa Arcology Incident。Ludum Dare 16のためにNotchが48時間で作ったRPGスタイルのゲーム。
  • Infinite Mario Bros。スーパーマリオのクローンゲームで、地面が永遠に続く。
  • Metagun。Ludum Dare 18のためにNotchが48時間で作ったパズルゲーム。
  • Minecraft 4k。Java 4kbコンペのために4キロバイト未満で作られたMinecraft。
  • Prelude of the Chambered。Ludum Dare 21のためにNotchが48時間で作った脱出ゲーム。
  • MiniCraft。Ludum Dare 22のためにつくられた、Minecraftの要素を取り入れたトップダウンのゼルダ風ゲーム。

2.5dエンジン:

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

誕生日[編集 | ソースを編集]

  • 2011年6月1日、Notchはtwitterで25才になったと投稿した[2]。25=32で、これが彼の実際の年齢である。
  • Minecraftのスプラッシュ画面は、毎年6月1日に "Happy Birthday, Notch!" と表示されるようプログラムされている。

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]