MINECON Earth 2017

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

2017年8月8日、MINECON 2017 が2017年11月18日に、MINECON Earth というタイトルでの90分間のライブストリーミングという形で開催されることが告知された[1]。司会者は、リディア・ウィンターおよびウィル・アーネットが務めた。また、ストリーミングの前後にも放送が行われ、LogdotzipTrueTriz といったユーチューバーが特集された。

コミュニティイベント[編集 | ソースを編集]

同時に発表されたのは、Minefaire、Minevention、Blockfestなどのコミュニティ主導のパートナーが主催する公式コミュニティイベントである。これらのパートナー(今後さらに多くのパートナーが参加する)は、正真正銘の対人Minecraft体験の承認の公式スタンプを取得した。参加者は、お気に入りのYouTubeプレイヤーやストリーマーに会い、トーナメントやコスチュームコンテストに参加し、ユニークなコンテンツを見ることができる。

イベント[編集 | ソースを編集]

Mob 投票[編集 | ソースを編集]

ゲームに投票される新しいMobの4つの案

視聴者は、4つの案(写真)のうち、ゲームに追加する新しいMobを投票することができた。Twitterの投票で投票することができ、投票に勝てなかった3つのMobは実装されない。[2]

Mob A[編集 | ソースを編集]

Mob A のスケッチ

モブA、「深海の怪物」は、触手でプレイヤーを吸い込む海の生き物である。Mobは深海バイオームに出現し、水中で進むのに使用する大きな口を持っている。Jebは、現在海洋にはあまり多くのものが存在しないため、視聴者はMob Aに投票するだろうと言っていた。[3]しかしMob Aは最初の投票で脱落した。

Mob B[編集 | ソースを編集]

Mob B のスケッチ

「夜空の怪物」として知られているMob B、ファントムは、長時間眠っていないプレイヤーを探して攻撃する飛行生物である。空中の高いところで発生し、群れで攻撃する。 Jebは、オーバーワールドにはまだ空飛ぶモンスターがいないため、視聴者はMob Bに投票するだろうと言っていた。[4] Mob Bは投票に勝ち、1.13スナップショット18w07aでファントムという名前でゲームに追加された。

Mob C[編集 | ソースを編集]

Mob C のスケッチ

モブC、「グレートハンガー」は、地面に沈み擬態し、巨大な口でMobとアイテムを食べるトカゲのような生き物である。プレイヤーはMobの機能を使用すると自分のアイテムのエンチャントを追加または削除できるため、視聴者はMob Cに投票するだろうとJebは言っていた。[5]Mob Cは3回目の投票で脱落した。

Mob D[編集 | ソースを編集]

Mob D のスケッチ

MobD、「ホバリングインフェルノ」はブレイズの一種である。体の一部は盾のようであり、攻撃から身を守るのに使用される。このMobはランダムにブレイズの群れを生成し、危険な衝撃波攻撃でネザーのプレイヤーを攻撃する。 Jebは、ネザーを「さらに怖くはらはらする」場所にするため、視聴者はMob Dに投票するだろうと言っていた。[6] Mob Dは、2回目の投票で脱落した。

結果[編集 | ソースを編集]

イベントの開始30分で、Mob Aは票を失い、脱落した。その30分後、Mob Dも脱落した。さらに20分後、Mob Bが投票で勝利し、Mob Cが脱落した。Mob BはJava EditionのUpdate AquaticBedrock Edition 1.6でリリースされた。

動画[編集 | ソースを編集]

MINECON Earth 2017 の動画はここで視聴することができる。

脚注[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]