ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

MINECON 2013

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
MINECON 2013 のロゴ
MINECON 2013 チャンネルアート
Disambig color.svg MINECONについては「MINECON」をご覧ください。

MINECON 2013 は、2013年11月2日~3日にアメリカ・フロリダ州オーランドにて開催された4回目の MINECON である。
公式 Tumblr: http://mineconorlando.tumblr.com/

MINECON 2013 のサイトに埋め込まれた、ドキュメンタリー「The Story of Mojang」の C418 のサウンドトラック内の曲「One」。

告知[編集 | ソースを編集]

LydiaWinters twitter.jpeg

MINECON will be in the US this year. Sorry dear Brits. I'm not coming to scout locations!
MINECONは今年はアメリカになるわ。イギリスのみんなはごめんなさい。場所探しに来たわけじゃないから!

Lydia WintersによるMINECON 2013[1]
Jeb twitter.jpg

It's gonna be on the US east coast
アメリカ東海岸になる。

Jens BergenstenによるMINECON 2013[2]
Jeb twitter.jpg

I know "east coast" is very unprecise, but it will be announced in a few weeks. As far as I know, the contract with the location has been signed, so it's mainly a question of people getting back from business trips... ETA for announcement should be end of May. Tickets will be available later (probably after summer, but I could be wrong).
「東海岸」というのがとても曖昧なのはわかっているけど、数週間のうちに場所は発表されるだろう。僕が知る限りでは、開催場所との契約はサインされたので、それは主に出張から帰ってきた人々の問題になるだろう…発表予定時刻は5月の終わりになるはずだ。チケットはそれ以降入手可能になるだろうね。(たぶん夏のあと、でも間違っているかも)

Jens BergenstenによるMINECON 2013[3]

7月27日に、Mojang は MINECON 2013 を11月2日~3日にフロリダ州オーランドで開催することを明らかにした[4]。チケットやホテルについては、7月中に発売できるだろうとも言われていた。

その後、Mojang より MINECON 2013 がオレンジ・カウンティ・コンベンション・センター (OCCC) で開催されることが公式に発表された[5]。一時、MINECON が OCCC のイベントスケジュールに記載されていたが、OCCC のウェブサイトへの注目が集まり、一覧から削除された。すべてのチケットの販売後に、MINECON が OCCC のカレンダー[6][7]に追加された。

開催場所[編集 | ソースを編集]

オレンジ・カウンティ・コンベンション・センター
所在地:アメリカ合衆国 フロリダ州 オーランド インターナショナルドライブ 9990[8]
MINECON 2013 は、ウェスト・ビルディングのウェスト A3 ホールからウェスト B1 ホールで開催された[9]

年齢制限[編集 | ソースを編集]

Mojang は当初、年齢制限を17歳以上(16歳以下は保護者の同伴が必要)としていたが、さらなる調査と考慮の末、14歳以上(13歳以下は保護者の同伴が必要)へ引き下げられた。このため、購入された同伴者分のチケットは払い戻しが可能となり、払い戻されたチケットは再販売されることとなった[10]

チケット[編集 | ソースを編集]

Mojang は7月31日の早くに、チケットをこの後発売することを発表した。チケットを3回に分けて販売するとし[11]、1枚あたり150ドルのチケットをそれぞれ2,500枚ずつ、計7,500枚を販売した[10]。この販売方法は、学校や仕事がある人でもチケットを購入するチャンスが与えられるようにしたものである。Mojang は、チケットの総数は7,500枚であり、現地でのチケットの販売はなく、報道陣へのチケットも無償で渡すことはないとした[10]。また、MINECON 参加者のホテルの予約の割引も行われた[12]

販売:

1回目: 7月31日 午後4時 (PDT)/午後7時 (EDT)/8月1日 午前8時 (JST)。(3秒で売り切れた[13]

2回目: 8月2日 午前7時 (PDT)/午前10時 (EDT)/午後11時 (JST)

3回目: 8月3日 午後0時 (PDT)/午後3時 (EDT)/8月4日 午前4時 (JST)

マント[編集 | ソースを編集]

9月5日に、Mojang から MINECON 2013 に参加した人に対して 2013 MINECON マントが贈られることが明らかになった[14]。マントについての詳細は「後日発表される」と述べた。

10月29日、Mojangは、チケットが購入された際に登録された電子メールアドレスへの償還URLとしてマントが送信されたと述べた。マントは、「MINECONへの参加で人気のあるのは、オンラインにであることをすべての人に見せるためにキャラクターのゲーム内マントを受け取ることです」というメッセージとともにメールで送信された。 「今年のEditionは、中央の背中にハンサムなピストンが取り付けられたヒスイ色になっています。以下のリンクに従って、(通常の資格情報で)minecraft.netにログインすると、キャラクターに自動的に追加されます。」 -リディア・ウィンターズ[要出典]

論争[編集 | ソースを編集]

Mojangとそれぞれのチケット販売グループであるEventbrite,は、今年のチケット購入システムについて論争を受けた。3つのバッチはすみやかに完売し(3秒以内)、購入中に「保留中」というテキストが表示されたが、Webサイトはうまく処理できなかった(Eventbrite)。 このため、主にハッシュタグ「Minecon」の下に、論争の多くのツイートが現れ、Change.org petitionの請願が行われた。

動画[編集 | ソースを編集]

MINECON 2013 の動画はここで視聴することができる。

脚注[編集 | ソースを編集]