ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Late Classic Creative

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Late Classic Creative
Late Classic Creative.png
初期バージョン

Classic 0.28(2009年10月27日)

最新バージョン

Classic 0.30 (Creative)(2009年11月10日)

料金

?

この記事の名前は単なる推測です。
正式な名称が発表された場合、名前が変更される可能性があります。

Late Classic Creativeは、2009年10月27日から11月10日までにリリースされたClassicの6つのバージョンを指す。Notchが"Creative"モードと"Survival"モードの両方をほぼ同時にアップデートをリリースしようとしたため、これらのバージョンの多くはSurvival Testと重複してリリースされた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

建築
  • 左クリックでブロックを壊し、右クリックでブロックを配置できるようになった。
エンティティ
  • 全てのMobとエンティティが削除された。
マルチプレイ
  • プレイヤーは隣同士に立っているときにお互いを押すようになった。
  • プレイヤーをオプまたはデオプすると、リロードする代わりに即座に変更を行われる。
  • プレイヤーは他のプレイヤーを通して構築できる。
  • プレイヤーのタグは、マウスをその上にホバーしない限り、他のプレイヤーの上に表示されない。
設定
  • 設定に雨の切り替えが追加された。
  • server.propertiesに木の成長の切り替えが追加された。
明るさ
  • 動的照明が追加された。
全般

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック
  • TNT
    • 爆発しなくなった。