ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition pre-Classic (intermediate builds)

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Intermediate Builds
エディション

Java Edition

開発日

2009年5月10日~12日

ダウンロード 不可
この記事の名前は単なる推測です。
正式な名称が発表された場合、名前が変更される可能性があります。
Barrier.png
このバージョンは存在しない可能性があります
このバージョンの存在は、間接的な証拠に基づいて想定されていますが、存在する直接的な証拠はありません。
Missing Texture Block.png
現在、このバージョンはありません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、トークページで投稿してください。

2009年5月10日から5月12日にかけてのMinecraft (当時はCave Game)のpre-Classicの数個のバージョンのことを指す。後のCave game tech testの動画で見られる機能が追加されたもので、バージョンrd-132151を紹介している。これらの建築の映像は存在しない。

特徴[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • 物理
  • 明るさ
    • Classicのライティングエンジンはシンプルで、明と暗の2つの明るさレベルしかなかった。「太陽光」はマップの上端から放射され、距離に関係なく、その下にあるすべてのブロックに当たる。透明なブロックを通過して、その下にある明るいブロックに当たる。光を受けないブロックは、光源からどれだけ離れていても明るさが同じレベルのままの薄暗い影になっている。[要確認]
  • チャンク
    • 生成に約0.1秒かかる。
    • 現在のMinecraftとは違い16×16ブロックではなく8×8ブロックである。
  • ワールド生成
    • 256×64×256ブロックのマップ。
  • 洞窟
    • 渓谷が作られ、丸石の最下層の数ブロック前まで到達した。
  • クリエイティブモード
    • これはClassicでの非常に基本的なバージョンだった。プレイヤーは跳べず、ブロックを設置・削除できず、インベントリもホットバーもないため、入手もできなかった。

エンティティ[編集 | ソースを編集]

  • プレイヤー
    • 現在は目に見えるモデルがない。
    • 1.7ブロックの高さ。

ブロック[編集 | ソースを編集]

  • 空気
    • この時点ではブロックとして内部的に記載されていない。
  • Cobblestone JE1.png 丸石
    • NotchのゲームRubyDungと同じグラフィックを使用する。
  • Grass Block JE1.png 草ブロック
    • RubyDungと同じグラフィックを使用する。
    • 草の発生はランダムだが、完全に明るいタイルにしか発生しない。標高が高いほど、草が発生する確率が高くなる。Y=0の場合、完全に明るいすべてのタイルに草が生成される。Y=0以上のブロックではワールド生成はできない。

脚注[編集 | ソースを編集]

  • 「lwjgl IRC logs」 – Echelog、2009年5月13日
    1. [13:37:42] <Notch> これらのチャンクを再構築するには100ミリ秒近くかかりますが、テッセレーション、明るさの計算、表示リストの構築など、全てがこれに含まれています。
    2. [13:47:17] <Notch> 頂点ごとに8つの浮動小数点、象限ごとに4つの頂点、最悪の場合はチャンクごとに8×8×8×3の象限になり、1チャンクあたり約24キロバイトになります。