ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition Infdev 20100617-2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft Infdev
Infdev 2010-06-17 release 2.png
エディション

Java Edition

リリース日

2010年6月17日

ダウンロード

Client (.json)
No corresponding server

プロトコルバージョン

なし

Minecraft Infdevのバージョンが2010年6月17日にリリースされた。[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

一般[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

  • 流れる溶岩が触れることで丸石が生成される。
  • 溶岩源にが触れることで、溶岩は黒曜石に変わる。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

  • 洞窟が改良された。
    • 洞窟に地域性が強化され、稀にスイスのチーズのようなエリアが見ることができるようになった。
    • 水と溶岩の両方の泉の方が一般的である。
    • トンネルの太さが多様になり、分岐の確率が上がった。
    • 地下に天然の砂利を追加し、より変化に富んだ洞窟を実現した。
  • 池が表面にできる。

変更点[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

  • 溶岩の広がる範囲が8ブロックから4ブロックになった。
  • y座標0にブロックを配置できるようになった

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

  • 鉱石:
    • このバージョンの前には、すべての鉱石は、鉱石の種類に関係なく、ランダムな量の鉱脈で生成された。
  • 溶岩湖が広がらなくなった
  • 水の流れが良くなった
  • 保留中の目盛り論理(液体と火に使用される)に大規模な微調整を行い、クラッシュバグを修正した。
  • 岩盤がマップの下部に生成されるようになった。[要検証]
  • ワールドの下から無限の溶岩海を削除(更新時に削除、y座標0を奈落に置き換える)

修正[編集 | ソースを編集]

  • 液体を拡散させるコードのバグをいくつか修正
  • 見えない滝を修正

脚注[編集 | ソースを編集]