ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

「Java Edition Indev 0.31 20100122」の版間の差分

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
 
{{version nav
 
{{version nav
 
|title=0.31
 
|title=0.31
|image=Indev 0.31 2010-01-22.png
+
|image=Indev 0.31 20100122.png
 
|edition=java
 
|edition=java
 
|date=January 22, 2010
 
|date=January 22, 2010
39行目: 39行目:
 
* 斧の頭の半分が取り外されている。
 
* 斧の頭の半分が取り外されている。
   
; [[File:Arrow (item).png|32px]] [[矢]]
+
; [[File:Arrow_(item)_JE1_BE1.png|32px]] [[矢]]
 
* アイテムとして追加した。
 
* アイテムとして追加した。
 
* 発射するには[[弓]]が必要である。
 
* 発射するには[[弓]]が必要である。

2020年9月27日 (日) 06:14時点における最新版

0.31
Indev 0.31 20100122.png
エディション

Java Edition

リリース日

2010年1月22日

ダウンロード

Client not archived
No corresponding server

プロトコルバージョン

なし

Missing Texture Block.png
現在、このバージョンは存在しません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、議論ページに投稿してください。

2010年1月22日にリリースされたIndev 0.31のバージョン[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

Infinite Lava.png 無限の溶岩
  • このブロックを配置すると、周りを無限に複製する溶岩が埋める。
  • インベントリに追加された。

アイテム[編集 | ソースを編集]

Bow JE2 BE1.png
  • 矢の発射に使えるようになった。
  • インベントリに追加された。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

一般
  • ワールドジェネレーターにスポナーが追加された。
  • 液体が海面上や浮島でスポーンすることができる。
  • 巨大なディープフローティングマップでのスタックオーバーフローを防止するため新しいライティングパスが追加された。

変更点[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

一般
  • リソースアイテムにブロックを配置し、押し出すことができるようになった。
  • 溶岩が水のように機能しているが、より遅くなった。
  • スタックサイズを99から50に縮小。

アイテム[編集 | ソースを編集]

Iron Axe JE2.png
  • 斧の頭の半分が取り外されている。
Arrow (item) JE1 BE1.png
  • アイテムとして追加した。
  • 発射するにはが必要である。
  • ホットバーの上の矢印カウンターを削除した。
  • プレイヤーやモブにはまだダメージを与えられない。
  • インベントリに追加した。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

洞窟
  • 今ではあまり浸水しなくなった。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

爆発
  • 「より良く」なった。[情報提供依頼]
    • 石を破壊するようになった。
保存
  • プレイヤーはIndev level formatを使用して、ゲームをローカルに保存して読み込むことができるようになった。[2]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. "Minecraft Indev - Saving/Loading Files" – raccoon121、2010年1月22日 – YouTubeより
  2. Indev's been updated with a bunch of goodies - The Word of Notch, January 22, 2010