Java Edition Indev 0.31 20091223-1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.31
エディション

Java Edition

リリース日

2009年12月23日

ダウンロード

アーカイブされていないクライアント
対応サーバーなし

プロトコルバージョン

なし

Missing Texture Block JE3 BE2.png
現在、このバージョンは存在しません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、議論ページに投稿してください。

2009年12月23日に最初のバージョンであるIndev 0.31がリリースされた。[1]

Minecraftの開発周期Indevの最初のバージョンである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

Rana.png Rana
  • プレイヤーの影を持つ。
  • 他のすべてのMobはスポーンしなくなった。

全般[編集 | ソースを編集]

明るさ
  • 動的な明るさを追加。
  • 明るさレベルは9段階ある。
  • 不思議なことに、インベントリホットバーブロックが明るさの影響を受けていた。自分がいる場所にどの位の光があるかに応じ、インベントリやホットバーのブロックが暗く表示されたり明るく表示されたりしていた。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

ゲームモード
  • このバージョンも20091223-2と同様クリエイティブモードである。
  • サバイバルモード[要検証]
    • プレイヤーが99個の石のハーフブロック、石、水ブロック、溶岩ブロック(未リリースのIndev 0.30バージョンからの残置物)を持ってスポーンするようになった。
    • ホットバーからTNTが削除され、爆発しなくなった。
    • ブロックを採掘してもアイテムがドロップしなくなった。
    • 矢が発射できなくなった。
    • このバージョンのサバイバルBuildはリリースされていないため、これらの変更は使用されておらず、改造でしか見つけることができない。
マルチプレイヤー
  • マルチプレイヤーの一部にアクセスできないようになった(マルチプレイヤーコードはまだ存在し、再有効化することができるが)。
    • マルチプレイヤーサーバーに接続すると、プレイヤーは立方体の岩盤にスポーンされる。
    • シングルプレイヤーのように動作する - チャットにアクセスできず、プレイヤーリストを開けない。
全般
  • 新しい地形形式のため、地形読込・保存が機能しなくなった。
  • クリエイティブインベントリで鉱石が入手できるようになった。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. Oh, ok! Here, play with the latest version! – The Word of Notch, 2009年12月23日(ああ、わかった。ほら、最新版で遊ぼう!)