Java Edition Combat Test 2

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft Combat Test 2
Release Combat Test 2.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2019年8月15日

編集日

2019年8月13日

親バージョン

Combat Tests

ダウンロード

クライアント(.json[注釈 1])
サーバー

プロトコルバージョン

501

データバージョン

2068

Combat Test 2は将来のコンバット・アップデートのための2番目の試験バージョンである。[1]このバージョンは将来のリリースに向けた開発段階のものであるが、1.14.4フォークである。このバージョンはRedditでしか公開されていないため、ランチャーMinecraft.netのブログ記事にも載っていない。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

戦闘
  • スニークしながら攻撃すると、攻撃中はが無効化されるようになった。
    • 武器のチャージが200%に達すると盾が再び有効になる。
  • 攻撃ボタンの長押しによる自動攻撃を削除。[注釈 2]
  • 武器の到達距離が常時発動し、特殊攻撃中は半ブロック増加するようになった。
HUD
  • ホットバーの攻撃表示は、攻撃が100%チャージされた後にのみ表示されるようになり、それ以外は200%チャージに到達した過程を表示するようになった。

アイテム[編集 | ソースを編集]

  • 再びクリティカル攻撃を防御できるようになった。
  • 全ての剣の攻撃速度が2.5に減少。
トライデント
  • ダメージが8♥♥♥♥に減少。

修正[編集 | ソースを編集]

以前の開発版から
  • クリエイティブモードのプレイヤーに武器のクールダウンが適用されなくなった。
  • ホットバーの攻撃表示の大きさを修正。

問題点[編集 | ソースを編集]

バグトラッカーはこのバージョンに対応していないため、このバージョンに関する問題は修正されない。

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. Zipファイルを .minecraft/versions フォルダに解凍する必要がある
  2. 自動攻撃を押したままにすると、コントローラーとタッチ操作が常に有効になる

脚注[編集 | ソースを編集]