Java Edition Classic server 1.5

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.5
エディション

Java Edition

クライアントバージョン

0.0.19a0.0.19a_03

リリース日

2009年6月20日

ダウンロード

不可

プロトコルバージョン

5, 6

1.5の他の
エディション
Missing Texture Block.png
現在、このバージョンはありません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、トークページで投稿してください。

1.5[1] は2009年6月20日にclient 0.0.19aで公開されたClassicのサーバーバージョンである。[2]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • プレイヤーが入力でほとんどのコマンドを送信できるようにした。
  • チャット欄を追加した。
    • チャットでスパムをしたプレイヤーは8秒間ミュートにされる。
  • 効率的な処理をするようにした。
    • サーバーは、1ティックにつき1つのコマンドしか処理しない。
    • 処理が遅れていたら処理が追いつくように止まる。
  • server.propertiesmax-connectionsを追加した。
    • これは、サーバーへのIPあたりの最大接続数である。
    • デフォルトは3である

再アップロード[編集 | ソースを編集]

サーバーバージョン1.5のプロトコルバージョンを変更し再アップロードした。[3]

脚注[編集 | ソースを編集]

  • IRC logs on Archive.org; #minecraft.20090619.log. June 19, 2009 (UTC−5).
  1. IRC logs: "P6:00:57 <AlLnAtuRalX> server software on website is 1.5" (June 20, 2009, 23:00:57 UTC)
  2. 「Client 0.0.19a is up, a server update is required」 – The Word of Notch、2009年6月20日
  3. IRC logs: "P6:00:57 <AlLnAtuRalX> server software on website is 1.5" [...] "P6:01:49 <AlLnAtuRalX> Someone answer me... Why is the server ont he website 1.5?" [...] "P6:02:22 <AlLnAtuRalX> Notch: the server on teh website I am seeing as the old one" [...] "P6:02:33 <Notch> i didn't update the version number in it" (23:00 to 23:02 UTC)