Java Edition Classic server 1.3

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.3
エディション

Java Edition

クライアントバージョン

0.0.17a

リリース日

2009年6月10日

ダウンロード

Server

プロトコルバージョン

4

1.3の他の
エディション

1.3 は、2009年6月10日にクライアント版0.0.17aでリリースされたJava Edition Classicのサーババージョンである。[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • /setspawnコマンドをサーバーでサポート
  • Tab ↹を押すと、サーバーにログインしている全てのプレイヤーが表示されるようになった。
  • チャットに最近のメッセージのログが表示されるようになった。
  • 名前のセキュリティ強化。[情報提供依頼]
  • サーバー側のクライアント検証。[情報提供依頼]
  • logged-in.txtサーバーファイルを追加[情報提供依頼]

変更点[編集 | ソースを編集]

  • 自動的に/ban-ipが動作するようになった。
  • プライベートサーバアドレスの動作を変更した。
  • MPモードでは、レベルの生成やロードは行われない。[情報提供依頼]

修正[編集 | ソースを編集]

  • サーバーのハートビートチェックでゲームが一時停止するのを修正した。
  • ログイン時にプレイヤーのスポーン位置がデフォルトに変更されることを修正。
  • Mac OSのコンピュータでゲームが起動しないことを修正した。
  • クライアントがPingリクエストをスパムすることができなくなった。
  • サーバーでの/fillの悪用防止のため:溶岩を設置することができなくなった。

脚注[編集 | ソースを編集]