Java Edition Classic server 1.10

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.10
エディション

Java Edition

リリース日

2009年11月10日

ダウンロード

Client
Server

1.10の他の
エディション

1.10は2009年11月10日にJava Edition Classic 0.30 (Survival)などとともにリリースされたClassicのサーバーのバージョンである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • server.propertiesverify-namesをoffにすると警告が出るようになった。
    • 警告:
######################### WARNING #########################
verify-names is set to false! This means that anyone who
connects to this server can choose any username he or she
wants! This includes impersonating an OP!

AND SINCE THIS IS A PUBLIC SERVER, IT WILL HAPPEN TO YOU!

If you wish to fix this, edit server.properties, and change
verify-names to true.
###########################################################

(訳:警告 verify-namesがfalseに設定されています!これにより、このサーバーに接続する人は誰でも好きなユーザー名を選べることになります!オペレーターに成りすますこともできるということです! そしてこれは公開サーバーなので、あなたの身にも起こることです! これを修正するには、server.propertiesを編集して、varify-namesをtrueに変えて下さい。)

  • admin-slotserver.propertiesに追加。
    • これをtrueに設定すると、サーバーがほぼ満杯だと管理者ではないプレイヤーがログインできなくなる。

修正[編集 | ソースを編集]

  • grow-treesを修正。
  • 長いユーザー名を持つプレイヤーが接続できるバグを修正。