Java Edition Classic 0.30 (Creative)

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.30
Classic 0.30 Creative.png
エディション

Java Edition

サーバーバージョン

1.10 and 1.10.1

リリース日

2009年11月10日

編集日

2011年7月31日

ダウンロード

2009 original version:
Client
2011 renewed version:
Client (.json)
Server: 1.10 and 1.10.1

プロトコルバージョン

7

0.30は2009年11月10日に発売されたClassicのバージョンである。[1] 0.30のCreative Variantで、Survival Variantと並んでリリースされた。2011年に再コンパイルされたバージョンがランチャーで利用可能だが、0.30_01cという誤ったラベルが付けられている。[2]これはLate Classic Creativeの最後のバージョンでもある。

0.30 Creativeには2つのバージョンが存在し、1つは2009年からのMETA-INFを持っており、ランチャーのバージョンであるもう1つは2011年からの日付です。どちらも同じようなシステムである。

サーバーバージョン1.101.10.1はこのバージョンでリリースされた。

これはMinecraft Classicの最終バージョンとしてリリースされたものである。

変更点[編集 | ソースを編集]

  • 無料アカウントのオンラインセーブを削除した。無料アカウントでセーブメニューにアクセスしようとすると、Minecraft Premiumにアップグレードする必要があることを示すメッセージが表示されるようになった。
  • ワールドの生成時間が大幅に改善された。以前は、新しいワールドの生成に2分かかることもあったが、0.30以降は、新しいワールドを生成するのに数秒しかかからない。
  • ローカルファイルの保存機能を追加した。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. Minor client updates -- The Word of Notch, November 10, 2009
  2. MCL-9590