Java Edition Classic 0.0.23a_01

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.0.23a_01
Classic 0.0.23a 01.png
エディション

Java Edition

サーバーバージョン

1.8.2

リリース日

2009年7月12日

ダウンロード

Client (.json)
Server

プロトコルバージョン

6

Disambig color.svg the 2019 remakeについては「Classic 0.0.23a_01 (リメイク)」をご覧ください。

0.0.23a_01は2009年7月12日14:35(協定世界時)に発売されたClassicのバージョンである。[1][2] [3] これはMultiplayer Testの最後のバージョンである。このバージョンはランチャーでは利用できないが、別の場所にアーカイブされている。

変更点[編集 | ソースを編集]

  • レンダリング距離を制御するキーマッピングを追加した。[4]
    • もう一度Fを押すと、レンダリング距離を切り替えることができる。[5]

リメイク[編集 | ソースを編集]

詳細は「Classic 0.0.23a_01 (リメイク)」を参照

「マインクラフト」の10周年を記念して、このバージョンのJavaScriptリメイク版が「マインクラフト」のウェブサイトにアップロードされ、ブラウザを介して最大9人でのマルチプレイが可能になった。このバージョンは以下のサイトで遊ぶことができる。classic.minecraft.net[6]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • このバージョンの後、Notchはバージョン名の命名システムをリファクタリングすることを計画し、2番目のゼロと "a "を削除し、フォーマットした。"<major version>.<release number>[_<patch number>]". 一例として、当時の最新バージョンなので、「0.0.23a_01」はこのようなシステムでは「0.23_01」と呼ばれることになる。[1] しかし、このバージョンでは、例外でこの名前が付けられなかった。
    • このフォーマットはBetaでも多少使われていた。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  • IRC logs on Archive.org; #minecraft.20090711.log. July 11, 2009 (UTC−5).
  1. a b "Changing the version system"The Word of Notch, July 15, 2009
  2. "There are a lot of cool things like this on"The Word of Notch, July 12, 2009
  3. IRC logs: "A9:34:54 <08Notch> ok, _01 will be up in a minute or two" (14:34:54)
  4. IRC logs: "A9:32:05 <08Notch> moving it to an F-key, though [...] well, I could just make it mappable.." (14:32:05 UTC)
  5. IRC logs: "A9:39:26 <CheeToS> yay, thank you for putting the f key back" (14:39:26 UTC)
  6. Tom Stoneによる「Embrace the Past with Minecraft Classic」 Minecraft.net、2019年5月7日