Java Edition Classic 0.0.19a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.0.19a
Classic 0.0.19a.png
エディション

Java Edition

サーバーバージョン

1.5

リリース日

2009年6月20日

ダウンロード

Client not archived
Server

プロトコルバージョン

データバージョン

Missing Texture Block.png
現在、このバージョンはありません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、トークページで投稿してください。

0.0.19aは2009年6月20日にserver 1.5と同時にリリースされたClassicのバージョンである。[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック
全般

変更要素[編集 | ソースを編集]

Ambox banner content.svg
このページは画像が不足しています
適切な画像を追加した際には、このテンプレートを削除してください。
具体的な内容:溶岩の前後?
  • スペース不足のためインベントリ(ホットバー)から丸石を削除。[2]
    • ブロック選択キーを使用すればこれらのブロックの建築は可能である。
  • 溶岩のテクスチャがアニメーションするようになった。

修正[編集 | ソースを編集]

  • チャットでのクライアントのクラッシュバグを修正。

トリビア[編集 | ソースを編集]

ファイル:Wurm Online 0.0.19a.jpg
Wurm Onlineのバージョン0.0.19a。
  • Notchが2003年から開発したWurm Onlineのバージョンは「0.0.19a」と呼ばれている。

脚注[編集 | ソースを編集]