Java Edition Classic 0.0.18a_02

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.0.18a_02
Classic 0.0.18a 02.png
エディション

Java Edition

サーバーバージョン

1.4.1

リリース日

2009年6月14日

ダウンロード

Client not archived

プロトコルバージョン

不明

Missing Texture Block.png
現在、このバージョンはありません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、トークページで投稿してください。

0.0.18a_02 は、2009年6月14日19:07 (協定世界時)に発売されたClassicのバージョンである。[1][2][3]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • \|@、 および $のサポートを追加した。[1]

変更点[編集 | ソースを編集]

  • {I、 および lが表示されるようになった。[1]

修正[編集 | ソースを編集]

  • 0.0.18aから発生していたFPSが不安定になる問題を修正。[1]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • このバージョンの開発者用ビルドでは、テスト用にガラススポンジが追加された。しかし、これらのブロックは0.0.19aまで完全に追加されなかった。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  • Archive.orgのIRCのログ; #minecraft.20090614.log. 2009年6月14日(UTC−5).
  1. a b c d 「Client 0.0.18a_02 is up」 – The Word of Notch、2009年6月14日
  2. IRC logs: "P12:07:46 <ReaperSWE> Client 0.0.18a_02 is up :-O" (19:07:46 UTC)(クライアント0.0.18a_02が出た°o°)
  3. IRCログ: "A4:54:18 <Notch> ok, new client up, with fixed font so you can tell an I from an l, the ability to say @, |, \ and $ in the chat, and probably better framerate (11:07:46 UTC)(よし、クライアントを出しました。フォントを修正したのでIとlを区別できるようになり、@、|、\、$をチャットで言えるようになり、フレームレートが良くなりました。)