Java Edition Classic 0.0.17a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.0.17a
Classic 0.0.17a.png
エディション

Java Edition

サーバーバージョン

1.3

リリース日

2009年6月10日

ダウンロード

アーカイブされていないクライアント
Server

プロトコルバージョン

データバージョン

Missing Texture Block.png
現在、このバージョンはありません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、トークページで投稿してください。

0.0.17aは2009年6月10日にリリースされたClassicのバージョンである。[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

コマンド
マルチプレイヤー
  • Tab ↹を押すとログインしているプレイヤーが一覧表示されるようになった。
  • 名前セキュリティ
  • server.propertiesでのサーバー側のクライアント検証。
    • falseに設定するとhttp://www.minecraft.net/play.jsp?ip=<ip>&port=<ポート>経由で直接接続できるようになる。
  • サーバーにlogged-in.txtを追加。

変更要素[編集 | ソースを編集]

マルチプレイヤー
  • 入力したチャットログが表示されるようになった。
  • プレイヤーがPingリクエストを受け取らなくなった。
  • プライベートサーバーのアドレスの動作を変更。
    • 実行したサーバーはexternalurl.txtを生成するようになった。
全般
  • 0とOが違って表示されるようになった。

修正[編集 | ソースを編集]

  • /banipを修正(動作はしていたが直感的ではなかった)
  • ログイン時のデフォルトのスポーン位置を修正。
  • サーバーの洪水悪用を防止。
    • 溶岩が溢れなくなった。
  • 心臓の鼓動でゲームが一時停止する問題を修正。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Client 0.0.17a, server 1.3」 – The Word of Notch、2009年6月10日