ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition Classic 0.0.13a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.0.13a
Classic 0.0.13a.png
エディション

Java Edition

リリース日

2009年5月22日(オリジナル版)
2013年8月6日(ランチャー向け再コンパイル版)

ダウンロード ランチャーから
プロトコルバージョン

データバージョン

0.0.13a[1] は、2009年5月22日にリリースされた Classic のバージョンである。[2]

このバージョンはランチャーで利用できる。しかし、ランチャーバージョンは厳密にフラットな地形を使用していたが、通常の地形をサポートするように見えた2009年のバージョン 0.0.13a とは多くの違いがあった。これは、ランチャーからのバージョンが実際にテストレベルのサイズを対象とする 0.0.13a の初期テストバージョンであることを意味する。

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般
  • 世界のサイズ「巨大」[1]
  • アカウントでのプレーヤーの世界保存

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • 苗木のテクスチャ変更が元に戻った
  • ゲームの比率が640x480ではなく854x480になった


ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. a b "Minecraft: Huge level, teaser of 0.0.13a" – Nizzotch Archive – YouTubeより
  2. 「Minecraft (alpha)」 – Markus Persson TIGSource Forums、2009年5月22日