Java Edition Beta 1.8 Pre-release

提供: Minecraft Wiki
Java Edition Beta 1.8-pre1から転送)
移動先: 案内検索
Beta 1.8 Pre-release
Beta 1.8 Pre-release.png
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2011年9月9日

親バージョン

Beta 1.8

ダウンロード

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

15

1.8-pre1の他の
エディション

Beta 1.8 Pre-release は、Beta 1.8 の最初のプレリリースである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック
アイテム
Mob
バイオーム
  • 山岳
  • 海洋
    • 海洋バイオームがより深く、広くなった
生成される構造物
ゲームプレイ
ゲームモード
設定
  • プレーヤーは、FOVスライダーを介して設定で視野を設定できるようになった。 70(通常)から110(Quake Pro)まで設定できる
デバッグキー
  • F6 または F7 を押すことで、時間を現時点から前後に変更できる。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック
  • 三角形のシダはこれ以降自然生成されない
アイテム
  • はさみを使うことで低木を回収できるようになった
  • 生の牛肉が新しいテクスチャに変更された。古いテクスチャが何であったかは分かりません
  • 焼き豚が新しいテクスチャに変更された
Mob
  • ブタの鼻が顔から突き出るようになった
バイオーム
  • バイオームが以前より、はるかに大きくなり、よりフラットになった
  • 丘と山岳は、新しい極端な丘のバイオームを除き、それほど生成されない傾向にある
  • バイオームが温度と湿度に基づいて調整されなくなり、代わりにランダムで生成されるようになった
  • 湿地
    • 単なる"沼地"に改名された
    • より遥かに鮮やかな緑色になった
    • 新しい木の種類が生成されるようになり、少し大きくなり、葉からツルが垂れ下がるようになった。浅い水たまりに生成できるようになった。
    • より遥かにフラットになった
  • タイガ
    • 雪も氷も無いようになった

削除要素[編集 | ソースを編集]

全般
バイオーム
  • 季節の森
  • 熱帯雨林
  • 低木林
  • サバンナ
  • ツンドラ
  • 氷の砂漠
    • 氷の砂漠は以前のバージョンでは生成されなかったため、削除は目立たなかった。
  • 砂浜
  • 砂利の浜辺

再アップロード[編集 | ソースを編集]

Beta 1.8 Pre-releaseは、バグを修正し、いくつかのデバッグ機能を削除するため、最初のリリースから約24時間後に再アップロードされた。 初期バージョンに存在する機能とバグは次の通り

  • 村が正しく生成されない。井戸、砂利道、街灯のみが生成され、家は生成されない
  • 様々な機種が手抜きになることが多い。
  • スクリーンショットの保存に失敗し、チャットにエラーが表示されることがある:保存に失敗しました: java.lang.IllegalArgumentException: 実際に返される要素数に関係なく、最大でもYこの要素が必要なため、バッファの残りの要素数はXで、Y以上である必要があります。ここで、xyは二つの数値で、yxより小さい値である。このバグは、ゲーム画面の解像度を変更した後に発生するようで、画面を小さくすることで解決できる。
  • ワールドが時々保存に失敗することがあり、終了時に進歩が無くなることがある。
  • さまざまなデバッグキーが存在する。
    • F9は現在の位置にカメラを固定する。
    • F6は、時間を戻しながら、奇妙な「弾む」動きができる。これはプレイヤーのy座標がロックされるためである(ジャンプや落下ができないということ)。これにより、プレイヤーは移動中に比較的ゆっくりと加速する。さらに、プレイヤーはブロックにわずかに切り込むこともできる。十分な速度であれば、ブロックを押し切ることができる。透明なブロックにはできない。
    • NMは支店の回転をそれぞれ時計回りと反時計回りに変更する。両方のキーを同時に押すと回転がリセットされる。
    • YHはそれぞれ視野を減少させたり増加させたりする。これらのキーは、FOV設定とは異なり、視野に影響が出るようである:視野の増減に応じてプレイヤーの手(またはプレイヤーが持っているもの)も伸びるが、これはメニューのFOV設定を変更した場合には発生しない。両方のキーを同時に押すと視野がリセットされる。
    • Iは見上げ、Jは左を見、Kは見下ろし、Lは右を見る。これらの動作は通常マウスを動かすことで行われる。この設定は、いずれかのキーを同時に押してもリセットできない。
    • UOはそれぞれ三人称カメラを前方と後方に移動させる。この設定は両方のキーを同時に押してもリセットできない。