Java Edition Beta 1.4

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

Beta 1.4ではオオカミクッキー、新しいMinecraft のロゴが追加され、その他の変更や修正が行われた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

32px 鍵のかかったチェスト
  • エイプリルフールのジョークである
    • 「Minecraft Store」にリンクしたが、削除された

アイテム[編集 | ソースを編集]

32px クッキー
  • 新しい食べ物
  • プレイヤーの体力が♥0.5回復する
  • 8枚までスタックでき、スタックできる食べ物としては初である

Mob[編集 | ソースを編集]

Wolf Revision 1.png オオカミ
  • 新しい中立Mob
  • プレイヤーはオオカミを手懐けられる
  • 殺しても何もドロップしない

全般[編集 | ソースを編集]

スプラッシュ画面
  • 新しいMinecraftのロゴ(3Dのブロックではなくなった)

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

ベッド
  • ベッドで寝るとスポーン地点をリセットできるようになったが、ほとんどのユーザーで動作しなかった。
    • 現時点では「ベッドから出る」をクリックするとスポーン地点が意図せず動作するだけで、機能はマルチプレイに限定されている[1]
はしご
  • 登るときにスニークするとぶら下がるようになり、洞窟探検に便利な道具となった
小麦
  • 成長速度が速くなった

アイテム[編集 | ソースを編集]

カカオ豆

Mob[編集 | ソースを編集]

ヒツジ
  • 非常に稀に桃色または茶色の羊毛でスポーンするようになった
クモ
  • 作物を踏み荒らさなくなった
  • 足音を削除

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

実績
  • 多くの基盤を実装

全般[編集 | ソースを編集]

操作
マルチプレイヤー
  • サーバーでserver.propatiesファイルの設定で新しいワールドのシードを設定できるようになった
設定
  • UIの大きさが.minecraftフォルダ内のoptions.txtで変更できるようになった
統計情報
  • 統計情報の多くの基盤を実装

修正[編集 | ソースを編集]

4つのバグを修正

  • ゾンビクモが常にプレイヤーを攻撃するようになった(以前は1ブロック上にいるプレイヤーにのみ攻撃していた)
  • マルチプレイヤーでのクライアント側のスライムのスポーンを修正
  • プレイヤーがブロックを設置できない場合は腕が振れなくなった
  • 腕を振りながら素早くインベントリを開閉しても以前はブロックの破壊が速くなっていたキャラクターの腕を振るアニメーションが削除されなくなった(マルチプレイヤーのみ)

再アップロード[編集 | ソースを編集]

Beta 1.4は最初のリリースから約一時間半後に再アップロードされた。後のバージョンでは、初期バージョンで追加されたコードのうち、おそらく統計情報が追加されたBeta 1.5用に誤ってゲームに残されたテストコードである、プレイヤーの歩行距離をメモリ上で追跡する小さな未使用部分が削除された。 – すなわち、プレイヤーが何メートル歩いたかを追跡する統計

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]