Java Edition Alpha v1.1.0

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Alpha v1.1.0
Alpha v1.1.0.png
エディション

Java Edition

公式名称

Seecret Friday 9

サーバーバージョン

0.2.0

リリース日

2010年9月10日[1](オリジナル)
2010年9月13日(再アップロード)
2013年8月6日(ランチャー再コンパイル)

ダウンロード

クライアント

プロトコルバージョン

2

Alpha v1.1.0Seecret Friday 9 とも呼ばれる[1]、9番目の Seecret Update であり、最後の Seecret Friday である。このバージョンでは、コンパスと、サーバーサイドのインベントリの追加、そしてその他の変更とバグ修正が行われた。

サーバーのバージョン0.2.0_01が2010年9月10日にリリースされ[要出典]、マルチプレイでの道具の使用のバグが修正された。

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • コンパスが追加された
  • サーバーサイドのインベントリが追加された

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • サーバーからの切断時に、プレイヤーの位置情報を保存するようになった
  • マルチプレイヤーでモンスターをオンにするための試験的スイッチが追加された
  • 溶岩入りバケツを使って100個のアイテムを製錬できるようになった
  • ワールドの生成時に粘土が生成されやすくなった

修正[編集 | ソースを編集]

2個のバグを修正

再アップロード[編集 | ソースを編集]

Alpha v1.1.0 は2010年9月13日に再アップロードされ[要検証]、プレイヤーのカメラの動作に関するバグの修正が行われた。ランチャーに存在するバージョンは先にアップロードされたバージョンであるが、再コンパイルされているため、ハッシュ値は異なる。

脚注[編集 | ソースを編集]