Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

Java Edition Alpha server 0.1.1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.1.1
エディション

Java Edition

リリース日

2010年8月12日

ダウンロード

クライアント
exe(アーカイブされていないため不可)
jar(アーカイブされていないため不可)

プロトコルバージョン

14

0.1.1の他の
エディション
Missing Texture Block.png
現在、このバージョンはありません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、トークページで投稿してください。

0.1.1は、2010年8月12日からリリースされていたAlpha v1.0.16のサーバーバージョンである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • オンラインサーバーようにオンライン認証が追加された
    • サーバーを、オンライン/セキュアモードまたはオフライン/非セキュアモードのいずれかで起動できるようになった。オンライン/セキュアモードで動作するサーバーでは、接続するすべてのプレイヤーは、サーバーへ入る前にwww.minecraft.netで認証を受ける必要がある。オフライン/非セキュアモードで動作するサーバーでは、このような確認は行われることはなく、クライアントに対して認証を受けるよう依頼をすることもないが、実際に接続するユーザーが必ずしも本人かどうかは分からない。オフライン/非セキュアモードは、サーバーに接続するユーザーが分かっているLANでの使用を意味する。
  • サーバーコマンド
    • ban/pardon
      • プレイヤーのゲームへの参加を禁止または解除する
    • ban-ip/pardon-ip
      • 特定のIPからのゲームへの参加を禁止または解除する
    • op/deop
      • プレイヤーをOPリストへ追加または削除する
    • プレイヤーOP
      • スラッシュに続けてサーバーコマンドを送ることができる
      • サーバーOPは、スポーン地点周辺にブロックを設置したり破壊したりできる


変更要素[編集 | ソースを編集]

  • サーバーが地形情報をより頻繁に保存するようになった

脚注[編集 | ソースを編集]