ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition Alpha server 0.1.1

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
0.1.1
エディション

Java Edition

リリース日

2010年8月12日

ダウンロード

クライアント
exe(アーカイブされていないため不可)
jar(アーカイブされていないため不可)

プロトコルバージョン

14

0.1.1の他の
エディション
Missing Texture Block.png
現在、このバージョンは存在しません。
このバージョンは、動画や写真の証拠、または開発者からの言及により存在し、公開されていることがわかっていますが、ランチャーから欠落しており、他の場所にアーカイブされていなく、現在は存在しません
このバージョンのコピーがあると思われる場合は、議論ページに投稿してください。

0.1.1は、2010年8月12日からリリースされていたAlpha v1.0.16のサーバーバージョンである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • オンラインサーバーようにオンライン認証が追加された
    • サーバーを、オンライン/セキュアモードまたはオフライン/非セキュアモードのいずれかで起動できるようになった。オンライン/セキュアモードで動作するサーバーでは、接続するすべてのプレイヤーは、サーバーへ入る前にwww.minecraft.netで認証を受ける必要がある。オフライン/非セキュアモードで動作するサーバーでは、このような確認は行われることはなく、クライアントに対して認証を受けるよう依頼をすることもないが、実際に接続するユーザーが必ずしも本人かどうかは分からない。オフライン/非セキュアモードは、サーバーに接続するユーザーが分かっているLANでの使用を意味する。
  • サーバーコマンド
    • ban/pardon
      • プレイヤーのゲームへの参加を禁止または解除する
    • ban-ip/pardon-ip
      • 特定のIPからのゲームへの参加を禁止または解除する
    • op/deop
      • プレイヤーをOPリストへ追加または削除する
    • プレイヤーOP
      • スラッシュに続けてサーバーコマンドを送ることができる
      • サーバーOPは、スポーン地点周辺にブロックを設置したり破壊したりできる


変更要素[編集 | ソースを編集]

  • サーバーが地形情報をより頻繁に保存するようになった

脚注[編集 | ソースを編集]