Java Edition 20w18a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 20w18a
20w18a.jpg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2020年4月29日

親バージョン

1.16

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

714

データバージョン

2532

20w18aは、2020年4月29日にリリースされたJava Edition 1.16の14番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、レッドストーンの振る舞いの変更と、バグの修正が行われた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

死亡メッセージ
  • 他のプレイヤーがクロスボウで発射したロケット花火によって倒されたときの死亡メッセージが追加された。
    • 「[プレイヤー]は[プレイヤー/Mob]の[武器]が発射した花火の爆発に巻き込まれた」

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

  • 水没するようになった。
レッドストーンダスト
  • レッドストーンワイヤーを1つだけ置いた場合は十字になるようになった。
  • レッドストーンは視覚的に接続されている側のブロックに電力を供給し、視覚的に接続されていない側のブロックには電力を供給しなくなった。
  • ブロックの上にあるワイヤーが下にもう一個置かれたことによって方向が変わった場合は、その側に電力が供給されるようになった。
    • 非導電性ブロックの上のワイヤに上向きにつながるワイヤーは以前は視覚的にのみ繋がっていたが、動作にも適用されるようになった。
  • ブロックを超えて繋がっているワイヤーは、常にブロックに電力を供給するようになった。これはワイヤーが信号強度1の場合に最も顕著に表れる。
看板
  • 壁の真紅、歪んだ看板を「○○の看板」から「○○の壁の看板」に改名。
鍛冶台
  • 英語版での「Upgrade gear」を「Upgrade Gear」に変更。
  • レッドストーンワイヤーに繋がるようになった。
しだれツタねじれツタ
  • 33%の確率でドロップするようになり、幸運で増加し、幸運Ⅲで100%ドロップするようになった。

アイテム[編集 | ソースを編集]

旗の模様
  • ピグリンの旗の模様を「ブタの鼻」に改名。

Mob[編集 | ソースを編集]

ストライダー
  • 3匹以上で一緒にスポーンしなくなった。
ゾンビピッグマン
  • ストライダーに乗ってスポーンしたゾンビピッグマンがデスポーンしなくなった。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

バイオーム
荒廃したポータル
  • チェストの戦利品の金のリンゴがあまり生成されなくなった。

コマンド[編集 | ソースを編集]

/locatebiome
  • 有効なバイオームが見つからなかった場合の失敗メッセージを「<バイオーム名>バイオームが妥当な距離に見つかりませんでした」から「<バイオーム名>のタイプのバイオームが妥当な距離に見つかりませんでした」に変更。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

進捗
  • 全てのトリガーにplayerチェックを追加(impossibleを除く)。
    • playerの追加により、locationslept_in_bedhero_of_the_villagevoluntary_exileの既存の内容をトップレベルオブジェクトではなくlocationフィールドに配置できるようになった。
      • 古い構文もまだサポートされているが非推奨である。
  • トリガー内のエンティティチェックでルートテーブル条件構文を使用できるようになった。
    • 条件全体がトリガーされるには、トップレベルの配列のすべての条件が満たされている必要がある。
    • 新しい機能にアクセスするには、トップレベルのエレメントはJSON配列である必要がある。
      • JSONオブジェクトは旧表記で解釈される。
  • 拡張されたトリガーの一覧:
    • トリガーごとに新しいフィールドplayer
    • bred_animalsparentpartnerchild
    • channeled_lightningvictims
    • cured_zombie_villagerzombievillager
    • fishing_rod_hookedentity
    • killed_by_crossbowvictims
    • player_killed_entityentity
    • entity_killed_playerentity
    • player_hurt_entityentity
    • summoned_entityentity
    • tame_animalentity
    • target_hitprojectile
    • villager_tradevillager
死亡メッセージ
  • 英語での「<プレイヤー> fell off a scaffolding」を「<プレイヤー> fell off scaffolding」に変更。
デバッグ画面
  • Mobのスポーンの詳細を示す行を追加。
    • SCはMobがスポーンできるチャンクの数を表す。デバッグ報告のspawning_chunksと同じ値。
    • MCAW、 および Mは各グループのMobの数を表し、そのグループのMob上限が現れる。グループはMonsterCreatureAmbientWater_Creature、 および Misc。デバッグ報告にもある。
  • 「Targeted Block」と「Targeted Fluid」フィールドでは、そのブロック・液体の座標も表示されるようになった。
    • 「Looking At」フィールドを削除。
リスポーン
  • 「ベッドまたはリスポーンアンカーが存在しないか、あるいは塞がれています」というメッセージを「ベッドまたはチャージされたリスポーンアンカーが存在しないか、あるいは塞がれています」に変更。
字幕
  • 「End Portal opens!」を「End Portal opens」に変更。
  • 「Husk converted to Zombie」を「Husk converts to Zombie」に変更。
  • 「Zombie converted to Drowned」を「Zombie converts to Drowned」に変更。

全般[編集 | ソースを編集]

マルチプレイ画面
  • 「オンラインプレイが評価されていません」を「注意:サードパーティーのオンラインプレイ」に変更。
  • 「オンラインプレイ中にチャットメッセージや他のタイプのユーザー生成コンテンツにさらされる可能性がありますが、これらは評価されておらず、全ての年齢層には適していない可能性があります。」を「注意:オンラインプレイがMojangまたはMicrosoftが所有、運営、または監督していないサードパーティーサーバーによって提供されています。オンラインプレイ中に、モデレーションされていないチャットメッセージや他のタイプのユーザーが作成したコンテンツにさらされる可能性がありますが、これらは全ての人に適しているとは限りません。」に変更。
サーバー
  • server.propertiesファイルにenable-statusオプションが追加され、falseに設定するとクライアントからのステータス要求への返信を抑制するようになった。
    • これにより、マルチプレイヤー画面でサーバーがオフラインで表示されるようになった。
  • サーバーがクライアントに送信するエンティティデータの量を制御する機能を追加:entity-broadcast-range-percentageサーバープロパティで、クライアントに送信する前にエンティティがどれだけ近くにいる必要があるかを制御する。
    • 値が高いほど、エンティティはプレイヤーから離れた場所に表示されるが、ネットワークの混雑の原因となる。
    • デフォルト値の百分率を指定し、例えば50はデフォルトの範囲の半分を指定する。
タグ
ワールド選択
  • 「レベルへの接続に失敗」を「ワールドへの接続に失敗」に変更。
  • 「レベルの削除に失敗」を「ワールドの削除に失敗」に変更。
  • 「Game rules」を「Game Rules」に変更。
  • 「Disable Elytra movement check」を「Disable elytra movement check」に変更。

修正[編集 | ソースを編集]

79個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-2255 – レッドストーンワイヤーの接続の基準が、視覚的と論理的では異なる
  • MC-8645 – ブロックから動力1を受信しているレッドストーンワイヤーが、ワイヤが上にある別のブロックを指すと、そのブロックに電力が供給されない。
  • MC-11211 – y=255に設置されたブロックの上面を狙うと、多くの右クリックの動作を実行できない。
  • MC-111381 – シュルカーの描画回転がonInitialSpawnメソッドで設定されている
  • MC-117806 – Dispenser with a filled bucket at y=255にある、水入りバケツが入っている上向きディスペンサーが、液体が置かれていないにもかかわらず、水入りバケツが空のバケツに入れ替わる。
  • MC-137336 – 分岐時にレッドストーンダストの当たり判定が他のブロックと一致しない
  • MC-143904 – レール以外のブロックを#railsブロックタグに追加してその上にトロッコを置くとゲームがクラッシュする
  • MC-147255 – ネザーの荒地バイオームにいると、オーバーワールドのベッドが爆発する
  • MC-153508 – ブロックの側面を移動するレッドストーンダストを狙えない
  • MC-162385/titleテキストの背景がテキストといっしょに消えない
  • MC-166269 – 濡れたオオカミが水を振り払うと一瞬黒くなる
  • MC-166296 – Mobがアイテムを拾って装備しても装備音が鳴らない
1.16の開発版から
  • MC-170840 – ソウルサンドの谷と歪んだ森のスポーン確率が壊れている
  • MC-170944/locatebiomeのメッセージが全てのバイオーム名にあてはまらない
  • MC-171523 – 壁に置かれた歪んだ看板と真紅の看板の文字列が一貫していない
  • MC-172172 – 大人のピグリンがプレイヤーの跡を追いかけながら回転する
  • MC-172253 – ピグリンがアイテムを装備している時に装備音が再生されない
  • MC-172643 – エンチャントされた防具を着ているとピグリンの鼻が光る
  • MC-173067 – ワールド生成時に焚き火を含む構造が配置されるとNullPointerExceptionが発生する
  • MC-173198 – 的ブロックが透明で、レッドストーン信号を転送しない
  • MC-173385 – 新しいネザーの明るさのシステムが、流体、エンティティの様なブロック(チェストなど)に影響しない
  • MC-173747 – 防具のエンチャントのきらめきが描画されない
  • MC-174573 – ネザーのツタが幸運で複数本ドロップする事がある(無料複製)。
  • MC-174593 – 「fell off a scaffolding」の複数形が矛盾している
  • MC-174811 – ゾンビピグリンがネザーウォートブロックの上にスポーンできる
  • MC-175107 – サバイバルモードで不吉な予感Ⅵが付与されることがある
  • MC-175740#beehivesタグに入っているハチの巣以外のブロックでディスペンサーを使用するとゲームがクラッシュする
  • MC-175741#bedsタグに入っているベッド以外の場所でネコが寝ようとするとゲームがクラッシュする
  • MC-176028 – ストライダーが3頭以上の群れでスポーンすることがある
  • MC-176032 – ストライダーが浮くことがある
  • MC-176054 – 子ストライダーに乗っているエンティティが浮く・乗っているエンティティが高すぎる
  • MC-176135 – 他のエンティティに乗っているストライダーが寒がらない
  • MC-176203 – 溶岩の上を歩く浮遊の効果が付与されたストライダーが浮遊しない
  • MC-176221 – リードに繋がれた状態で、歪んだキノコ・ゆがんだキノコ付きの棒を持ったプレイヤーに向かって経路探索を行おうとすると、ストライダーが回転する
  • MC-176459 – 子ストライダーが鞍を付けてスポーンすることがある
  • MC-176468 – 大人のストライダーが鞍を付けてスポーンすることがある
  • MC-177105 – ホグリン、ピグリン、村人、ゾグリンが攻撃対象の頭ではなく足元を見るようになった。
  • MC-177127 – 字幕「エンドポータルが開く!」の感嘆符が不要である
  • MC-177173 – 子ゾグリンの年齢ステータス値がNBTタグに保存されない
  • MC-177557 – y=255のロードストーンにコンパスを使用すると、コンパスは設定されるが、音は再生されない
  • MC-177561 – y=255のロードストーンに使用したコンパスが、ロードストーンが壊れても壊れない
  • MC-177771death.attack.fireworks.itemに生の翻訳文字列(翻訳されていない)が表示される
  • MC-177790 – ピグリンの旗の名前がblock.minecraft.banner.piglin.<色>になっている
  • MC-177794 – 地球儀の旗の模様が、旗に地球を追加するのに必要ない
  • MC-177816 – 「レベルへのアクセス・レベルの削除に失敗」は「ワールド」の方が良い
  • MC-177911 – 洞窟生成でブラックストーンが切り開かれない
  • MC-177951#campfiresタグ内にある焚き火以外のブロックで火の開始を使用するとゲームがクラッシュする
  • MC-177976 – 子ピグリンが魂の焚き火を拾える
  • MC-178013 – ストライダーに乗っているゾンビピグリンが鞍の付いているストライダーを残してデスポーンすることがある。
  • MC-178129 – エンティティ変換の字幕で時制が矛盾している
  • MC-178336 – メッセージ「ベッドまたはリスポーンアンカーが存在しないか、あるいは塞がれています」というメッセージが、プレイヤーのリスポーンアンカーのチャージが無くなっている可能性がある事を明確にしていない。
  • MC-178817 – 鎖ブロックにwaterloggedの状態がない
  • MC-178943 – 砦の遺跡にスポーンしたピグリン・ホグリンがプレイヤーを追い抜くことがある
  • MC-178949 – スーパーフラットワールドに砦の遺跡を生成できない
以前の開発版から
  • MC-179839 – チャットの文字が防具バーの後ろに描画される
  • MC-179841 – プレイヤーがワールドを最適化するとゲームがクラッシュする
  • MC-179845 – 一部の場所でブロックを雨が通過する
  • MC-179847 – ホグリンとピグリンが回転する
  • MC-179850 – エンティティ距離100%と500%の間に違いがない
  • MC-179858 – 地図には石のような模様が存在しないにもかかわらず表示される
  • MC-179863 – 属性minecraft:generic.max_healthの値を0以下に設定すると、死んだ後に無限の死亡ループが発生する。
  • MC-179866 – 雪が降っているはずなのに雨が降っている場所がある
  • MC-179868 – 書き込み可能な本の前のページに行くとクラッシュする
  • MC-179883 – 生のJSONテキストがエンティティ名の「extra」のコンポーネントを複製する
  • MC-179886 – ワールド保存選択GUIでプレイボタンのオーバーレイが表示されない
  • MC-179905 – ゲームルール画面の題名がない
  • MC-179952 – 高さマップデータが変換されない
  • MC-179954 – デモ情報欄の文字列にキー割り当てが正しく挿入されない
  • MC-180030 – 大人のホグリンがゾンビ化して大人のゾグリンになっても子と同じダメージを与える
  • MC-180100 – 特定の条件下で雨のパーティクルが黒く表示される
  • MC-180110 – JSONテキストの下線と斜体が常に正しく表示されるとは限らない
  • MC-180125 – BMP以外の文字のフォント間隔が正しくない
  • MC-180135 – 空のチャットメッセージが表示されない
  • MC-180138 – チャットに長いメッセージが入力されてもインデントが垂れ下がらない
  • MC-180246 – 「Game rules」の「r」が大文字になっていない
  • MC-180248 – 「Upgrade gear」の「g」が大文字でない
  • MC-180299 – 「Disable Elytra movement check」の「Elytra」が大文字になっていない
  • MC-180353 – チャットの背景がデバッグ画面の前に表示されるが、チャットのテキストはその後ろに表示される
  • MC-181296 – Programmer Artを使用すると、パノラマのオーバーレイが正しく表示されない

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 今回のアップデートのブログ記事には、以前のレッドストーン機構と変更後の機構を比較した画像が掲載されている。以前の機構は、1.15.2よりも後に導入された的ブロックがあるにもかかわらず、1.15.2の機構と表示されていた。これの修正のため、後に画像が変更された。
    • 題名にはまだ誤りがある:「1.15.2と20w18aの比較」

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. "Minecraft Snapshot 20w18a" – Minecraft.net、2020年4月29日