ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Java Edition 20w13b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 20w13b
20w13a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2020年3月26日

親バージョン

1.16

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

709

データバージョン

2521

20w13bは、2020年3月26日にリリースされたJava Edition 1.16の9番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、前回までの2つのスナップショットで発生していた致命的なバグが修正された。

修正[編集 | ソースを編集]

8個のバグを修正
1.16以前にリリースされたバージョンから
  • MC-156600 – 盾が、ダメージを受け、まだ使用中である場合、ブロックが停止しているように見える。
  • MC-160020 – チャージした弓の耐久値が変わると、そのテクスチャをチャージしていないものに変える。
1.16の開発版から
  • MC-173013 – 投げた釣り竿を、他の釣り竿に置き換えられたときに一人称としてレンダリングされる。
  • MC-175177 – 消耗する、破壊する、またはブロックの支えを壊すなどすると、オーバーワールドにゴーストブロックが作成される。
  • MC-175241 – カーペットがリスポーンを妨げる。
  • MC-175604 – アイアンゴーレムが必ずしも村でスポーンするとは限らない。
以前の開発版から
  • MC-175988 – 有効なスポーンポイントを設定せずに死ぬと、ソフトロックが発生する。
  • MC-176004 – 最後に死んだ後、有効なスポーンポイントなしでネザーへ行くことはできない。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. "Minecraft Snapshot 20w13b" – Minecraft.net、2020年3月26日